人気ブログランキング |

タグ:ミズイロオナガシジミ ( 12 ) タグの人気記事

■ まだいたゼフ 3種   19.7.5   (オオミドリシジミ、ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ)

梅雨前線が南下すれば雨がやんで涼しくなる?折りたたみ傘なしで散策。

今年は「ミドリシジミを撮り切った」という実感がないままにゼフのシーズンがおわるのかと思っていたが、そのシーズンはまだダラダラと続いている。今日も出会った。
1週間前に「見納め全6種」をやったのは早まったことでした。


オオミドリシジミ   19.7.3   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO3200 1/100,F8
e0339873_18000714.jpg
        見かけはそれほど傷んでみえないので、遅れてやってきた個体か?
        お相手となる雄を見かけないが、産卵シーンを見せてくれた。
e0339873_18000809.jpg
        おまけは、私のズボンにとまって開翅までした。


ミドリシジミ   7.5   〃  ISO800 1/160,F8
e0339873_18000823.jpg
        前回産卵シーンを見たハンノキの傍の幼木に産卵する姿をみつけた。
        まだまだ産卵シーズンは続きそうです。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃  ISO800 1/320,F8
e0339873_18000803.jpg
        上のミドリシジミのいたハンノキから白っぽい蝶が飛び出した。
        まさかのミズイロオナガシジミだった。
        さすがに、少し傷んではいたが元気に飛んで行った。


by higirinikki2 | 2019-07-05 18:14 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ全6種 今季最終目撃集   19.6.28

宵の内に台風が通過して気温30℃超え、曇り空で蒸し暑い。明日から梅雨らしく雨空が続くらしい。

散策もままならぬとなれば、今季のミドリシジミは貧果きわまりないことになりそうだ。今日も、産卵するらしい個体に出会えたものの、開翅シーンはなかった。
今日の出会いが今季最終のものとして、このフィールドで見られる「平地性ゼフ」全6種の、最終目撃画像集をご覧いただいきましょう。


ウラゴマダラシジミ   19.6.4   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimmng) ISO1600 1/640,F8
e0339873_18143684.jpg
        開翅する姿を撮ったものの紹介できず、これが最終の出会いだったのです。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃 ISO3200 1/400,F8
e0339873_18143641.jpg
        同じ日、遠い位置にとまっていました。


ウラナミアカシジミ   6.19   〃 ISO6400 1/640,F8
e0339873_18143511.jpg
        尾状突起を食い千切られた姿で、この時期まで生き延びていました。


オオミドリシジミ   〃   〃 ISO800 1/200,F8
e0339873_18143502.jpg
        同じ日の散策で出会った個体、接近を許しジックリ撮らせてくれました。


アカシジミ   6.20   〃 ISO1600 1/640,F8
e0339873_18143527.jpg
        ゼフの最初に出現して、ずいぶん長い間姿を見せてくれました。


ミドリシジミ   6.28   〃 ISO2000 1/60,F8
e0339873_18143644.jpg
        明日以降も出会いがあるかもしれないが、一応これが見納めとしておきます。


by higirinikki2 | 2019-06-28 18:29 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミズイロオナガシジミとウラゴマダラシジミ   19.6.3

予報では最高気温22℃と涼しめの筈が、25℃を超えて蒸し暑くもなった。

31、2、3の3日間、新顔ゼフを求めてポイントを歩くも出会いはなく、アカシジミの盛りは過ぎてしまったようだ。この間に出会ったゼフは、2種だけだった。


ミズイロオナガシジミ 1   19.5.31   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/250,F8
e0339873_18081903.jpg
e0339873_18082016.jpg
        刈り残された下草の中にいた。実は、あと1時間早く来ていれば、
        羽化直後のウラナミアカシジミの大群がここにいたということだった。 

〃 2   6.3   〃 ISO800 1/400,F8
e0339873_18081944.jpg
        かっぱ池に新しく伸びた草の間に白い蝶の姿が。 

〃 3   〃   〃 ISO800 1/100,F8
e0339873_18081906.jpg
e0339873_18081908.jpg
        別の下草の間を下の方から登ってきた個体。羽化直後か、綺麗な姿です。 

〃 4   〃   〃 ISO1600 1/80,F8
e0339873_18082068.jpg
        思わぬ所にいたので、慌ててシャッターを切ったらすぐに飛ばれた。


ウラゴマダラシジミ 1   5.31   〃 ISO1600 1/320,F8
e0339873_18081934.jpg
        イボタの近くの高い位置にとまっていた。

〃 2   5.31   〃 ISO6400 1/800,F8
e0339873_18081928.jpg
        古民家の裏手で出会った新鮮個体。じっとして撮影につきあってくれた。

