タグ:イチモンジチョウ ( 5 ) タグの人気記事

■ 蝶の裏翅 3種   18.5.8   (コチャバネセセリ、イチモンジチョウ、サトキマダラヒカゲ)

奄美、沖縄が梅雨入りしたという。前線の先触れか、雨降りの寒い1日だ。遊び疲れをとるべく休養日に。

早くもゼフ第1弾が姿を見せたらしい。獲りに撮りに行きたい。
そのほかの蝶も続々と姿を見せている。珍しくもない蝶の裏翅を集めました。


コチャバネセセリ   18.5.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/250,F6.4
e0339873_17333886.jpg
        ありふれた蝶ですが、出現初期は目新しくてどのセセリチョウなのか目を凝らすことが多い。
        結局、「なーんだ、コチャか」ということが多いのですが。


イチモンジチョウ   5.4   〃 ISO800 1/2000,F6.4
e0339873_17333851.jpg
        ふだんは、開翅して白い「一文字」模様を見せてくれる。
        このように翅を立てて裏側を見せてくれると、この白と橙茶色と黒の強いコントラストが目を引き付ける。


サトキマダラヒカゲ   〃   〃 ISO800 1/160,F6.4
e0339873_17334311.jpg
        こちらは、飛んでいる時くらいしか表翅が見えず、翅をたててとまっているところしか撮影できない。
        見栄えのしない表翅ですが、たまには撮影したいものです。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-05-08 17:49 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 中・大型の蝶 3種   17.9.10   (イチモンジチョウ、カラスアゲハ、ツマグロヒョウモン)

中・大型の蝶の面翅を撮る機会が重なった。葉陰などにいてフラッシュを焚くと、見た目の色合いと違って見える。


イチモンジチョウ   17.8.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_13504976.jpg
        葉陰で全開翅する姿をよく見るが、陽光の下で見る色とは違うように見える。
        フラッシュ光の下とも違うようです。


カラスアゲハ   8.30   〃  ISO3200 1/250,F8
e0339873_13504866.jpg
        こちらも陽光の下で全開翅したところを撮ったことがない。
        飛んでいる時の表翅の色とは違う。


ツマグロヒョウモン   〃   〃  ISO400 1/320,F8
e0339873_13504871.jpg
        田んぼの畔の草の間に潜り込んで動いている。
        産卵場所を探しているようでした。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-09-10 17:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 中型の蝶 3種   17.8.26   (サトキマダラヒカゲ、イチモンジチョウ、クロコノマチョウ)

午後から雨模様との予報が外れたようで暑い日に。外に出る気がせず「休養日」に。

最近出会った「中型の蝶」たちです。


サトキマダラヒカゲ   17.8.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/80,F8
e0339873_17020351.jpg
        羽化出現の時期があるのか、最近まで姿を見ていなかった蝶です。


イチモンジチョウ   〃   〃  ISO800 1/320,F8
e0339873_17020370.jpg
        こちらはよく姿を見るのだが、撮影したのは久しぶりでした。


クロコノマチョウ   8.18   〃  ISO3200 1/60,F8
e0339873_17020429.jpg
        小さい幼虫はよく見たのですが、大型化し蛹になった姿を見ていない。
        黒くて丸っぽい姿、「夏型」だと思います。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-26 17:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ リョウブの花に来た虫たち   15.6.18   (コガタスズメバチ、カラスアゲハ、イチモンジチョウ)

今日もまた一日中はっきりしない天気、よって「休養日」とした。

きのうの散策で、小谷戸の里のリョウブが白い花を咲かせはじめていた。虫たちにとっての「食糧倉庫」だから、多くの虫がやってくる。
こちらのお目当ては「トラフシジミ」だが見つからず、その虫たちをお目当てにする怖いスズメバチが2頭飛び交っていた。やって来る虫たちは、他にもまだまだいるので、またここに行かなければ。


コガタスズメバチ   15.6.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/220,F8
e0339873_18382054.jpg


カラスアゲハ
e0339873_1839018.jpg


イチモンジチョウ
e0339873_18394192.jpg


ミドリシジミ
e0339873_18402732.jpg


ヒカゲチョウ
e0339873_1841963.jpg


クロベッコウハナアブ
e0339873_18443076.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2015-06-18 18:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初夏のチョウ 3種   15.5.20   (テングチョウ、イチモンジチョウ、アカシジミ)

夜半の雨が上がって、また暑さが戻ってきた。ゼフ第2陣のお出ましも予想されるので、今日も出陣。
アカシジミがいたが、ほかは見つからず。越冬した個体から産まれたテングチョウや、イチモンジチョウが目についた。


アカシジミ   15.5.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/240,F8
e0339873_20271648.jpg
e0339873_20273496.jpg
        「え?こんなところに」という場所にアカシジミを見つけた。
        可哀そうに、羽化不全のようで左下翅が欠損しているようだった。
e0339873_20291793.jpg
        すぐ傍の樹上に完全個体がいた。


テングチョウ   〃   〃   1/800,F8
e0339873_20305710.jpg
        あちこちで見かけるのだが、とまる所といえば、こんな石ころ道の上。「絵」になりませんね。


イチモンジチョウ   〃   〃  ISO400 1/100,F6.4
e0339873_20331563.jpg
        翅を閉じたり、開いたりするイチモンジチョウ。表と裏の違いの大きいこと。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-20 20:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)