人気ブログランキング |

タグ:イチモジフユナミシャク ( 5 ) タグの人気記事

■ ウスバフユシャク   19.1.13

北風は冷たいが、谷戸では弱く日なたは暖かい。今日もカワセミしか会わず。

「おおなばの丘」にはフユシャク探しらしき人を見かけた。その後に行ってみたら、コナラの木にウスバフユシャクがいた。トイレや木柵以外で見つけたのは初めてかな?


ウスバフユシャク ♂   19.1.13   FUJIFILM X-T2 100-400mm ISO200 1/800,F5.6
e0339873_18265556.jpg


〃 ♀ ?   〃   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO640 1/80,F8
e0339873_18264790.jpg
        木柵にいた♀フユシャク。同定不能です。


イチモジフユナミシャク ♀   1.10   〃 ISO640 1/100,F9
e0339873_18264767.jpg

   1.11   〃 ISO640 1/500,F9
e0339873_18264715.jpg



by higirinikki2 | 2019-01-13 18:42 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャク第2陣   19.1.5   (イチモジフユナミシャク)

年末から青空の日が続いている。しかも、今日は15℃近くの暖かな日に。午前中、通院で時間をとられて散策に出たのは2時近く。狙い目の鳥には出会えず。

そろそろ引き揚げようと一脚を仕舞始めた時、背中側から「フユシャク♀だ」という声が聞こえた。なんと、年末から毎回、樹の肌を捜し続けていた「イボタ」の木にいた、という。
望遠レンズでやっと撮影できたのが、「イチモジフユナミシャク」の♀でした。


イチモジフユナミシャク 1   19.1.5   FUJIFILM X-T2 100-400m ISO800 1/200,F5
e0339873_17583406.jpg
        2mくらいの高さに。

〃 2   〃   〃 ISO800 1/160,F5
e0339873_17583436.jpg
        主幹の目の前にいました。

〃 3   〃   〃 ISO800 1/125,F5.6
e0339873_17583471.jpg
        3mくらい見上げる場所に。

        蛹から成虫に羽化するのは地面近くとのことです。

        翅が退化して飛べない♀にとって、1.5~3mもの高い場所に移動していくのは大変な仕事だと思います。
        フェロモンを発して♂がやってくるのは、夜間のことらしい。頑張れ!

   
by higirinikki2 | 2019-01-05 18:08 | ・フユシャク | Comments(2)

■ フユシャク 第3陣   18.1.4   (イチモジフユナミシャク、シロオビフユシャク)

きのうとかわって風もない青空。仕事始めの日のせいか、10時前から2時頃までの「アリスイ劇場」の観客席には大勢(驚くほど多勢)のカメラマンが詰めかけていた。

そんなカメラマンに背を向けて、フユシャク狙いの「虫屋」さんが盛り上がっている。そのきっかけは、私が見つけたフユシャク♀。食草(?)のイボタノキを毎日覗き込んでいた成果がこれです。


イチモジフユナミシャク ♀ 1   18.1.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F5.6
e0339873_17194511.jpg
        ちょうど目の高さの位置に苔に擬態したかのようにちんまりととまっています。
        散策のたび毎回覗き込んでいる木肌に見つけた時の喜びったらない。
        思わずちかくにいる同好の「虫屋」さんに声をかけていました。


〃2   〃   〃 1/250,F5.6
e0339873_17194514.jpg
        するとお仲間がすぐに見つけてくれたのが、これ。
        「イボタの黒い実をバックにするといいよ」と教えてくれた。


シロオビフユシャク   〃   〃 ISO3200 1/50,F4.5
e0339873_17194546.jpg
        いつものトイレの白壁に、今季初見の姿を見つけました。


by higirinikki2 | 2018-01-04 17:30 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャクが出始めた   17.1.10   (イチモジフユナミシャク、シロオビフユシャク、ほか)

すっかり晴れ上がって冬らしい日に。

アリスイ待ちのカメラマンに背を向けてのフユシャク探し。年末からずっと探し続けてきた「イチモジフユナミシャク」の ♀ が、ようやく姿を見せてくれた。


イチモジフユナミシャク ♀   17.1.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_18121655.jpg
e0339873_18122592.jpg
        「もっといるかも」と探したら、上の方にもう1匹見つけた。
e0339873_18144349.jpg
        両方とも青いタイプだ。
        このイボタの樹には毎年出現するのだが、今年はいつもより遅かった。

        過去記事 イチモジフユナミシャク


シロオビフユシャク ♂   1.9   〃  ISO1600 1/60,F5.6
e0339873_18191532.jpg
        山道往路で気づかなかったが、復路で目の前の木柵に見つけた。
        新鮮個体らしく綺麗だ。

        過去記事 シロオビフユシャク


? ♂   〃   〃  ISO800 1/80,F6.4
e0339873_18294485.jpg
        同じ日の往路で見つけた。羽化直後なのだろうか、無理矢理、翅を広げさせようとしたのだが、
        広げなかったので、同定困難です。


ナミスジフユナミシャク ♂   1.4   〃  ISO800 1/160,F10
e0339873_18263938.jpg
        2階の孫娘たちと古民家に遊びに行った帰り道、トイレで撮影した。
        1年間のブランクがあると、種名はすぐには思い浮かばない。

        過去記事 ナミスジフユナミシャク


? ♂   12.30   〃  ISO1600 1/30,F6.4
e0339873_18314848.jpg
        年末、同じトイレのガラス窓にとまっていた。
        撮影しにくい場所だったので、画像が鮮明でなく同定困難です。

.
by higirinikki2 | 2017-01-10 18:33 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャク第2弾 イチモジフユナミシャク   15.12.28

暮も押し詰まってきました。小谷戸の里で「正月飾り」を買ってきました。前後に散策。

この時期でもカメラマンが10人前後、水車小屋向かいのマユミに砲列をしいていました。散歩する人たちが邪魔することも気づかず歩いています。

その外れのイボタノキには、フユシャク第2弾 「イチモジフユナミシャク」 が姿を見せ始めました。


イチモジフユナミシャク ♀ 1   15.12.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/105,F8
e0339873_17382967.jpg
e0339873_17383721.jpg
        園内地理に明るい人なら、ここがどこかわかりますね。
        この木には、昨年もいっぱい♀が出現していたので、この♀もその子の1匹でしょう。

〃 2   12.28   〃   1/1200,F8
e0339873_17422625.jpg
        散策お仲間のUさんにお知らせした場所、今日も2匹目がいました。

〃 3   〃   〃   1/950,F8
e0339873_1744582.jpg
e0339873_17441598.jpg
        今日の2匹目は私が見つけました。横からしか撮影できませんが、腹が大きく膨らんだ♀です。

        過去記事  イチモジフユナミシャク
by higirinikki2 | 2015-12-28 17:45 | ・フユシャク | Comments(0)