人気ブログランキング |

タグ:ヤマアカガエル ( 8 ) タグの人気記事

■ カエルの春   19.3.8   (ヒキガエル、ヤマアカガエル)

快晴の空になったが風が冷たい。学生・生徒の春休みが近い。新潟の高1の孫娘が明日から12日間、希望者から選抜されてボストンにホームステイに行くという。女子20人、男子10人だとか。羨ましい。良い体験ができるといいね。

春の雨が降って花粉が大量に飛散している。ひさしぶりに目がかゆい。
この雨に誘われて、瓜久保の田んぼではヒキガエルが山から下りてきて「蛙合戦」をやっていた。
一方、不耕起田の水溜まりに産み付けられていたヤマアカガエルの卵塊では、孵化が進んでオタマジャクシで真っ黒になっていた。 


ヒキガエル   19.3.8   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO400 1/400,F8
e0339873_18263370.jpg
        遠いうえにネットが張られているので、「合戦」の様子は撮れない。
        合戦場から離れて「俺の雄姿を見てくれ」という姿を撮ってやった


ヤマアカガエル 卵塊   〃   〃 ISO400 1/400,F8
e0339873_18312714.jpg
        水車小屋裏手の「不耕起田」に産み付けられている。
        まだゼラチン質に守られて孵化を待っているところだ。

〃 オタマジャクシ   〃   〃 ISO200 1/80,F8
e0339873_20532681.jpg
        隣りの田んぼでは全卵、孵化が完了している。

e0339873_18263316.jpg
        柳の葉っぱのような形をしたオタマジャクシが犇めいていた。


by higirinikki2 | 2019-03-08 18:36 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ ヤマアカガエルのオタマジャクシ   18.3.16

夜半から強風が吹きつのる1日。だんだんと気温が下がってきている。これで平年並みの寒さだという。花粉症の症状がだんだんときつくなってきたので、5年ぶりに馴染みの耳鼻科の先生に診てもらう。点鼻薬と点眼薬でラクになった。

谷戸田の水溜まりにヤマアカガエルの卵塊が10個くらいある。よく見るとすでにオタマジャクシに孵っていた。


ヤマアカガエルのオタマジャクシ   18.3.10   CANON PowerShot 8.8-36.8mm ISO125 1/500,F4
e0339873_19002498.jpg
        毎年出現する田んぼに、「ヤマアカガエルの卵塊が沢山ありますよ」と教えられて行ってみた。
        すでにオタマジャクシに孵っているようでした。


   3.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_19002473.jpg
e0339873_19002432.jpg
e0339873_19002436.jpg
        卵が孵ったあとのゼラチン質がゴミ屑のようにまとわりついている。
        画像を拡大してみるとオタマジャクシがいっぱいいました。


by higirinikki2 | 2018-03-16 19:07 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ ヤマアカガエルの卵   18.1.21

きのうは「大寒」だったが、今日もそれほどの冷え込みはなく、昼ちかくには暖かく感じる陽射しに誘われたかウラギンシジミが飛んでいた。

それで思い出して、事務所スタッフのHaさんに尋ねてみると、「17日の雨の後、ヤマアカガエルが産卵しましたよ」と教えてくれた。園内某池に行ってみると、ひと塊が見つかった。これは、当ブログ史上の最も早い確認写真です。


ヤマアカガエルの卵   18.1.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/100,F6.4
e0339873_18310987.jpg
e0339873_18310891.jpg
        右へ回り込んでみると、光の反射具合が変わる。
        周囲のモノアラガイかと思われる貝の移動の跡がよく見える。
e0339873_18310813.jpg
        産卵後、水面が下がったのか盛り上がった卵塊が空気中に出ているように見える。
        さて、いつオタマジャクシが出現し、その内の何匹が成蛙になれるのだろうか?


by higirinikki2 | 2018-01-21 18:39 | コメ作り | Comments(0)

■ オタマジャクシを守る   17.3.6

天気の崩れは予報より遅れているらしく、早朝歩きは晴れて汗をかくほどの暖かさだった。雨は昼前から降り始めた。
歩いている途中、ウグイスの「ホーホケキョ」の囀りを聞き、カワセミのペアを2組も身近に見た。
カメラを持っていない時に限って!

水ぬるむ頃、里山の水溜まりに産まれたヤマアカガエルの卵も孵化を始めている。


これは何?   17.3.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F8
e0339873_17051023.jpg
e0339873_17051044.jpg
        上は小谷戸の里の古民家裏手の池、下は16番田んぼ、両方にカラタチの棘いっぱいの枝が竹棒の先からぶら下がっていた。



ヤマアカガエルのオタマジャクシ   3.3   〃  1/125,F8
e0339873_17051090.jpg
        古民家裏手の池では、数日前から卵塊から孵ったオタマジャクシがいっぱい泳いでいる。
        この卵塊やオタマジャクシを良き餌とばかりに、カルガモが嘴で掬い捕って食料にしているのだそうな。

        その来襲を防ぐため、ここや田んぼの上にトゲいっぱいのカラタチの枝をぶら下げているのだそうな。
        カルガモにとってのご馳走を人間の都合で守っている形になる。

by higirinikki2 | 2017-03-06 17:23 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(2)

