■ 擬態する虫たち(3)   18.2.22

天気予報が中ったのか、外れたのか、朝から冷たい雨が降り続いている。ので、今日も休養日に。連日のメダルラッシュでオリンピックがおもしろい。

「二人展・擬態する虫たち」の続きです。


擬態する虫たち


隠蔽型擬態 4 背景に溶け込み、自身の姿を隠す

     ハナグモ   ヤブガラシの花に紛れる
e0339873_15053959.jpg
        たっぷりと蜜を出すヤブガラシの花にやってくる、ハエやアリを捕捉しようと待ち構えているハナグモ。
        よく見るとダニにとりつかれているようですが、それが一層ヤブガラシの花に似せています。


隠蔽型擬態 5 鳥の糞に似せる

     オオトリノフンダマシ   蘆の葉で
e0339873_15054688.jpg
        鳥の糞に擬態した蜘蛛です。
        背中の目玉模様もビックリ効果を狙ったものかな?


     チャバネフユエダシャク ♀  木柵の上で
e0339873_15055088.jpg
        通りすがりに目撃すれば「ああ、鳥の糞が落ちている」と思いますが、よく見ると肢が見えます。
        冬だけに出現する「フユシャク」の仲間の雌です。
        翅が退化して飛べません。フェロモンを発して♂を呼び寄せる習性がある蛾です。



[PR]
# by higirinikki2 | 2018-02-22 17:23 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 擬態する虫たち(2)   18.2.21

薄曇りの寒い日。ひさしぶりに休養日として、冬季オリンピック女子フィギュアスケートと男子カーリング中継を見た。「氷上のチェス」カーリングがおもしろい。

「二人展・擬態する虫たち」の続きです。


擬態する虫たち


隠蔽型擬態 2 樹肌そっくりにして隠れる

     マダラアシゾウムシ   ヌルデの樹肌に
e0339873_16393919.jpg
        穴だらけの体にこぶ状の突起があり、肢には輪状の斑紋があるゾウムシ。
        「ここにいるはず」と知っていたので、頭を下にしているのを見つけた。
        ヌルデの樹肌にそっくりで、斜めから見ないかぎり見つけるのは無理です。
        このヌルデの老木で毎年見られたたのだが、枯れて切り倒されて以来見つけていません。


     ニイニイゼミ   クスノキの樹肌に
e0339873_16393298.jpg
        クスノキの樹肌に何か虫がいないかと観察していると、飛んできた。
        あまりに樹肌に溶け込んでいるのでビックリ。そうでなければ見つけるのは無理です。
        桜や松の木でも高いところにとまっていると、「声はすれども姿は見えず」見つからないでしょうね。


隠蔽型擬態 3 木についた地衣そっくりの姿に

     キスジコヤガ   梅の老木に
e0339873_16393229.jpg
        瓜久保の梅の老木の樹肌にコケ(地衣)がついていた。
        なにげなく斜めから見た時、背中を丸めた虫らしきものに気づいた。
        これが蛾の幼虫とは。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-02-21 17:12 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 「二人展」から   18.2.20

「二人展」を終えて、1週間ぶりに散策に出ました。いろいろの鳥に会えましたが、その報告は後日にして、しばらく「二人展」の内容を掲載したいと思います。


擬態する虫たち

15年間、舞岡公園で撮り貯めた写真の中から「擬態する虫たち」を集めてみました。いろいろとビックリする姿をした虫がいるものですよ。お楽しみください。

「擬態」とは、動物が周囲にある物や,他の動植物に似た形や色彩または姿勢をもつことですが、その目的などで以下の分類ができます。

隠蔽型擬態  体の色や形を、背景や環境にそっくりな姿をすることで目立たなくし、
         捕食者、獲物から発見されないようにする。

標識的擬態  捕食者を警戒させるのが目的で、周囲から目立つ様にする。



隠蔽型擬態 1 別の植物の姿に似せて目立たなくする

     枯れ葉に似せる   ムラサキシャチホコ
e0339873_16523811.jpg
        まるで枯れ葉が丸まって緑の葉の上にのっているとしか見えませんね。
        これが蛾だとはとても思えませんが、翅の表面に描かれた模様が「だまし絵」になっているのです。
        幼虫がオニグルミの葉を食草にしているので、このあたりに出現するそうです。
        5年前の5月に撮影されて以来、毎年5月に探索していて見つからず
        昨年7月に見つかって、私にもその情報が廻ってきた次第です。


     小枝に似せる    シャクトリムシ
e0339873_16523905.jpg
        ぴんと伸びた姿は小枝そのものです。
        ただ木柵の上に小枝があるのが不自然で、私に見つかってしまいました。
        これが木の幹についていれば、絶対に虫とは見えません。


     若葉に似せる    アカボシゴマダラ幼虫
e0339873_16523915.jpg
        どこに蛹がいるかわかりますか?
        そう、「日の丸構図」写真ですから、真ん中の葉に見えるのが蛹です。
        幼虫の食草であるエノキの若葉にそっくりです。
        葉脈や鋸歯までそっくりに擬態していますね。
        ぼんやり見ていると見つけ出すことはできないでしょう。
        食われたエノキの葉が見つかれば幼虫が見つかります。
        その木を観察していれば後日、蛹が見つかりますよ。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-02-20 17:09 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 絵手紙   18.2.19

「二人展」がおわりました。通算12日間の長丁場を無事に乗り切りました。疲れましたが大いなる達成感を得て、ふたりでささやかに祝杯を挙げました。

会期中、「絵手紙をお借りしたい」との申し出を受けました。「戸塚区公園愛護会展示会」を賑やかすために、ということで嬉しいことですので快諾しました。お貸しする額と、展示会の案内です。


絵手紙「旅の思い出」
e0339873_21183002.jpg


絵手紙「絵手紙で四季」
e0339873_21183051.jpg


「戸塚区公園愛護会展示会」ご案内
e0339873_21352416.jpg



[PR]
# by higirinikki2 | 2018-02-19 21:36 | Comments(4)

■ 鳥 3種(2)   18.2.18   (ハクセキレイ、シロハラ、シメ)

「二人展」11日目、閉館間際に田んぼ仲間のAさんが来てくれた。大学受験中の娘さんがいます。

14日以来、ずっと会場詰めで散策できず在庫切れ寸前です。搔き集めた鳥たちです。


ハクセキレイ   18.2.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1250,F8
e0339873_19125922.jpg
        アリスイ劇場の目の下近くで尻を上下させている。
        色合いから見ると♀かな?あるいは幼鳥かも。


シロハラ   2.13   〃 1/100,F6.4
e0339873_19130017.jpg
        トラツグミも姿を見せる堆肥の傍で落ち葉をひっくり返していました。


シメ   〃   〃 1/200,F8
e0339873_19130028.jpg
        今年、姿を見せているシメです。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-02-18 19:19 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)