人気ブログランキング |

タグ:ヨモギクキマルズイフシ ( 1 ) タグの人気記事

■ ヨモギの葉に   18.8.27   (ヨモギクキマルズイフシ、ナガコガネグモ)

今日は、なんと36℃近くまで最高気温が上がったらしい。朝、玄関を一歩踏み出しただけで凄まじい熱気を感じて戻ってしまった。今日は、田んぼ作業・炊き出し・案山子作りが予定されていたが、体調を考えて「お休み」としました。

写真在庫が底をついたので、「とっておき」写真をとりあげることにしました。
15も日前の画像ですが、ヨモギにまつわる虫たちです。


ヨモギクキマルズイフシ   18.8.11   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/800,F3.5
e0339873_18020988.jpg
        虫こぶは「寄主植物名」「形成される部分」「形態的特徴」「フシ」で命名されることが多いという。
        「ヨモギクキマルズイフシ」の名称を分解してみると「ヨモギ」「茎」「丸」「蘂」「五倍子(ふし)」となる。

      手元にある「虫こぶハンドブック」によると
        (形成者)ヨモギマルフシミバエ
        (形状)茎が球形~卵形に肥大し、直径8mm、長さ10mm前後。 
            虫えいの壁は厚く、内部に淡黄色の1幼虫がみられる。
            幼虫は内壁を削り、羽化脱出に備える。
            乾固した脱出孔のまわりは滑らかな円形。
        (生活史)7月に羽化。

        ヨモギには9種の虫こぶが観察されるようです。
        4年前は熱心に虫こぶを捜していたようで、ヨモギの虫こぶは次の記事で4種を観察していました。
        ■ ヨモギの虫こぶ   14.6.30
        ■ ヨモギの虫こぶ (2)   14.9.11


ナガコガネグモ 幼体   〃   〃 1/640,F3.5
e0339873_18020946.jpg
        同じヨモギの葉に蜘蛛が肢を伸ばしていました。


by higirinikki2 | 2018-08-26 19:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)