人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ サクラ 4種   19.3.31   (染井吉野、大島桜、山桜、枝垂れ桜)

晴れて「花見日和」が予想されたが、曇り空であいかわらず風が冷たい。それでも、園内の各種の桜が満開になっている。染井吉野の植えられている園内の広場では、敷物や簡易テントを拡げて花見を楽しむ人たちで賑やかだった。


大島桜   19.3.31   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/1600,F5.6
e0339873_18291130.jpg


山桜
e0339873_18291040.jpg


枝垂れ桜
e0339873_18291170.jpg


染井吉野
e0339873_18291122.jpg


〃 花見風景   〃   CANON PowerShot 8.8-36.8mm ISO400 1/125,F8
e0339873_18291038.jpg
e0339873_18291149.jpg
e0339873_18291152.jpg



by higirinikki2 | 2019-03-31 19:13 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   19.3.30   (シラヒゲハエトリ、ヤマシロオニグモ、クサグモ)

風は冷たいが満開の桜を散らせるほどには吹いていない。昼、新潟に嫁いだ娘の高校からの親友が、湘南台駅近くに開店したばかりのイタリア料理店「Trattoria Adriana」に、お祝いの食事に妻と行ってきました。2種類のパスタ料理をシェアしてただきました。美味しく、リーズナブルなお値段でした。

最近の在庫写真から「蜘蛛 3種」です。


シラヒゲハエトリ ♂   19.3.27   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO200 1/100,F8
e0339873_17390073.jpg
        白壁で見ることの多い白い蜘蛛です。この日は、トイレの板壁で見つけました。


ヤマシロオニグモ ♀   3.26   〃 ISO800 1/800,F8
e0339873_17390106.jpg
        狐久保の広場へ行く途中、高い木からぶら下がっている蜘蛛が目の前に見えてビックリ。
        大型の蜘蛛だったので、風で大きく揺れる姿を苦労して撮りました。


クサグモ 幼体   3.18   〃 ISO400 1/640,F8
e0339873_17390112.jpg
        「情報館」横の竹垣の中にごくごく小さい赤い蜘蛛がいました。クサグモの幼体のようです。


by higirinikki2 | 2019-03-30 17:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春の花 3種 (2)   19.3.29   (枝垂れ桜、海棠、花桃)

「花冷え」? 寒い1日でした。

きのうの小谷戸の里で見つけた花木です。


枝垂れ桜   19.3.28   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/2000,F8
e0339873_17360155.jpg
        大門脇の枝垂れ桜が開花し始めていた。真下からの画像です。


海棠   〃   〃 ISO800 1/500,F8
e0339873_17360278.jpg
        事務所の前で毎年、花をつけている海棠です。
        2年前くらいに強く刈り込まれた少ない枝に、せいいっぱいの花が咲き始めていた。


花桃   〃   〃 ISO800 1/200,F8
e0339873_17360249.jpg
        ピンクと赤い花桃が同じ視界で満開でした。


by higirinikki2 | 2019-03-29 17:44 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の花 3種   19.3.28   (センボンヤリ、セントウソウ、ヒトリシズカ)

せっかく「横浜」で満開になった染井吉野だが、天気は下り坂で週末にかけての「お花見」は盛り上がらないかもしれない。

曇り空の午後、80mm/macroレンズの練習台として小谷戸の里の花を撮ってきました。


センボンヤリ   19.3.28   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/250,F9
e0339873_18362408.jpg
e0339873_18362479.jpg
        センボンヤリは、春と。秋の2回花をつける。 
        春先に咲く春型の花茎は高さ10cmくらいになり、4-6月頃、径1.5cmの頭花をつける。
        春型の頭花には、縁1列に舌状花がつき、中央には筒状花がつく。
        筒状花はめしべとおしべを備える両性花で、舌状花はめしべだけが機能する雌花である。
        花の色は白から赤紫で、ムラサキタンポポの別名はこの春花に由来する。  (Wikipedia より引用)


セントウソウ   〃   〃 ISO800 1/50,F16
e0339873_18362540.jpg
e0339873_18362586.jpg
        セリ科セントウソウ属の小柄な草で、早春に花が咲く。
        花は4-5月に咲く、真っ白な5枚花弁は先端がわずかに内側に曲がり、5本の白い雄蕊が突き出る。
        花茎は高さ10-30cm、密生する葉の上に抜き出て複散形花序をなし、苞葉はない。
        個々の花は小さくて目立たないが、白くてまとまってつくので、
        薄暗い林床では全体としてはよく目立つ。 (Wikipedia より引用)


