タグ:クサグモ ( 7 ) タグの人気記事

■ クサグモ幼体   18.5.6

連休最終日、好天も今日が最終日かな?いつもの高校仲間と南房総に出かけるので、今日は予約投稿です。

葉陰に広い巣網を張って獲物がかかるのを待っているクサグモだが、この時期に見られるのはは赤黒い体をした幼体です。自分と同じくらいの大きさの獲物を前(下)にした幼体です。


クサグモ幼体   18.4.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0339873_08252785.jpg



   5.2   〃  ISO800 1/200,F6.4
e0339873_08310509.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2018-05-06 18:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クサグモ   17.10.17

今日も冷たい雨が降りしきる冬のような日が続いている。午前中、「衆院選挙期日前投票」に行ってきた。夕方近くなって雨が上がったようだ。

ヒイラギなどの葉にはクサグモの棚網がいっぱい、雨粒をつけて白く光っている。ジョロウグモと同じように写真がいっぱいあったので、トンネル状の網の前で獲物がかかるのを待っている姿を集めてみました。


クサグモ ♀?   17.10.9   Canon PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/125,F8
e0339873_18090607.jpg
        蜘蛛の雌雄を見分けるには、左右4本ずつある肢の他に、昆虫では触覚に相当する「触肢」が各1本あって、
        その先端に黒く丸くなった部分があれば雄、なければ雌ということのようです。
        この個体の触肢の先は、はっきりとはしないのですが黒い丸はないようですので雌とします。


〃 ?   〃   〃 ISO400 1/200,F8
e0339873_18090785.jpg
        性別不明ですが、上から見ると複眼や腹部紋様がよくわかります。


〃 ♂?   10.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F8
e0339873_18090675.jpg
        この個体の触肢の先端は黒く見えるので雄とします。


〃 ♀?   〃   〃  ISO800 1/1600,F8
e0339873_18090681.jpg
        この個体の触肢には黒い部分が見えないので雌とします。
        興味深いのは、手前に長い肢のようなものが見えることです。
        ザトウムシのような、あるいはイソウロウグモのような。
        これだ、と断定できる知識がないのが癪です。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-10-17 18:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クサグモ 交接?   17.10.7

明け方まで大雨が降っていた3連休初日。運動会日和でなく延期した学校・幼稚園が多いことだろう。

最近の散策では、各種のクモの生態が面白く、つい目が行く。
とくに、ヒイラギの垣根などに棚状の網を張るクサグモは、穴の前に陣取っているところに息を吹きかけると慌てて穴に引っ込むのがおもしろい。
きのう、この穴を覗き込んだところ、写真のような姿が見えた。


クサグモ   17.10.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F10
e0339873_19121849.jpg
        はっきりとした位置関係がわかりませんが、1頭だけではないのは確かですね。
e0339873_19165642.jpg
        2頭いるように見えますが、どうなっているのか?
        クサグモの交接を説明、写真表示した資料がみつからないので、「クサグモの交接?」としておきます。


〃 ♂?
e0339873_19121835.jpg
        この後、息を吹きかけると慌てて飛び出てきた個体です。
        触肢の先が丸くなって見えるので、♂かな?
        巣穴を覗き込んでみたのですが、何も見えません。もし♀がいたとすれば巣穴の奥に隠れたのでしょうか?

        この巣穴がどうなるか観察を続けてみようと思います。
        もし、あの白い立方体の卵嚢が見つかればおもしろいのですが。
e0339873_17400931.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-10-07 19:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クモの卵嚢   17.9.30   (ナガコガネグモ、クサグモ、チリイソウロウグモ)

本格的な秋の気候になったようで、ゆっくり歩く散策であれば汗をかくこともない。

きのうの散策、瓜久保の家の脇の垣根に見たこともない不思議な形のものを見つけた。詳しい人が「これはクモの卵嚢だ」と教えてくれた。


クモの卵嚢 1   17.9.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/25,F8
e0339873_17400835.jpg


〃 2   〃   〃 ISO800 1/25,F9
e0339873_17400931.jpg


〃 3   〃   〃 ISO800 1/60,F9
e0339873_17400945.jpg



卵嚢 1 の主=ナガコガネグモ   9.30   〃 ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17424559.jpg



卵嚢 2 の主=クサグモ   9.29   〃 ISO400 1/250,F8
e0339873_17424411.jpg



卵嚢 3 の主=チリイソウロウグモ   〃   〃 ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17400951.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-09-30 17:59 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ クサグモ   17.9.6

以前の記事や画像を再チェックしていて間違いに気づくことがあります。

しっかり確認せずに「オニグモ」としていた画像がありました。「オニグモ」などという蜘蛛はいません。
あらためて探してみて、思いもかけなかった「クサグモ」とわかりました。
いつもは垣根の葉陰にネット状の巣網を張って、その奥のトンネル状の穴の前に出張っていて獲物のかかるのを待っている蜘蛛です。息を吹きかけると、慌ててトンネルの中に逃げ込みます。それが面白くて、よく考えてみると全身の姿をみたことがなかったのです。


