人気ブログランキング |

タグ:ナガコガネグモ ( 9 ) タグの人気記事

■ 蜘蛛の卵嚢 3種   18.10.5   (ナガコガネグモ、オオトリノフンダマシ、チリイソウロウグモ)

大形台風25号の先触れの雨雲が蔽っているのか、細かい雨が降り続く1日。寒いくらいの気温だ。

在庫写真を見ていて気付いた、毎年、取り上げているテーマです。


ナガコガネグモ 卵嚢   18.10.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F8
e0339873_17303212.jpg
        いくら自分が成長できた田んぼだとはいえ、
        いずれ片付けられる運命のネットに卵嚢をつけるとは。 

    (参考)    この親ではないと思いますが、立派な姿をしています。
e0339873_17303248.jpg



オオトリノフンダマシ   9.18   〃 ISO400 1/320,F8
e0339873_17303215.jpg
        田んぼの脇に刈り残された若木の葉にぶら下がっているのは。

    (参考)    近くに卵嚢を守る親がいる筈なのですが、いくら探してもいませんでした。
e0339873_15054688.jpg
        


チリイソウロウグモ   9.13   〃 ISO800 1/250,F5
e0339873_17303261.jpg
        かなり暗い木陰にチリイソウロウグモが卵嚢を守っていました。

    (参考)    過去記事から、抱きついて守る姿がありました。
e0070891_16513641.jpg
        

        蜘蛛の卵嚢については、クモ卵のう検定解説というサイトが参考になります。


by higirinikki2 | 2018-10-05 17:54 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヨモギの葉に   18.8.27   (ヨモギクキマルズイフシ、ナガコガネグモ)

今日は、なんと36℃近くまで最高気温が上がったらしい。朝、玄関を一歩踏み出しただけで凄まじい熱気を感じて戻ってしまった。今日は、田んぼ作業・炊き出し・案山子作りが予定されていたが、体調を考えて「お休み」としました。

写真在庫が底をついたので、「とっておき」写真をとりあげることにしました。
15も日前の画像ですが、ヨモギにまつわる虫たちです。


ヨモギクキマルズイフシ   18.8.11   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/800,F3.5
e0339873_18020988.jpg
        虫こぶは「寄主植物名」「形成される部分」「形態的特徴」「フシ」で命名されることが多いという。
        「ヨモギクキマルズイフシ」の名称を分解してみると「ヨモギ」「茎」「丸」「蘂」「五倍子(ふし)」となる。

      手元にある「虫こぶハンドブック」によると
        (形成者)ヨモギマルフシミバエ
        (形状)茎が球形~卵形に肥大し、直径8mm、長さ10mm前後。 
            虫えいの壁は厚く、内部に淡黄色の1幼虫がみられる。
            幼虫は内壁を削り、羽化脱出に備える。
            乾固した脱出孔のまわりは滑らかな円形。
        (生活史)7月に羽化。

        ヨモギには9種の虫こぶが観察されるようです。
        4年前は熱心に虫こぶを捜していたようで、ヨモギの虫こぶは次の記事で4種を観察していました。
        ■ ヨモギの虫こぶ   14.6.30
        ■ ヨモギの虫こぶ (2)   14.9.11


ナガコガネグモ 幼体   〃   〃 1/640,F3.5
e0339873_18020946.jpg
        同じヨモギの葉に蜘蛛が肢を伸ばしていました。


by higirinikki2 | 2018-08-26 19:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ネットの虫 3種   18.8.25   (コバネイナゴ、カノコガ、ナガコガネグモ)

いつまで続く暑い日ぞ。

そろそろ雀が稲の若い実から乳汁を吸う稔りの頃。それを防ぐネットが役目を果たしている。そのネットに絡む虫3種です。


コバネイナゴ   18.8.19   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/250,F3.5
e0339873_20121997.jpg
 


