人気ブログランキング |

タグ:オオカモメヅル ( 10 ) タグの人気記事

■ 夏の草花 3種(4)   19.8.18   (カラスウリ、センニンソウ、オオカモメヅル)

高校野球は準々決勝4試合の日が一番おもしろいという。今日は、星稜と関東一高を応援して見ると一層おもしろい。

また草花に戻ります。


カラスウリ   19.8.10   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/400,F8
e0339873_20301332.jpg
        もうカラスウリの果実が実っていた。
e0339873_20301356.jpg
        今晩、開花する蕾だろうか?


センニンソウ   〃   ISO400 1/1250,F8
e0339873_20301362.jpg
        園路から見上げる所に咲いているところを見つけた。
e0339873_20301320.jpg
        小谷戸の里の事務所の前で、いつものように咲いていた。?


オオカモメヅル   〃   ISO3200 1/250,F5.6
e0339873_20301379.jpg
        小さい花が大きな果実になっていた。


by higirinikki2 | 2019-08-18 20:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 蔓に咲く花 3種   19.7.28   (オオカモメヅル、コバノカモメヅル、トコロ)

熱帯低気圧になった台風6号はたいしたことなく未明には通過していた。それより、夜中3時半に起きた地震には驚いた。震源が熊野灘沖でMg6.5というのに揺れたのが関東東北だけだったというのだから。東海地震の前触れでなければよいが。
今日も、高校野球決勝3試合(神奈川、埼玉、西東京)のTV観戦でぐだぐだ。梅雨明け後の猛暑が思いやられる。

園内各所で蔓に咲く花を見かける。


オオカモメヅル   19.7.26   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO6400 1/100,F8
e0339873_17561968.jpg
        小谷戸の里、某所でひっそりと花をつけ続けている。
        初めて来園して見つけることができる人はいないでしょう 。


コバノカモメヅル   7.24   〃 ISO800 1/160,F8
e0339873_17515670.jpg
        こちらは例年2か所で見られるのだが、今年は1か所が出始めに刈り取られたため、
        ここカラタチの垣に絡む株だけが花を咲かせている 。


トコロ   〃   〃 ISO800 1/500,F8
e0339873_17551512.jpg
        園路際ならどこでも見られそうな蔓草、ここは雄花をつけた雄花序が盛大に伸びている。
        因みに、雌花序は下垂するのですが、まだあまり見かけていません。

by higirinikki2 | 2019-07-28 18:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里の”小さな花”   19.6.13   (ママコノシリヌグイ、オオカモメヅル、ゼニゴケ)

本当の「梅雨晴れ」。夏日とはいえ蒸し暑くないのはありがたい。

「小谷戸の里」で見つけた「小さな花」3種です。・・・「小さな花」と言えば? そう、双子姉妹「ザピーナツ」の歌った「Petite Fleur」を思い出す。え?「そんな歌知らない」人も多いでしょうね。


ママコノシリヌグイ   19.6.13   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/125,F8
e0339873_17575479.jpg
        古民家前庭の花壇、叢の中で蕾を見つけた。
e0339873_17575425.jpg
        半ば開いた花に蟻がやって来ていた。


オオカモメヅル   〃   〃 ISO3200 1/100,F8
e0339873_17575308.jpg
        毎年、蔓を伸ばす株に小さな花が開いています。


ゼニゴケ(破れ傘)   〃   〃 ISO10000 1/200,F8
e0339873_17575436.jpg
        観察を続けてきた株(?)に花開いていた。
e0339873_17575343.jpg
        実際の眺めはジャングルのようです。と言っても、どれも1㎝mに満たない高さの「破れ傘」です。

        詳しくは ■ ゼニゴケ 破れ傘に花が咲いた?   18.6.23 をご覧ください。


by higirinikki2 | 2019-06-13 18:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 草花の果実 3種   18.10.28   (ツリフネソウ、キツリフネ、オオカモメヅル)

せっかく晴れて気持ち良い日だったが、TVから録画した大量の番組ビデオをブルーレイディスクに吸い出す作業で半日がつぶれた。

小谷戸の里で見つけた草花の果実です。撮影対象と考えていなかった草もありました。 


ツリフネソウ   18.10.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17494019.jpg



キツリフネ   〃   〃 ISO800 1/320,F5.6
e0339873_17494010.jpg



オオカモメヅル   〃   〃 ISO800 1/320,F5.6
e0339873_17494094.jpg
        今年は花が少なく果実はできないだろうなと思っていたが、ひとつだけ見つかりました。
        ちょっと情けない姿ですが、証拠写真です。



by higirinikki2 | 2018-10-28 18:00 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ コバノカモメヅルとオオカモメヅル   18.6.25

このまま梅雨が明けてしまうのではないかと思うほど、夏の暑さがきた。しばらく続きそうだ。

園内某所でコバノカモメヅルの花が咲き始めた。一方のオオカモメヅルも、蔓が伸びて花の撮影が容易になった。両方とも果実がつくといいのですが。はたして・・・。


コバノカモメヅル   18.6.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_18400854.jpg
        ネコヤナギの細い木に絡んだ蔓が高く伸びて、その先に花がついている。