クサグモ   17.8.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/1000,F8
e0339873_17204553.jpg
e0339873_17204538.jpg
        つかまっているのはヨツバムグラの茎でしょうか。
        いつもは巣網の中の正面からの姿しか見ていなかったのです。
        頭や背中がこんな紋様をしていたとは記憶がありませんでした。


        参考までに、過去記事を転載しますので、私の誤解をわかってください。


■ 雨のクサグモの網   16.10.29

小雨が時々落ちてはきたが、それほどの冷え込みではなかったので、4日ぶりに散策。
ヒイラギモクセイの垣根に、雨粒の光るクサグモの棚網がいくつも見える。網のあるじは?と見れば獲物がかかるのを待っていた。
雨に濡れた網は粘着力はおちないのだろうか?→もともと粘着性はないようで、網におちてきたところを即座に襲い掛かるらしいです。


クサグモ 1   16.10.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/85,F5
e0339873_17524930.jpg
        網の中央で全身を見せていた。獲物がかかったら、すぐ捕まえようというのだろう。
e0339873_13444753.jpg
        田仲義弘様のコメントをいただいたので、画像を拡大してみました。
        何か米粒のようなものがついているな、と思いましたが、寄生蜂の幼虫なのですね。
        さすが、専門の方の目の付け所は違いますね。
(10.30 追記)


クサグモ 2   〃  〃    1/75,105
e0339873_17544421.jpg

e0339873_17545945.jpg
        こちらは少し引っ込んで管状住居の入り口付近で待ち構えている。


    再掲です

クサグモ   15.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0339873_1825367.jpg
        ヒイラギモクセイの垣、葉と葉のあいだのいたる所にクモの巣 (棚網と管状住居) が張られている。
        トンネル状に絞られている奥にクモが顔を出している。フーと息を吹きかけるとスッと潜り込む。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-09-06 17:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 雨のクサグモの網   16.10.29

小雨が時々落ちてはきたが、それほどの冷え込みではなかったので、4日ぶりに散策。
ヒイラギモクセイの垣根に、雨粒の光るクサグモの棚網がいくつも見える。網のあるじは?と見れば獲物がかかるのを待っていた。
雨に濡れた網は粘着力はおちないのだろうか?→もともと粘着性はないようで、網におちてきたところを即座に襲い掛かるらしいです。


クサグモ 1   16.10.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/85,F5
e0339873_17524930.jpg
        網の中央で全身を見せていた。獲物がかかったら、すぐ捕まえようというのだろう。
e0339873_13444753.jpg
        田仲義弘様のコメントをいただいたので、画像を拡大してみました。
        何か米粒のようなものがついているな、と思いましたが、寄生蜂の幼虫なのですね。
        さすが、専門の方の目の付け所は違いますね。
(10.30 追記)


クサグモ 2   〃  〃    1/75,105
e0339873_17544421.jpg

e0339873_17545945.jpg
        こちらは少し引っ込んで管状住居の入り口付近で待ち構えている。


    再掲です

クサグモ   15.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0339873_1825367.jpg
        ヒイラギモクセイの垣、葉と葉のあいだのいたる所にクモの巣 (棚網と管状住居) が張られている。
        トンネル状に絞られている奥にクモが顔を出している。フーと息を吹きかけるとスッと潜り込む。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-10-29 17:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 蜘蛛 3種   15.7.13   (クサグモ、ネコハエトリ、サツマノミダマシ)

台風11号が押し上げる熱気(?)で関東地方が熱帯気候になっている。外へ出る気力が湧かない。

最近の散策で見つけた蜘蛛 3種です。


クサグモ   15.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0339873_1825367.jpg
        ヒイラギモクセイの垣、葉と葉のあいだのいたる所にクモの巣 (棚網と管状住居) が張られている。
        トンネル状に絞られている奥にクモが顔を出している。フーと息を吹きかけるとスッと潜り込む。

        過去記事  クサグモ

ネコハエトリ   7.8   〃   1/75,F8
e0339873_1828195.jpg
        赤いダニをつけたハエトリグモ、見事に餌を捕まえました。
        ハエの種類はわかりません。

        過去記事  ネコハエトリ

サツマノミダマシ   7.10   〃   1/210,F8
e0339873_18302765.jpg
        綺麗な緑色の腹と縁の黄色。 「薩摩の実」 (ハゼの実) と間違えるほど似ている、からという。
        「ワキグロサツマノミダマシ」 と似ているが、腹の裏側が黒くなかったので、「サツマノミダマシ」 とします。

        過去記事  サツマノミダマシ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-13 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)