〃 3   6.3   〃 ISO800 1/400,F8
e0339873_18082060.jpg
        園路際でヨモギの虫こぶを捜していて、ふと視線を外した先にいてビックリ。
        近くにイボタがあったのだろう。
  

by higirinikki2 | 2019-06-03 18:31 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第3弾はミズイロオナガシジミ   19.5.29

夜半の雨が上がって涼しい朝に。下草には雨露がついていて虫の出が悪い。

ゼフ第3弾は出現情報のあったウラナミアカシジミを期待していたが、「案山子」さんからの連絡があって予期せぬ「ミズイロオナガシジミ」となった。


ミズイロオナガシジミ   19.5.29   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/1400,F8
e0339873_18520061.jpg
        日蔭の下草に逆様に下がっていた。撮りにくいので、「案山子」さんが笹の葉をひっくり返してくれた。
e0339873_18520013.jpg
        それでも暗いので飛ばしたら、明るい草の上にとまった。
e0339873_18520038.jpg
        今度は直斜光ギラギラ、なかなかうまくいかないものです。


        以下、きのう、きょう出会ったゼフたちです。


ウラゴマダラシジミ   〃   〃 ISO800 1/750,F8
e0339873_18520182.jpg
        羽化して、ずいぶん離れた位置にいた。

   5.28   〃 ISO800 1/240,F8
e0339873_18520157.jpg
        羽化したすぐ傍の木の葉で。

アカシジミ   5.28   〃 ISO800 1/280,F8
e0339873_18520170.jpg
e0339873_18520148.jpg
        今日は出会わなかったが、きのうは園内のあちこちで出会った。その内の2枚です。


by higirinikki2 | 2019-05-29 19:05 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 産卵するウラゴマダラシジミ   18.5.26

今日は薄曇りの「運動会日和」。小学校1年生になった2階の孫娘も運動会、ジジ・ババも行って写真を撮ってやりました。

その後、2時半過ぎにまたミドリシジミを求めて散策に。収穫なしでした。
きのうのオオミドリシジミ以外のゼフを、昨日今日で3種撮影してきました。


ウラゴマダラシジミ   18.5.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/800,F6.4
e0339873_18192067.jpg
        尻をイボタノキの枝先に押し付けたままでジッとしています。
        産卵をしているのではないのかな?。


アカシジミ   〃   〃  ISO800 1/320,F6.4
e0339873_18192052.jpg
        そろそろ羽化のピークは過ぎようとしている筈ですが、綺麗な姿です。


ミズイロオナガシジミ   5.26   〃 ISO1600 1/125,F8
e0339873_18192065.jpg
        園路際にとまっていたので、スーパーマクロで撮影してみました。


by higirinikki2 | 2018-05-26 18:28 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第5弾は ウラゴマダラシジミ   18.5.21

今日も青空、爽やかな風の吹く日。今日こそウラゴマダラシジミに出会いたいものと勇んで散策に。太陽が高く上がった時間帯では、チョウの活性度が上がって下草にいることは期待できない、と承知の上での出発です。

ウラゴマダラシジミの出現情報をよく聞く園内某所に急ぐ。先着カメラマンに「あそこにいましたよ」と教えられたのは、葉の陰。なんとか「ゼフ第5弾」の証拠写真を撮った後は、ゼフを求めて3千歩です。
残るオオミドリシジミは見つからなかったが、すでにご対面済みの3種に会えました。


ウラゴマダラシジミ   18.5.21   FUJIFILM X-S1 21-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_21333614.jpg
        付近にイボタノキがあるので、姿をよく見せる場所です。
        初見にふさわしく、葉の隙間からしか見えない位置にいました。
e0339873_21333758.jpg
e0339873_21333745.jpg
        他の場所を歩いてもう一度やってきたら、目の前を飛んでとまった。
        裏翅を撮る間もなく、すぐに全開翅した。綺麗な姿でした。

         これから後は、他の場所で出会ったゼフ3種です。


アカシジミ   〃   〃  ISO400 1/100,F8
e0339873_21333796.jpg
e0339873_21333630.jpg



ウラナミアカシジミ   〃   〃  ISO400 1/125,F8
e0339873_21333676.jpg
e0339873_21333708.jpg



ミズイロオナガシジミ   〃   〃  ISO400 1/640,F5.6
e0339873_21333647.jpg
e0339873_21333775.jpg



by higirinikki2 | 2018-05-21 21:43 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 次のゼフは、ミズイロオナガシジミ と ミドリシジミ   18.5.18

