人気ブログランキング |

タグ:ウマノスズクサ ( 8 ) タグの人気記事

■ 梅雨の草花 3種 (2)   19.7.2   (ハンゲショウ、ウマノスズクサ、ヤブカンゾウ)

西日本で大雨を降らせている梅雨前線、東ではなぜか雨量は少ない。今日は、曇り空で雨は落ちてこなかった。4日ぶりの散策に。ただ、いつ雨になるかわからないので、軽い標準ズームをつけて出た。

目立った成果は無かったので、小谷戸の里で見られる「梅雨の草花」です。


ハンゲショウ(半夏生)   19.6.26   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/125,F8
e0339873_17470001.jpg



ウマノスズクサ(馬の鈴草)   〃   〃 ISO3200 1/160,F8
e0339873_17470046.jpg



ヤブカンゾウ(藪萱草)   7.2   FUJIFILM X-T2 18-55mm ISO400 1/160,F9
e0339873_17470026.jpg



by higirinikki2 | 2019-07-02 17:55 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里の目立たぬ花 3種   18.6.22   (オオカモメヅル、ジャノヒゲ、ウマノスズクサ)

梅雨の晴れ間、蒸し暑い。家事手伝いで散策はお休みに。

小谷戸の里の内で、指摘されなければ見つけにくい花が咲いている。


オオカモメヅル   18.6.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/100,F8
e0339873_18352316.jpg
        似た名前のコバノカモメヅルとの見分けが難しい花だ。
        「多年草」だろうか、毎年同じ場所に生えてくるので、知っていれば見つけられる。


ジャノヒゲ   6.19   〃  ISO400 1/60,F8
e0339873_18352302.jpg
        こちらは葉を掻き分けて開花しているかどうか確認しないと見つからない。


ウマノスズクサ   6.21   〃  ISO1600 1/40,F7.1
e0339873_18352314.jpg
        一昨年はジャコウアゲハの幼虫が群がっていたウマノスズクサですが、
        今年は、なぜか幼虫の姿が見えない。
        無事に、この花に果実がつくだろうか?


by higirinikki2 | 2018-06-22 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 小谷戸の里の草花   17.7.17   (ウマノスズクサ、オオガハス、トロロアオイ)

連日の暑い日、さすがに休養日をとった方がよいでしょう。

「小谷戸の里」入り口の池や畑の近くで見られる草花です。


ウマノスズクサ   17.7.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0339873_18112990.jpg
        去年、ジャコウアゲハの幼虫に葉を食い尽くされたウマノスズクサ。
        今年は勢いが遅いかな?と思っていたら、あの独特な形をしている花が咲き始めていました。
        ジャコウアゲハのメスも産卵場所を探しに飛んでいました。


オオガハス   〃   〃 ISO200 1/800,F6.4
e0339873_18112903.jpg
        小谷戸池のふちに蓮池を作ってもらって何年かな?
        今年も大きな花を咲かせ始めました。


トロロアオイ   〃   〃 ISO400 1/320,F8
e0339873_18113005.jpg
        去年までの狐久保の畑から、今年は小谷戸の里の畑に移ってきました。
        和紙作りの大事な材料です。



by higirinikki2 | 2017-07-17 18:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ジャコウアゲハ幼虫がいっぱい   16.9.21

秋雨前線があるものの、なんとか曇り空に踏みとどまった1日。4日ぶりの散策では、ウマノスズクサの葉という葉にいっぱい群がっているジャコウアゲハの幼虫に目を瞠る。
これが全部、蛹になり成蝶になったら凄いことになる。


ジャコウアゲハ幼虫がいっぱい   16.9.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/170,F7.1
e0339873_18203093.jpg
        カメラの全視野に黒茶の大小の虫がいっぱい見える。
        生の目では、もっと見えるのだが写真で再現するのは難しい。


終齢幼虫?   9.17   〃   1/160,F8
e0339873_18243524.jpg
        目の前の葉の陰に大きな幼虫が。たぶん、終齢幼虫でしょう。


前蛹?   9.21   〃   1/56,F8
e0339873_18264167.jpg
        こんな竹竿の下、大きな体が縮んで見えます。
        「前蛹」の状態かな?


