人気ブログランキング |

タグ:ヒメカンスゲ ( 4 ) タグの人気記事

■ スゲ 3種   19.4.27   (アゼスゲ、マツバスゲ、ヒメカンスゲ)

天気予報は難しい。今日の午後は「雨は上がる」と期待したが外れた。冷たい雨がやまない。
未曾有の「10連休」は雨で始まった。

小谷戸の里事務局のKoさんに「アゼスゲとマツバスゲの群落を見て」と教えられた。実のところ、「スゲの仲間は多くて、おもしろみも少ない」ので捜す気持ちが薄いので、「あ、そうですか」と撮影はしたものの生態は調べていない。ごめんなさい
画像だけは紹介しましょう。


アゼスゲ   19.4.23   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO2000 1/400,F16
e0339873_17371674.jpg
e0339873_17371680.jpg



マツバスゲ   〃   〃 ISO400 1/400,F7.1
e0339873_17371666.jpg
e0339873_17371639.jpg


        ヒメカンスゲは、なぜか毎年撮影しています。

ヒメカンスゲ   3.23   〃 ISO200 1/500,F2.8
e0339873_17371561.jpg
e0339873_17371555.jpg


        参考にしていただきたい 記事です。


by higirinikki2 | 2019-04-27 17:44 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ヒメカンスゲ   18.3.6

きのうの春の嵐が収まった後、「寒の戻り」というのか明日はまた真冬の天気になるという。今日はその境の日、寒いので冬の服装で6日ぶりの散策に出た。過去記事を追ってみて「今頃は咲き始めているはず」の草花を探してみる。

その成果のひとつ「ヒメカンスゲ」が伸びているところに出会った。特徴のある生態を持った草です。過去記事をそのまま掲載しますのでお読みください。


ヒメカンスゲ   18.3.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F8
e0339873_17474750.jpg
        この姿を目に焼き付けて過去記事をお読みください。


ヒメカンスゲ  07.3.18

今日も外出用事があり天気がよいのに散策に出られず、在庫からの材料です。

ヒメカンスゲ  07.3.10 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_18243255.jpg
小谷戸の里の前の三角山の裾の斜面でスゲの仲間を見つけました。
葉が細く、苞の鞘に赤褐色のところがあるので 「ヒメカンスゲ」 だとわかります。

石川の植物というサイトの別館 「mizuaoiの植物記」(リンクが解除されていて現在つながりません) を参照して、花を見てみました。


イネ科やカヤツリグサ科の植物では、小さい花(小花)がまとまって集団となっているのが普通で、このような小花の集団を「小穂(しょうすい)」と呼ぶ、のだそうです。
e0070891_18363192.jpg
茎の先端の小穂は、雄小穂で、雄花ばかりの集団です。
雄小穂の下にあるのは雌小穂で、雌花だけの集団です。


雄小穂   雄花は先端が尖り、暗褐色で膜質の鱗片の内側に、葯と半透明の花糸を
       もった3本の雄しべがあるだけです。
e0070891_1837735.jpg


雌小穂   鱗片(雌花頴:しかえい)から3個の柱頭が出ています。
e0070891_1837486.jpg


「mizuaoiの植物記」には、雄しべが伸びてくる精密な仕組み、受粉の仕組みなどの詳しい驚くべき調査内容が出てきます。ぜひ、訪問してみてください。 

by higirinikki2 | 2018-03-06 17:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の野草  17.3.23   (ヒトリシズカ、ヒメカンスゲ、タチツボスミレ)

今日は1日中TV前で、高校野球、国会喚問、大相撲と中継放送に釘付け。合間に生協に買い物に出ただけ。いい天気なのに散策はナシ。
春の野では各種の野草が花をつけ始めている。


ヒトリシズカ   17.3.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/125,F8
e0339873_18112794.jpg
        今日か明日かと見守ってきたヒトリシズカがいつの間にか伸びていることをスタッフのKaさんに教えられた。
        不覚をとりました。


ヒメカンスゲ   〃   〃 1/800,F5.6
e0339873_18112743.jpg
        地味な野草ですから、教えられても「どれ?」と聞き返されそうです。
        受粉の仕組みが興味深く印象に残っている草です。

        過去記事  ヒメカンスゲ   07.3.18


タチツボスミレ   〃   〃 1/125,F8
e0339873_18112644.jpg
        強く落ち葉掻きをされると伸びたての小さな株は、掻きとられてしまいそう。
        そんな山裾で辛くも残ったと思われる群落が花を咲かせていた。

by higirinikki2 | 2017-03-23 18:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春が来た   16.2.29   (シュンラン、ヒメカンスゲ、アマナ)

うるう年の今年は、2月は今日29日まで。寒冷前線の接近・通過で天気ははっきりしないまま夜半の大荒れが予想されている。というわけもあって、今日は休養日に。

きのうの、午前のじっくり散策で見つけた「春」です。


シュンラン   16.2.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/75,F8
e0070891_1746376.jpg
        おすすめ過去記事  ■ シュンラン(春蘭)  06.3.23


ヒメカンスゲ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_17471711.jpg
        おすすめ過去記事  ■ ヒメカンスゲ  07.3.18


アマナ   〃   〃   1/550,F8
e0070891_17481211.jpg
        おすすめ過去記事  ■ アマナ   12.3.21
シュンラン
by higirinikki2 | 2016-02-29 17:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)