人気ブログランキング |

タグ:藁ぼっち ( 2 ) タグの人気記事

■ 刈田の風景   18.11.14

冬型の気圧配置になり北風が冷たい。おとといに続いて、おでかけ。高校の仲間11人が千葉のイタリアン・レストラン「ザオー」に集まって、ワインを楽しんできました。

谷戸田の米作りは稲刈り、乾燥、脱穀が全部おわって、23日の「収穫祭」に向けての準備が進んでいます。稲刈りがおわった田んぼの光景をご覧ください。


案山子大集合   18.11.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_20223124.jpg
        小谷戸の里の入り口前の「かかし広場」に、田んぼのお役目を終えた案山子が大集合していました。
        「案山子まつり」の投票結果は「収穫祭」当日に発表されます。


藁ぼっち 舞岡流   11.10   〃  ISO800 1/160,F6.4
e0339873_20223253.jpg
        上の光景で案山子の向こう側に見えるのが「舞岡流」の藁ぼっちです。
        脱穀して籾を落とした稲藁を円筒状に積み上げて乾燥し、二次使用します。

        一方、大規模農業で使われるコンバインでは、稲刈りと同時に脱穀して、
        籾をおとした藁は切り刻んで田んぼに撒かれます。


藁ぼっち 営農田んぼ   11.7   〃  ISO800 1/250,F10
e0339873_20223265.jpg
        同じ「舞岡流」でも営農田んぼでは、コンバインで刈った後の稲藁は刻まずに、田んぼに落とされていきます。
        その藁を集積して、小さな藁ぼっちが点々と積まれていました。


ひこばえ   〃   〃  ISO800 1/250,F10
e0339873_20223225.jpg
        早生種が育っていた田んぼでは、切り株から生えた「ひこばえ」が大きく伸びて、
        「しいな」をつけていました。


by higirinikki2 | 2018-11-14 20:42 | コメ作り | Comments(0)

■ 藁ぼっち   17.11.22

雨雲が西からやって来るという予報。まだ降り始めてはいないが、明日の午前中まで「雨」の予報が。
明日は「収穫祭」があるのだが、明け方までに上がってくれるよう祈りましょう。

谷戸を歩いていると「藁ぼっち」を見ることができます。稲刈り後、ハザに架けて天日でよく乾燥させ、脱穀作業で籾を落とした後の稲藁を保存する方法として藁ぼっちが作られます。こうして乾燥した稲藁は「藁細工」の材料としたり、田畑に散布して肥料や土壌改良に使われます。


藁ぼっち 1   17.11.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_17384464.jpg
        谷戸田の先の方に藁を積み上げた山が見えます。
e0339873_17384414.jpg
        14番田んぼの奥に稲藁が積み上げられています。

   11.5   〃  ISO800 1/125,F8
e0339873_17384584.jpg
        半月ほど前、スタッフが集まって作っていました。
        すこし傾いて作ったので、その後作り直したそうです。。


藁ぼっち 2   17.11.21   〃 ISO400 1/320,F8
e0339873_17384350.jpg
        営農田んぼの藁ぼっちは違った姿を見せています。
        逆光で撮影しましたが、レンズが汚れているみたいです。

   11.10   〃  ISO200 1/200,F8
e0339873_17562711.jpg
        10日ほど前、農家の方が小さなぼっちを作っていました。
        こちらは、機械で稲刈・脱穀をしてしまい、残った稲藁をこうして積み上げています。

by higirinikki2 | 2017-11-22 17:57 | コメ作り | Comments(0)