タグ:ルリタテハ ( 7 ) タグの人気記事

■ 春の新鮮蝶 3種   18.4.2   (ツマキチョウ、ルリタテハ、ベニシジミ)

新入社員の姿まぶしい日、公園にもこの春生まれの新鮮な姿を見せる蝶が飛んでいた。


ツマキチョウ   18.4.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1600,F5.6
e0339873_18224712.jpg
        「スプリングエフェメラル」のひとつツマキチョウが姿を見せる季節になった。
        目の前を右から左へ、左から右へ矢のように白い蝶が飛ぶ。
        モンシロチョウよりやや小柄、褄に黄色い模様を見極める動体視力が必要だ。
        やっとタチツボスミレにとまったところを1枚。
        「証拠写真」にすぎないが、初見・初撮りだから、「ヨシ」としよう。


ルリタテハ   〃   〃 1/200,F8
e0339873_18224740.jpg
        ちょっと小柄だが、瑠璃色に輝く表翅が綺麗な新鮮個体だ。。


ベニシジミ   〃   〃 1/250,F8
e0339873_18224787.jpg
        ブルーの星が輝く新鮮個体だ。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-04-02 18:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ルリタテハ   17.11.10

きのうとかわって風もない穏やかな晩秋の日に。

瓜久保休憩所の門に黒い影が。近寄ってみるとルリタテハが羽を閉じてとまっていた。強い陽が当たる裏翅の黒い紋様が、門柱の白木とのコントラストで真っ黒に見えるのです。


ルリタテハ   17.11.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/160,F8
e0339873_18171039.jpg
        御覧のように目を凝らさないと紋様が見えません。
e0339873_18161305.jpg
        少し翅を開いたので表翅の瑠璃色の紋様が見えました。
e0339873_18161453.jpg
        翅を全開したところ。
        上翅の部分が真っ黒になって、翅なのか影なのか、不思議な画像になりました。

        この個体は、このまま冬を越す越冬成虫です。頑張って冬を乗り切れ!

        この夏の幼虫と蛹の姿をこちらでご覧ください。
        ■ ルリタテハも蛹に   16.9.22

[PR]
by higirinikki2 | 2017-11-10 18:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蝶 3種   17.8.20   (コムラサキ、イチモンジセセリ、ルリタテハ)

今にも雨が落ちてきそうな蒸し暑い曇り空の一日。散策に出たもののゆっくり歩きでも汗びっしょりになった。

一昨日の散策で出会った蝶3種です。


コムラサキ   17.8.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F5.6
e0339873_18311716.jpg
        「さくらなみ池」のほとり、柳の木の下をコムラサキ♀が飛んでいた。
        アオキの葉の上、こんなアングルにしかとまってくれなかった。


イチモンジセセリ   〃   〃 1/100,F8
e0339873_18311712.jpg
        セセリチョウを見るのは久しぶりの感じがした。
       白い四角の斑紋が一直線につながっているので、まさにイチモンジのセセリです。


ルリタテハ   〃   〃 1/100,F8
e0339873_18311798.jpg
        越冬蝶から生まれた今年の蝶でしょう。翅の端が切れているように見えるが、新鮮個体でした。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-20 18:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ルリタテハも蛹に   16.9.22

「秋分の日」の今日の気温は20℃にならず、「暑さ寒さも彼岸まで」の通りに明日以降も秋の気候になるのだろうか。終日雨の1日、孫娘の5歳誕生日を祝って午後はずっと一緒に遊んでやっていた。

ジャコウアゲハに続いて大型蝶の幼虫と蛹です。ホトトギスの葉陰で見つけた幼虫が4日後に見たときは蛹になっていました。


ルリタテハ 幼虫   16.9.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F6.4
e0339873_1845581.jpg
        キタテハの幼虫かとも思いましたが、食草がホトトギスなので、
        「ルリタテハ」の幼虫としました。


ルリタテハ 蛹   9.21   〃   1/200,F6.4
e0339873_18494460.jpg
e0339873_184951100.jpg
        4日後、同じ位置で蛹になっていました。


ルリタテハ 幼虫   〃   〃   1/280,F6.4
e0339873_1852055.jpg
e0339873_1852784.jpg
        上の蛹の近くの株の葉に、もう1頭の幼虫が動いていました。
        終齢近く見えるので、じきに蛹になりそうです。


ホトトギス 一番花   〃   〃   1/280,F6.4
e0339873_18545196.jpg
        一群のホトギスの株の中で咲いていた一番花です。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-09-22 18:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ルリタテハ   16.8.16

台風7号が接近・通過するとあって夕方から風が強く夜半には大雨になりそうだ。
夜と午前中はオリンピック観戦、昼間は高校野球観戦とTVがつきっぱなし、という家は多いのかな?

12日の散策で、いきなり出会ったチョウ。大伸ばししてみれば、すごいデザインだなーと感心しきりです。


ルリタテハ   16.8.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/105,F6.4
e0339873_16417100.jpg
e0339873_1641149.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-08-16 22:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 越冬蝶も舞い出て   16.3.21   (テングチョウ、ルリタテハ、キタキチョウ)

「寒の戻り」の春分の日、園内の桜の花がほころび始めていた。

温かな日の野では、無事に冬を越したチョウの飛ぶ姿が見られる。


テングチョウ   16.3.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/750,F8
e0339873_17595952.jpg
e0339873_180734.jpg
e0339873_1801676.jpg
        目の前をピューと飛ぶ稲妻、まだヒナタボッコの時間も必要のようです。


ルリタテハ   3.18   〃   1/180,F8
e0339873_1825067.jpg
        「瓜久保休憩所」のテーブルで休んでいた。ちょっと近づこうとして飛ばれた。


キタキチョウ   〃   〃   1/60,F8
e0339873_1844750.jpg
        ひらひら飛ぶチョウに、「とまれ、とまれ」と念力を送ると、落ち葉の陰に隠れるようにとまった。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-03-21 18:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ルリタテハ   15.11.20

曇り空ではっきりしない天気。床屋に行った。
40年近くお世話になったお店に 「年内一杯で閉店」 の貼り紙。 「えー、これからどこへ行けばいいの?」 と言ってしまった。

きのうの散策で 「ルリタテハ」 の超新鮮な個体に出会った。 「ばらのまるの丘」 の広い原を飛んでいたので、例によって、「こっちへ来~い、とまれ~」 と念力をかける。 すると、なんと私の右膝にとまった。 開翅してから、近くのケヤキの幹にとまって開・閉翅を繰り返してくれた。


ルリタテハ   15.11.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F6.4
e0339873_18341544.jpg
e0339873_1834227.jpg
e0339873_18342988.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2015-11-20 18:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)