人気ブログランキング |

タグ:オバボタル ( 3 ) タグの人気記事

■ ホタル 3種   17.6.16   (オバボタル、ムネクリイロボタル、クロマドボタル)

すこし蒸し暑い日に。涼しい風の下の散策はよいが、草葉が揺れて撮影には邪魔だ。シャッターを押す時だけ静まってくれるといいのだが。

夜に光るホタルを昼間みつけるのは難しく、今年はまだ出会っていない。今日のクロマドボタルとの出会いで、昼行性のホタル3種を紹介できることになった。
生態の説明については、東京にそだつホタルより引用させていただきました。


オバボタル   17.6.1    FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/400,F8
e0339873_18231586.jpg
        体 長:オス 約 8ミリ、メス 約 10ミリ / 分 布:本州、四国、九州
        オバボタルは低山地の里山等に生息し、昼間に活動する。
        幼虫は陸生で雑木林の朽ち木の下等で生活し、ミミズなどを食べている。
        成虫は7月頃に発生する。
        前胸背板はヘイケボタルの模様に似ているが、触覚が発達しフェロモンによる配偶行動である。
        発光器があり、羽化直後はよく発光するが、その後はほとんど光ることはない。


ムネクリイロボタル   6.2    〃 1/160,F8
e0339873_18231565.jpg
        体 長:オス 約 6ミリ、メス 約 7ミリ / 分 布:本州、四国、九州
        ムネクリイロボタルは低山地の里山等に生息する。
        幼虫は陸上で生活し、オカチョウジガイ等をたべている。
        成虫は7月頃に発生し、複眼は小さく、触覚が発達している。オスの触覚はくしひげ状になっている。
        発光器は第7節に1対ある。


クロマドボタル   6.16    〃 1/125,F8
e0339873_18231541.jpg
        体 長:オス 約 10ミリ、メス 約 15ミリ / 分 布:本州、四国、九州
        クロマドボタルは低山地の里山等に生息し、幼虫は陸上で生活する。
        成虫は6月下旬頃に発生する。オスは、黒色で前胸背板の前縁に透明な窓があり、
        メスは淡黄色で翅が退化している。
        配偶行動はフェロモンによるが、オスの成虫は夜間に発光することが観察されている。
        幼虫は、冬季を除いてよく発光する。
        また幼虫は各節の紋にいくつかの型があり、地域によってある程度の特徴を持っているようである。


by higirinikki2 | 2017-06-16 21:25 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 甲虫 3種   17.5.27   (キイロトラカミキリ、オバボタル、ジンガサハムシ)

また暑い日に戻った。ゼフ撮りに出かけるも空振り。いつ最盛期がやってくるのだろうか?

「虫の目」は全開中で、今日もいくつかに出会ったが、「小さくもない」のでタイトルは変更した。


キイロトラカミキリ   17.5.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_18475871.jpg
        例の木柵の下側にペアがいた。
        フラッシュを焚いたら明るい平板な画像になってしまった。


オバボタル   5.27   〃 ISO1600 1/30,F8
e0339873_18475860.jpg
        ラミーカミキリを探してカラムシの葉の上を見ていたら、この虫がいた。
        発光ホタルの出現時期だが、昼間のホタルも行動しているのだ。


ジンガサハムシ   〃   〃 ISO1600 1/1600,F8
e0339873_18475880.jpg
        先日 5/4 に紹介した同種とは、背中の印象がちと違うような気がして撮った。
        「違う」と思ったのだが、なんだ同じだった。

by higirinikki2 | 2017-05-27 18:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ こんな所に甲虫 3種   16.5.7   (ジンガサハムシ、アカガネサルハムシ、オバボタル)

毎月第1土曜日はウオーキンググループ「悠々会」の例会。藤沢市の花「フジ」を見て歩く「藤沢市フジロード」コース。残念なことにどこの藤棚も花がおわっていて、結果として湘南台駅から鵠沼海岸まで「引地川」に沿って17~8kmを、ひたすら歩き通すことになった。

4日の散策で意外な所で出会った甲虫の仲間3種です。


ジンガサハムシ   16.5.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/500,F5.6
e0339873_21293615.jpg
        例年、観察していた食草「ヒルガオ」が、根気よい草刈の結果か姿が少なく、
        やっと見つけたヒルガオの葉で1頭だけを見つけることができた。
        ただ、レンズを向けた途端に、隣りの知らない葉に飛び移って太陽光の境目でしか撮影できなかった。


アカガネサルハムシ   〃   〃   1/170,F5.6
e0339873_21341097.jpg
        こちらも食草「ヤマブドウ」が草刈りに遭って、姿が見つからない。
        「今年はダメか」と諦めかけて、ふと見た園路柵の結び縄の端にいるところを見つけた。
        絵的には変なところですね。


オバボタル   〃   〃   1/170,F5.6
e0339873_21383133.jpg
        道路際の斜面下の岩の上に黒い虫がいた。
        胸広の赤い色で「オバボタル」だと気付いた。林の中から、こんな所に迷い出たのでしょう。
by higirinikki2 | 2016-05-07 21:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)