オオカモメヅル   〃   〃  ISO400 1/60,F11
e0339873_18400851.jpg
        こちらは何に絡んでいるのかよくわからないが、蔓が表面に出てきたので花が目立つようになった。
        草刈りには遭わないで毎年生えてくる。


by higirinikki2 | 2018-06-25 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里の目立たぬ花 3種   18.6.22   (オオカモメヅル、ジャノヒゲ、ウマノスズクサ)

梅雨の晴れ間、蒸し暑い。家事手伝いで散策はお休みに。

小谷戸の里の内で、指摘されなければ見つけにくい花が咲いている。


オオカモメヅル   18.6.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/100,F8
e0339873_18352316.jpg
        似た名前のコバノカモメヅルとの見分けが難しい花だ。
        「多年草」だろうか、毎年同じ場所に生えてくるので、知っていれば見つけられる。


ジャノヒゲ   6.19   〃  ISO400 1/60,F8
e0339873_18352302.jpg
        こちらは葉を掻き分けて開花しているかどうか確認しないと見つからない。


ウマノスズクサ   6.21   〃  ISO1600 1/40,F7.1
e0339873_18352314.jpg
        一昨年はジャコウアゲハの幼虫が群がっていたウマノスズクサですが、
        今年は、なぜか幼虫の姿が見えない。
        無事に、この花に果実がつくだろうか?


by higirinikki2 | 2018-06-22 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ “種髪”をつけた種子   16.12.27   (オオカモメヅル、ガガイモ)

きのうの朝からきょうの昼まで、某成人病の検査で近くの病院に入院してきました。検査とはいえ、病院に入院・泊まるということは人生初めてのこと。検査自体はたいしたことはなかったのですが、6人部屋の同室者の咳と寝言に悩まされて、よく眠れませんでした。看護師さんの「眠れましたか?」の質問には「枕が変わると眠れないのです」と答えたものの、体には堪えました。本チャン入院がありませんように!

24日の散策で見つけた「“種髪”をつけた種子」です。


オオカモメヅル   16.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/2000,F8
e0339873_1875100.jpg
        いつか種髪が姿を見せたら撮影しようと思っているうちに忘れていました。
        そうとう前から袋果が裂開して種髪をつけた種子が飛んでしまっていて、残り少なになっていました。


ガガイモ   〃   〃   1/800,F8
e0339873_18115894.jpg
        11.7 に紹介した姿のすぐ傍で遅れて裂開した袋果が3つ見えます。
        こちらも撮影時期が遅れて、残った種子の数が少なくなっていました。

.
by higirinikki2 | 2016-12-27 18:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ “種髪”をつけた種子   15.11.30   (オオカモメヅル、テイカカズラ)

風もなく穏やかな晩秋の1日。午後すぐからの会議に小谷戸の里に行ってきた。

「もしや」と確認に行ったオオカモメヅルが、果実が弾けて白い種髪をつけていた。
今年もガガイモの果実を見つけられないので、標題の「“種髪”をつけた種子」は、これとテイカカズラの2種だけです。


オオカモメヅル   15.11.30   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/85,F9
e0339873_17291934.jpg
e0339873_17292678.jpg



テイカカズラ   11.21   FFUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO1600 1/14,F8
e0339873_17314921.jpg
e0339873_17315827.jpg

by higirinikki2 | 2015-11-30 17:32 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の草の果実 3種   15.10.26   (ゲンノショウコ、ウマノスズクサ、オオカモメヅル)

朝、窓を開けた途端、ヒヤッとした空気が流れ込んできて身震いしてしまった。「秋冷の候」なんて言葉を思い浮かべた。なんだか季節の進行が早いですね。

里山でも確実に季節が進んでいる。「秋の草の果実 3種」です。


ゲンノショウコ   15.10.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/170,F8
e0339873_1727098.jpg
        まだ種子は弾き飛ばされていません。じき、種子が飛ばされて「御神輿」状態になります。


ウマノスズクサ   〃   〃   1/170,F8
e0339873_17291585.jpg
        クワの木に絡んでいたウマノスズクサ、クワの枝葉が剪定された時に大事に蔓が残されたようです。
        こんな果実がいくつかぶら下がっていました。熟して果皮がめくれると、種子が顔を見せます。


オオカモメヅル   10.23   〃   1/160,F8
e0339873_1733897.jpg
        こちらも、しばらくすると種髪をつけた種子が姿を見せそうです。
by higirinikki2 | 2015-10-26 17:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 夏の花 3種 (3)   15.7.16   (オオカモメヅル、ヌスビトハギ、ミズヒキ)

西の方遠くの台風の影響の雨雲が断続的にやってきて雨、曇り空。うっかり外出できないので、休養日に。

小さい花を選んでみました。


オオカモメヅル   15.7.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/180,F8
e0339873_20115095.jpg
        毎年、花をつける株が大きく伸びていた。大きな葉の陰に小さな花が咲き始めている。
        全体の姿がよくわかりませんね。

        過去記事  オオカモメヅル

ヌスビトハギ   〃   〃   1/450,F7.1
e0339873_20143240.jpg
        園路の際で種子をつけたら棘を刺して、どこかへ運んでもらおうと待ち構えている。
        マメ科の花らしい姿をしています。

        過去記事  ヌスビトハギ

ミズヒキ   6.25   〃   1/85,F8
e0339873_20165651.jpg
        咲き始めたばかりの頃の画像です。奇をてらいすぎましたね。

        過去記事 ミズヒキ
by higirinikki2 | 2015-07-16 20:17 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)