ヒトリシズカ   〃   〃 ISO800 1/125,F6.4
e0339873_18362517.jpg
e0339873_18362532.jpg
        センリョウ科 チャラン属の多年草。 
         高さは10-30cm。葉は4枚が輪生状に付き光沢があり、縁には鋸歯がある。
         花期は4-5月で、茎の先に1本の穂状花序を出し、ブラシ状の小さな白い花をつける。 (Wikipedia より引用)


by higirinikki2 | 2019-03-28 19:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 今季初認の虫 3種   19.3.27   (ナミアゲハ、モモブトカミキリモドキ、ヤブキリ)

気温が20℃近くまで上がるとの予報だが風が冷たい。

春の定番の蝶、ツマキチョウやトラフシジミの飛翔の情報があるものの、なかなか出会えない。運も力もない私?
春先に見られる虫3種です。


ナミアゲハ   19.3.27   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO200 1/250,F8
e0339873_17262939.jpg
        長久保の入り口の井戸のあたりで、黒っぽい蝶が飛ぶのが見えた。
        中の斜面のタンポポにとまっている蝶、80mmレンズでは小さくしか撮れない。
        拡大してみると、春一番子、黒っぽい小形のナミアゲハでした。


モモブトカミキリモドキ   〃   〃 ISO400 1/1600,F8
e0339873_17263046.jpg
        狐久保に入る道の斜面のタンポポが満開近くなってきた。
        これも春定番のモモブトカミキリモドキの姿を捜す。
        いました。モモの細い♀でした。


ヤブキリ   〃   〃 ISO400 1/1500,F8
e0339873_17263043.jpg
        隣りの花には、これも定番のヤブキリの若齢幼虫がいました。


by higirinikki2 | 2019-03-27 17:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 桜の樹液   19.3.26

また天気予報が外れたのか、朝の雨戸を開けると小雨が降っていた。午後、陽ざしが出たので公園散策をした。ウグイスが賑やかに鳴き交わしているが「声はすれども姿は見えず」

だいぶ傷んでいる桜の幹に、陽に輝く水飴のようなものを発見。
どうやら幹に産み付けられて潜り込んだ「コスカシバ」の幼虫が齧った傷を治そうと樹液が出てきたものようです。


桜の樹液 逆光で   19.3.26   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/320,F5.6
e0339873_18074157.jpg


〃 順光で   〃   〃 ISO1600 1/400,F16
e0339873_18074187.jpg
e0339873_18074289.jpg
e0339873_18074195.jpg
        いつもは桜の幹には汚いヤニが付いている、と思っていました。
        こんな透明感のある水飴や硝子細工を思わせる樹液も出るのですね。


        さて「桜の樹液」で検索をかけると、ブログ友「かえで☆」さんの記事が上位に出ていたのでビックリ。
        この記事です。 2011年11月18日 桜の樹液 ぜひご覧ください。


        なお、ここに出てきた桜の害虫「コスカシバ」の成虫はハチに擬態する虫の例として、
        当ブログに登場しています。

コスカシバ   17.7.14   〃  ISO3200 1/50,F8
e0339873_20514922.jpg
        一見してすぐおわかりですね。
        そう、蜂に擬態しているのです。鱗粉を落として透明の翅にしています。


by higirinikki2 | 2019-03-26 18:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 蜘蛛 3種   19.3.25   (ネコハエトリ、アシナガグモ、イオウイロハシリグモ)

暖かな春の日に戻った。が、風は冷たい。この冷たさに、春の蝶の飛ぶ姿が少ない。冬鳥を見かけることが少なくなり、フィールドには鳥撮りカメラマンを見かけなくなった。

まさに「端境期」。蜘蛛でも探すか。


ネコハエトリ   19.3.22   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO800 1/640,F8
e0339873_18310639.jpg
        「ちゃりこば」さんと杭周りを捜すと、いました。
       餌食になっているのは、ハエではなくワカバグモでしょうかね。


アシナガグモ   〃   〃 ISO800 1/125,F8
e0339873_18310686.jpg
        やけに長い肢をした蜘蛛だなと思ったら、その名も「アシナガグモ」(まんま!)です。
        (見やすくするため、90度回転しています。左が下になります)