前蛹   9.17   〃   1/300,F8
e0339873_1829677.jpg
        別の竹竿の下、こちらは完全な「前蛹」。体を支える糸がしっかりと見えますね。


   9.21   〃   1/150,F5
e0339873_18311944.jpg
        上と同じ個体です。蛹になっていました。
        この姿を「お菊虫」と呼ぶらしいです。

.
by higirinikki2 | 2016-09-21 18:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ つる草の花   16.8.10   (ウマノスズクサ、オニドコロ、コバノカモメヅル)

今日の予想最高気温は34℃。恐れをなして休養日に。さいわい、リオオリンピックの実況、録画再放送を見て過ごす。今オリピックの日本選手はそこそこの成績を出しているので、見ていて楽しい。

最近のつる草の花です。


ウマノスズクサ   16.7.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F6.4
e0339873_204852100.jpg
        「ウマノスズクサの花は、人の笑い顔に見えるといいますよ」と教えてくれた人がいる。
        この花は、どうだろうか?


オニドコロ   8.5   〃   1/250,F5
e0339873_20523420.jpg
e0339873_20524417.jpg
        先日「暖簾のようだ」と紹介した雌株で、果実ができつつあった。
        「軍配」が3枚ずつついているように見えませんか?


コバノカモメヅル   〃   〃   1/250,F5
e0339873_20545275.jpg
e0339873_2055176.jpg
        先日「葉も蕾も見えない」と紹介した場所で、つるが伸びて蕾がいっぱいついていました。
        独特な形をした果実ができるといいのですが。

.
by higirinikki2 | 2016-08-10 20:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里で   16.7.18   (オオガハス、ウマノスズクサ、オニユリ)

今日も真夏日の予想。今年は、真夏日が予想される日は、何かのついでがなければ散策に出る気にならない。

ついでのあった16日、小谷戸の里で咲く花を急ぎ撮影した画像です。じっくりと吟味して撮った画像でないことは一目でおわかりでしょう。


オオガハス   16.7.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO100 1/240,F5.6
e0339873_210560.jpg
e0339873_2101775.jpg
        数年前まで田んぼで大繁殖していたのですが、
        その後、小谷戸の里の内に移植されています。


ウマノスズクサ   〃   〃   1/250,F1.8
e0339873_2131537.jpg
        小さな葉がいっぱい、花も小さいのがいっぱい。急ぎ撮影では、上手に撮れません。


オニユリ   〃   〃   1/85,F5.6
e0339873_2151961.jpg
        「小谷戸屋」の脇で、ムカゴをいっぱいつけて橙色の花を咲かせ始めている。
by higirinikki2 | 2016-07-18 21:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の果実 3種   15.11.28   (ヤマユリ、フヨウ、ウマノスズクサ)

きのうに続いて冬の青空。先月亡くなった義弟の「49日法要」に行ってきました。

里山で見つけた果実3種です。


ヤマユリ   15.11.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/120,F8
e0339873_20204910.jpg
        「宮田池」に降りていく山道、夏に咲いたヤマユリが果実をつけていた。
        ヤマユリの繁殖方法は、この「種子散布」もそのひとつです。


フヨウ   〃   〃   1/1000,F8
e0339873_20234872.jpg
        小谷戸の里、足洗い場に降りる階段の脇にある。
        目の前で果実が割れて種子を観察できる。細かい羽毛がついた種子です。


ウマノスズクサ   11.24   〃   1/170,F6.4
e0339873_20265952.jpg
        園内某所で観察を続けていたウマノスズクサの果実が裂開して、種子が顔をのぞかせていた。
        風に吹き出されて周囲に飛散していくのでしょう。
by higirinikki2 | 2015-11-28 20:29 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 秋の草の果実 3種   15.10.26   (ゲンノショウコ、ウマノスズクサ、オオカモメヅル)

朝、窓を開けた途端、ヒヤッとした空気が流れ込んできて身震いしてしまった。「秋冷の候」なんて言葉を思い浮かべた。なんだか季節の進行が早いですね。

里山でも確実に季節が進んでいる。「秋の草の果実 3種」です。


ゲンノショウコ   15.10.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/170,F8
e0339873_1727098.jpg
        まだ種子は弾き飛ばされていません。じき、種子が飛ばされて「御神輿」状態になります。


ウマノスズクサ   〃   〃   1/170,F8
e0339873_17291585.jpg
        クワの木に絡んでいたウマノスズクサ、クワの枝葉が剪定された時に大事に蔓が残されたようです。
        こんな果実がいくつかぶら下がっていました。熟して果皮がめくれると、種子が顔を見せます。


オオカモメヅル   10.23   〃   1/160,F8
e0339873_1733897.jpg
        こちらも、しばらくすると種髪をつけた種子が姿を見せそうです。
by higirinikki2 | 2015-10-26 17:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)