■ ヤマアカガエルの卵塊   17.2.15

早くも2月も半ばを過ぎた。「季節違えず」という言葉通りに、自然の営みは確実に繰り返されていく。
しみじみと実感するのは、ボランティアお仲間に「池にヤマアカガエルの卵塊がありますよ」と教えられた時だった。忘れていたのだが、毎年のようにこの時期に掲載する記事だからです。

        過去記事一覧 ヤマアカガエル(2015.5以前)
                 〃 (2015.5以降)


ヤマアカガエルの卵塊 1   17.2.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F5.6
e0339873_18345727.jpg
e0339873_18345710.jpg
e0339873_19113927.jpg
        古民家裏手の池に例年通りにヤマアカガエルの卵塊がふたつありました。
        春を先取りした親カエルたちが冬眠から覚めて、山の中からこの池まで下りてきて、
        産卵を終えると又、山に帰って再び冬眠に戻るのだという。



〃 2
e0339873_18345865.jpg
e0339873_18345671.jpg
        16番たんぼは「ふゆみず田んぼ」といって、冬季湛水の田んぼです。
        この時期にも水があるということを知っているのか、山から下りてきて産卵した後、
        また、山のどこかに戻っていったのでしょう。


by higirinikki2 | 2017-02-15 19:00 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(2)

■ カエル 2種   16.4.14   (ヤマアカガエル、ウシガエル)

雨は上がっているが、すっきりとは晴れないぐずついた天気の1日。4日間、散策はご無沙汰しています。

9日に出会ったカエル2種です。

ヤマアカガエル   16.4.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/160,F8
e0339873_18271255.jpg
        今年は、ヤマアカガエルとその卵塊を観察・撮影できなかった古民家裏の池でカエルが動いた。
        太陽光線の具合が悪く、もっとよく見える位置に動こうとして逃げられてしまった。
        ヤマアカガエルの特徴を写し取っていないと思うのですが、冬眠から再度目覚めた成体とします。

        ヤマアカガエルの卵塊、今年は15番田んぼで見られ、今はオタマジャクシになっています。
        何個の成体になるのだろうか?

        過去記事  ヤマアカガエル


ウシガエル   〃   〃   1/420,F8
e0339873_18371025.jpg
        早くも「グオー、グオー」という牛の鳴き声のような声が聞こえている。
        「さくらなみ池」の丸太の上で黒い塊が見えた。冬眠から覚めたウシガエルが2頭、向かい合って睨めっこをしていた。

        10年前の記事ですがご覧ください。  ウシガエル
by higirinikki2 | 2016-04-14 18:39 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ 春が来た (5) オタマジャクシ   16.3.7   (ヤマアカガエル、ヒキガエル)

昨夜の大荒れの天気はおさまったものの、曇り空が続いた。気温は15℃くらいの日が続いていて本格的な春といってもいいくらいだ。

掲載が遅れたが、早春の見物は「ヤマアカガエル」や「ヒキガエル」の産卵光景とオタマジャクシだ。
今年はヤマアカガエルの姿が少なく、ヒキガエルの「蛙合戦」も見られないのが不思議だ。


ヤマアカガエルの卵塊   2.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/85,F8
e0339873_18421747.jpg
        「冬季湛水」の16番田んぼ、この水を頼りに冬眠から一時的に目覚めたヤマアカガエルが産卵をして、
        また眠りにつきに行く。

〃 オタマジャクシ   2.28   〃   1/125,F8
e0339873_1844384.jpg
        ひさしぶりに見に行ったらオタマジャクシに孵っていて、ばらばらになりつつあった。
        この沢山のオタマジャクシのうち、どれだけが成体の蛙になれるのだろうか?


ヒキガエル 卵塊   3.1   〃   1/110,F8
e0339873_18473261.jpg
        毎年、古民家裏の池で見られる「蛙合戦」が、なぜか今年は見られない。
        ようやくヒキガエルの卵塊を、「大原谷戸池」で見つけた。

        推奨記事  ■ ヤマアカガエルとヒキガエル  07.3.17
by higirinikki2 | 2016-03-07 18:50 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ ヤマアカガエルの卵塊   16.2.15

「春一番」が吹き荒れた昨日から一転、今日の最高気温は夜中に出てあとは下がる一方の気温に。
2週に1回の早朝歩きの時はそれほど寒くなかったが、雨が落ち始めた昼過ぎにはどんどん寒くなってきた。

まだ暖かかったきのうの4時過ぎ、散策途中、事務所スタッフのSa君から「ヤマアカガエルの卵塊が4つに増えていますよ」と教えられた。今年も、成体の姿を見つけられないでおわってしまうのだろうか?


ヤマアカガエルの卵塊   16.2.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/56,F8
e0339873_18253586.jpg
e0339873_18254288.jpg
e0339873_1825516.jpg
        雨で水が溜まった田んぼ、ぬるくなった水と空気に誘われて山から下りてきて産卵したのだろうか。
        畔から見える位置3ヵ所に4つの卵塊があった。

e0339873_1826443.jpg
        ぬるぬるした「カンテン質」、カモなどの水鳥には美味しそうに見えるのでは?

        ■ 校外学習~ヤマアカガエル   08.2.27 をご覧ください。

        過去記事  ヤマアカガエル
by higirinikki2 | 2016-02-15 18:29 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)