カノコガ   〃   〃 ISO400 1/200,F3.5
e0339873_20122048.jpg



ナガコガネグモ   〃   〃 ISO400 1/640,F3.5
e0339873_20122040.jpg



by higirinikki2 | 2018-08-25 20:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ネットの中のシオカラトンボ   18.8.4

今日も暑い日。外出は控えました。

きのうの散策で出会った「ネットの中のシオカラトンボ」です。


脱出に成功したぞ   CANON PowerShot G7X 8,8-36.8mm ISO1600 1/250,F3.5
e0339873_17045847.jpg
        スズメ除けに張られたネットの中にはシオカラトンボの姿が多い。
        わざわざネットに入り込むとは考えにくいので、もともと田んぼの土の中にいたヤゴが
        水張り後の田んぼで成長してトンボになったと考えられる。
        そんなトンボが「こんな狭い世界にいるのはイヤだ」とばかりに、
        ネットの網目から抜け出ようとしていた。この後すぐに脱出に成功しました。


ペアができました   〃   〃 ISO1600 1/250,F3.5
e0339873_17045789.jpg
        この狭い世界でお相手を見つけることができた幸福(?)なペアもいます。


網を張るナガコガネグモ   〃   〃 ISO1600 1/200,F3.5
e0339873_17045881.jpg
        一方、ネットの中にはトンボを餌に捕まえようとする蜘蛛が網を張って、捕まるのをまちかまえている。


網にかかってしまったよー   〃   〃 ISO1600 1/320,F3.5
e0339873_17045756.jpg
        哀れ、蜘蛛の網にかかってしまったシオカラトンボ。
        この状態から逃げ出すのは無理です。


がんじがらめに   〃 ISO1600 1/1000,F3.5
e0339873_17045751.jpg
        もうお食事対象になりかかっているトンボとナガコガネグモです。

   
by higirinikki2 | 2018-08-04 17:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クモの卵嚢   17.9.30   (ナガコガネグモ、クサグモ、チリイソウロウグモ)

本格的な秋の気候になったようで、ゆっくり歩く散策であれば汗をかくこともない。

きのうの散策、瓜久保の家の脇の垣根に見たこともない不思議な形のものを見つけた。詳しい人が「これはクモの卵嚢だ」と教えてくれた。


クモの卵嚢 1   17.9.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/25,F8
e0339873_17400835.jpg


〃 2   〃   〃 ISO800 1/25,F9
e0339873_17400931.jpg


〃 3   〃   〃 ISO800 1/60,F9
e0339873_17400945.jpg



卵嚢 1 の主=ナガコガネグモ   9.30   〃 ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17424559.jpg



卵嚢 2 の主=クサグモ   9.29   〃 ISO400 1/250,F8
e0339873_17424411.jpg



卵嚢 3 の主=チリイソウロウグモ   〃   〃 ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17400951.jpg



by higirinikki2 | 2017-09-30 17:59 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   17.8.16   (ナガコガネグモ、ジョロウグモ、サツマノミダマシ)

今日も朝から霧雨やしとしと雨が降り続いている。月はじめから続いていた「やらねばならぬ事」が終わった。さて、その結果はどう出るか?

11、13日の散策で出会った蜘蛛たちです。


ナガコガネグモ   17.8.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/40,F6.4
e0339873_18182986.jpg
       目の前に大きな蜘蛛の姿が飛び込んできたのでビックリ。
        いつもなら田んぼのネットや稲に絡んでいるのだが。


ジョロウグモ   〃   〃 1/100,F6.4
e0339873_18183053.jpg
        「生物多様性」の光景、といったら大袈裟か。 蜘蛛の巣にかかるトンボは、けっこういるものです。


サツマノミダマシ   8.11   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/320,F1.8
e0339873_18183060.jpg
        雨の中での急ぎ撮影だったので、画像の出来がよくない。
        「脇が黒く」見えないから、「ワキグロサツマノミダマシ」ではないと思う。


by higirinikki2 | 2017-08-16 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ナガコガネグモの卵嚢   16.1.5