イオウイロハシリグモ 斑タイプ   3.25   〃 ISO2800 1/250,F8
e0339873_18310640.jpg
        地面に落ちた枯れ葉の間を動き回っていました。


by higirinikki2 | 2019-03-25 19:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 中学吹奏楽部 コンサートに行く   19.3.24

朝はぐっと冷え込んでいたが、抜けるような青空。

妻の友人のお誘いで、地元の中学の吹奏楽部「スプリングコンサート」に行ってきました。
今まで、日曜日には「朝錬」のラッパの音が聞こえてきて「うるさいな」と思ったことがありました。でも、今日の演奏を聴いて「これほどの実力があったんだ」とビックリしました。東関東大会で銀賞をとったということでした。
これからは朝錬の音が聞こえた時は、騒音ではなくほほえましく聞こえることと思います。


スプリングコンサート   19.3.24   CANON PowerShot 8.8-36.8mm ISO3200 1/60,F7.1
e0339873_18215521.jpg



雪の富士山   〃   〃 ISO400 1/400,F5.6
e0339873_18215433.jpg
        朝の散策途中、真っ白な雪を頭にのせた富士山がチラッと見えた。全容の見えるスポットに行って見た。
e0339873_18215526.jpg
        電線が邪魔なスポットです。


by higirinikki2 | 2019-03-24 19:12 | おでかけ | Comments(0)

■ 春先のチョウ 3種   19.3.23   (ルリシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ)

寒い!一気に真冬を思わせる寒さに戻ってしまった。1日、家に引き籠っていた。

きのうまでの連日の暖かさで、ともに蛹で越冬して羽化・出現が待たれていた新生蝶のルリシジミとベニシジミの姿をやっと見ることができた。


ルリシジミ ♀   19.3.22   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO200 1/3200,F2.8
e0339873_17472451.jpg
        前翅が傷んで左の表翅が見える。どうやら♀のようです。

〃 ♂   3.17   〃  ISO400 1/1250,F8
e0339873_17472589.jpg
e0339873_17472472.jpg
        表翅は鮮やかなブルー、♂です。この17日以来、ルリシジミにはずっと出会わなかったです。


ベニシジミ   3.22   〃 ISO200 1/3200,F2.8
e0339873_17472580.jpg
e0339873_17472594.jpg
        同じ蛹で越冬して、暖かな日が続いてこの春の新生蝶を見ることができる。
        やっと新生蝶をみることができました。


モンシロチョウ   〃   〃 ISO200 1/600,F8
e0339873_17472565.jpg
        これも新生蝶のモンシロチョウ、順調に姿が増えています。
        ヒメオドリコソウの花で吸蜜しているようです。
 
e0339873_17472555.jpg
        目の模様がおもしろい等倍切り出し画像です。  

     

by higirinikki2 | 2019-03-23 18:05 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ ミクロな虫の世界   19.3.22

気温はきのうより上がったかと思うくらい暖かな日に。薄着で出ても背中に感じる暑さは完全に春。

瓜久保の入り口で観察仲間の「ちゃりこば」さんに会う。かっぱ池の木柵の杭がコンクリ擬木になってしまっている。「ここの杭や柵にはお世話になったのだが」と話しながら虫探し。名前不明の極小の虫を探し出したものの、種名は不明です。


ヤマトヒメカゲロウ ?   19.3.22   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/125,F8
e0339873_17410498.jpg
        ディスタンスは30㎝くらい。こんな小さな画像です。
e0339873_17410485.jpg
        トリミングしました。その場では種はわからない。
        ネット検索で辿り着いた「ヤマトヒメカゲロウ」だとすれば、普通にみられる種のようです。


ソラマメヒゲナガアブラムシ   〃   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_17410484.jpg
e0339873_17410494.jpg
        正面の顔が見えませんが、腹の色合い・模様が綺麗です。

        ネット検索したところ身近なサイトで紹介されていることを見つけました。
        時々、誤りをご指摘いただく「そら」さんの「ご近所の小さな生き物たち」の記事です。
            ソラマメヒゲナガアブラムシ有翅型

        もう一つ別のサイトですが、この記事 も参考になりました。


ブチヒラタナガカメムシ ?   〃   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_17410465.jpg
e0339873_17410428.jpg
        こちらも背中が見えないので同定材料が少ない。
        目が見慣れないの位置にあるので、じっくり探せば同定できるかも。

        これも購入しておきながら、じっくりと見ていなかった 「カメムシ博士入門」 に掲載されている写真に
        よく似ていることを見つけました。


by higirinikki2 | 2019-03-22 17:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)