人気ブログランキング |

タグ:ナミアゲハ ( 6 ) タグの人気記事

■ ナミアゲハ   19.4.22

薄曇りながら春の日が続いている。

収穫の多い日だったが、まずは綺麗な蝶の姿で眼を洗っていただきましょう。


ナミアゲハ   19.4.22   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO400 1/640,F8
e0339873_18483366.jpg
e0339873_18483321.jpg
e0339873_18483338.jpg
e0339873_18483287.jpg
e0339873_18483213.jpg
e0339873_18483233.jpg


by higirinikki2 | 2019-04-22 18:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 今季初認の虫 3種   19.3.27   (ナミアゲハ、モモブトカミキリモドキ、ヤブキリ)

気温が20℃近くまで上がるとの予報だが風が冷たい。

春の定番の蝶、ツマキチョウやトラフシジミの飛翔の情報があるものの、なかなか出会えない。運も力もない私?
春先に見られる虫3種です。


ナミアゲハ   19.3.27   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO200 1/250,F8
e0339873_17262939.jpg
        長久保の入り口の井戸のあたりで、黒っぽい蝶が飛ぶのが見えた。
        中の斜面のタンポポにとまっている蝶、80mmレンズでは小さくしか撮れない。
        拡大してみると、春一番子、黒っぽい小形のナミアゲハでした。


モモブトカミキリモドキ   〃   〃 ISO400 1/1600,F8
e0339873_17263046.jpg
        狐久保に入る道の斜面のタンポポが満開近くなってきた。
        これも春定番のモモブトカミキリモドキの姿を捜す。
        いました。モモの細い♀でした。


ヤブキリ   〃   〃 ISO400 1/1500,F8
e0339873_17263043.jpg
        隣りの花には、これも定番のヤブキリの若齢幼虫がいました。


by higirinikki2 | 2019-03-27 17:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アゲハ仲間 3種の蛹   19.1.24   

強い北風が吹くので寒いぞ、という予報。快晴の空の下、完全防具で出たら案外暖かな日。それなのに、鳥の出が少ない。

「鳥ブログ」はお休みとして、アゲハ仲間の蛹特集にします。と言っても、実態は「アカコッコ」さんのブログを参考に、探し出したものです。


ナミアゲハの蛹   19.1.17   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO500 1/1250,F8
e0339873_19364792.jpg



クロアゲハの蛹   〃   〃 ISO500 1/40,F8
e0339873_19364794.jpg



ナガサキアゲハの蛹   〃   〃 ISO500 1/60,F8
e0339873_19364785.jpg



by higirinikki2 | 2019-01-24 19:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 定点観察の蝶 (2)   18.4.12

「春爛漫」を通り越して一気に初夏の気候に。午前の散策後は図書館、警察署、内科医院巡り、暑かったです。

9日の「定点観察」の結果報告です。


キアゲハ   18.4.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1250,F8
e0339873_18315458.jpg



ナミアゲハ   〃   〃  1/1250,F8
e0339873_18342837.jpg



ルリタテハ   〃   〃  1/240,F8
e0339873_18344271.jpg



モンキチョウ   〃   〃  1/1600,F8
e0339873_18320799.jpg



テングチョウ   〃   〃  1/180,F8
e0339873_18314499.jpg



by higirinikki2 | 2018-04-12 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アゲハチョウ(ナミアゲハ)   17.9.3

台風が去って秋の気候に(なればいいが)。きのうの疲れをとるのと、6日からの旅行の準備で散策はお休みに。

長久保のカラタチの垣根で、アゲハが産卵を繰り返していました。


産卵するアゲハ   17.9.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0339873_13293570.jpg
e0339873_13293511.jpg
e0339873_13293666.jpg
        産まれてくる幼虫が十分に食事できるように、
        枝の先端の若葉で伸びてくる根元に卵を産んでいます。

e0339873_13293558.jpg
        垣根の足元では吸蜜にも余念がありませんでした。


by higirinikki2 | 2017-09-03 17:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 産卵する蝶 3種   16.9.9   (ナミアゲハ、モンキチョウ、ツバメシジミ)

ようやく天気が安定、気温はまだまだ高く暑い。が、我慢の散策。
鳥撮りのお仲間情報では、ようやく秋鳥の姿が見えたらしい。

こちらは?なんとか蝶の姿を捕まえるのがやっと、というところです。


ナミアゲハ   16.9.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/400,F10
e0339873_16313864.jpg
        瓜久保のカラタチの垣で、ナミアゲハが産卵をしていた。
        尻の先を押し付けて産卵しているところを、写し止めるのが難しいです。


モンキチョウ   〃   〃   1/900,F8
e0339873_16434120.jpg
        狐久保の入り口、モンキチョウ黄色型の♀がカタバミの葉に産卵していた。
        真横から撮影しようと回り込む寸前に飛び立ってしまう。


ツバメシジミ   〃   〃   1/900,F8
e0339873_16502488.jpg
        木道、小さなツルマメの蔓の先端にツバメシジミがとまって産卵中。
        光のコントラストが強すぎて適正露光で撮影するのが難しい。

        どの卵も無事に孵化して、幼虫・蛹・成蝶になれるのだろうか?

.
by higirinikki2 | 2016-09-09 16:49 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)