今日も暑かったです。強く吹く風は涼しかったのですが。

散策を始めて出会ったカメラお仲間、チョウを探す目の鋭いこと。「ここに」「こちらに」と次々に見つけては教えてくれました。もう一種、「あそこにいた」と教えてくれた個体は飛んでしまったのか見つからなかった。


ミズイロオナガシジミ 1   18.5.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/640,F6.4
e0339873_18162722.jpg
        高くて風に大揺れするクサギの葉の上で、こちら向きにとまっているところを「よくぞ見つけた」ものです。

〃 2   〃   〃  ISO400 1/1250,F8
e0339873_18162719.jpg
        次に教えられたのは梅の葉の陰。陽が当たったり陰になったりの位置でした。


ミドリシジミ   〃   〃  ISO800 1/1000,F8
e0339873_18162734.jpg
e0339873_18162799.jpg
        そろそろ羽化が始まる頃かと探しているミドリシジミです。
        「ちょっと擦れた個体なので、もしや誰かが飼育個体を放ったものかも」とのことだった。
        よく見ると両方の後翅が伸び切っていない。羽化不全なのかもしれない。

e0339873_18162769.jpg
        この葉に飛んで来た時に、鮮やかなブルーが見えたので雄です。
        この正面画像でも端っこにブルーがチラッと見えますね。


by higirinikki2 | 2018-05-18 18:29 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ再見   17.6.3   (アカシジミ、ウラゴマダラシジミ、ミズイロオナガシジミ)

昨夜は、25年くらい前に机を並べていた会社の同僚とのOB会で自由が丘に。今日は、ウオーキンググループ「悠々会」の例会で多摩丘陵を歩いてきました。

きのうで「ゼフ6種制覇」を達成したものの、出会う個体数は全体的にいつもの年よりも少ない気がする。その少ない出会いの報告です。


アカシジミ   17.6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/80,F8
e0339873_21293771.jpg
e0339873_21293752.jpg
        この日、例の栗の木は花が終わりの時期になっていて、アカシジミが乱舞するのを見ることができなかった。
        そのかわり、園路沿いの斜面で見るこよができた。


ウラゴマダラシジミ   6.1   〃 ISO400 1/1000,F8
e0339873_21293679.jpg
        ルリシジミに似た、より大きめの白い蝶がウツギの花で吸蜜行動をしていた。
        羽化後、日時が経っているようで、やや黒ずんで見える。


ミズイロオナガシジミ   6.1   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_21293677.jpg
        すこし小さ目の個体が強風をこらえて葉にしがみついていた。

   6.2   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_21293607.jpg
        こちらは、もっと小さい個体。やはり強風をこらえてクサギの葉にとまっていた。



by higirinikki2 | 2017-06-03 21:44 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第2弾は ミズイロオナガシジミ   17.5.28

暑からず涼しからず、「田植え日和」でした。今年も平穏無事の米作りの年であってほしいと思います。

大きなカメラを持って行ったので、「田植え風景」はなしですが、帰宅途中に思わぬ出会いがありました。


田植えのおわった2番田んぼ   17.5.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F5
e0339873_17340452.jpg


ミズイロオナガシジミ   〃   〃 1/50,F8
e0339873_17340413.jpg
        駐輪場の脇に植えられているナツグミの葉の上に白いチョウが乗っていました。

        田植えに入る前、イボタの白い花の周囲にいるかもしれない、
        ウラゴマダラシジミを懸命に探したのですが見つかりませんでした。

        このチョウは順番からいえば4~5番目の筈なので、思いもかけなかったのです。


by higirinikki2 | 2017-05-28 17:48 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフィルス追跡   16.5.27   (アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ)

夜中から降り出した雨が昼過ぎまで続いていたが、やんだ2時過ぎ寒ささえ感じる中をゼフを求めて歩いた。
雨上がりの冷たい風の中では、さすがに見つからない。

かなり傷んだアカシジミとウラナミアカシジミがいた。綺麗なウラナミアカシジミと羽化直後のミズイロオナガシジミ、の4頭に出会うことができた。


アカシジミ   16.5.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F5.6
e0339873_218676.jpg
        左後翅を齧られている。尾状突起を頭と間違えたのは誰だろうか?


ウラナミアカシジミ   〃   〃   1/250,F5.6
e0339873_21102728.jpg
        右前後翅を大きく齧られている。


   〃   〃   1/600,F5.6
e0339873_21114697.jpg
        新鮮個体もいました。ちょっと撮影しにくい位置でしたが。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃   1/250,F5.6
e0339873_21125969.jpg
        かなり小型でしたが、これも羽化直後かと思われる。
by higirinikki2 | 2016-05-27 21:14 | ・ゼフィルス | Comments(0)