今日も3月末の暖かさが続いている。午後、散策に出た。きのう撮れなかったアオジが撮れた。

きのう、見つけた見慣れぬ袋状の物体。ネット検索をしてつきとめたのが「ナガコガネグモの卵嚢」でした。


ナガコガネグモの卵嚢   16.1.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F8
e0339873_17392625.jpg
e0339873_17393329.jpg
e0339873_17394070.jpg
        産卵された後、1ヶ月くらいで孵化した幼体は、この袋の中で越冬。
        今年の春4~5月になって、袋から出てくるらしいです。


        以下に、過去記事の中から幼体、成体の姿をお見せしましょう。

ナガコガネグモ 幼体   10.7.17   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_2173024.jpg
        ジグザグ状の丸い網は「隠れ帯」と呼ぶそうです。


ナガコガネグモ 若い成体   14.9.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/680,F8
e0070891_18262450.jpg
        日頃見る個体とは、ちょっと腹が長くみえました。
        透き通るような肢もあって、やや幼い感じがしました。


ナガコガネグモ 腹側   13.9.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1200,F8
e0070891_1821842.jpg
        「宮田池」のガマの葉陰に、コガネグモがシオカラトンボを捕まえて糸をぐるぐる巻きにしていた。
        背中側の模様が見慣れているのだが、腹側はこんな姿をしているのです。


ナガコガネグモ 背中側   13.9.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/280,F5.6
e0070891_18101421.jpg
e0070891_18111952.jpg
e0070891_1812484.jpg

by higirinikki2 | 2016-01-05 17:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 大型クモ 3種   15.8.31   (コガタコガネグモ、ナガコガネグモ、チュウガタシロカネグモ)

今日も雨が落ちてきそうな曇り空の1日。きのうの疲れで早朝歩きはやめ、夕方急ぎ散策に出た。

途中に出会った大型クモたちです。


コガタコガネグモ   15.8.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/80,F3.3
e0339873_1855222.jpg
        マクロ撮影で超接近。綺麗な紋様を撮影できました。

        過去記事  コガタコガネグモ


ナガコガネグモ   〃   〃   1/70,F3.3
e0339873_18575058.jpg
        ネットのかかった田んぼで、獲物を待ち伏せしています。
        腹側を向けて止まっていました。 背中の紋様も綺麗なのですが。

        過去記事  ナガコガネグモ


チュウガタシロカネグモ   〃   〃   1/140,F3.3
e0339873_1902531.jpg
        園路にはみだして巣を作っていました。おかげで、こんなシーンを撮影できました。

        過去記事  チュウガタシロカネグモ
by higirinikki2 | 2015-08-31 19:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   15.8.8   (ナガコガネグモ、オオシロカネグモ、ヌサオニグモ)

昨夜、新潟の娘と孫娘が逗留しにやってきた。今日は、2階の孫娘2人とママと一緒にお出かけしていた。
「やや暑さがやわらぐ」という予報だったが、とんでもない、やはり暑かった。

最近の散策で出会った「蜘蛛 3種」です。


ナガコガネグモ   15.7.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/90,F7.1
e0339873_18391555.jpg
        ちょっと早目の発見か?きれいな姿を見せてくれた。


オオシロカネグモ   7.30   〃   ISO1600 1/170,F8
e0339873_18413551.jpg
        例の「アカハネナガウンカ」がいたススキの近くで、長い肢を伸ばしていた。


オニグモの一種 ? ヌサオニグモ   8.4   〃   ISO400 1/200,F8
e0339873_18441487.jpg
        一瞬、「カメムシの幼虫かな?」と思わせた、背中の紋様。
        デザインが見事ですね。 オニグモの一種かな?と思うのですが、同定できません。

        蜘蛛に詳しい方が見てくれていると嬉しいのですが。

        「オニグモの一種?」をキーワードにして検索をかけて、ようやく「ヌサオニグモ」に到達しました。
        「ヌサ」とは神事に使われる「御幣」のことです。 ◄◄◄の紋様が「幣」に似ているから、とのことです。

by higirinikki2 | 2015-08-08 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)