<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 春の野の草花   18.3.31   (キランソウ、ハルジオン、ヘビイチゴ)

これで何日晴れの日が続いているのだろうか。気持ち良い風が吹いて「春」という気分が横溢してくる。

春の野で見つけた花です。


キランソウ   18.3.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/60,F4.5
e0339873_16443273.jpg
        「地獄の釜の蓋」という恐ろし気な名前がついている。
        早春、泥を被った草の隙間から青紫色の花が顔をのぞかせる。
        よく探せば、だんだんと見つかる数が増えてくる。


ヘビイチゴ   3.28   〃 1/1600,F5
e0339873_16443252.jpg
        陽当たりのよい斜面で大きな黄色い花を見つけた。
        タチツボスミレと仲良く咲いていた。


ハルジオン   〃   〃 1/1600,F5
e0339873_16443231.jpg
        ありそうで見つからなかった今季初見のハルジオンの白い花です。
        これから谷戸の草原で、昆虫と仲良しシーンを沢山見せてくれるでしょう。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-31 16:54 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ サクラサク (6)   18.3.30   (柏尾川、大岡川)

北の冷たい高気圧の南下のせいか強い冷たい北風が吹いて、暖かな日に慣れた身体にはちと寒い日。でも陽射しは暖かいので、柏尾川と大岡川をさっと花見してきた。


柏尾川右岸堤防のさくら   18.3.30   Canon PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/1250,F5.6
e0339873_16101276.jpg
        JR戸塚駅から下流右岸の堤防に古くから桜並木がある。
       老木の一部更新も行われて手近な花見場所として賑わう所です。

戸塚駅
e0339873_16101201.jpg
        振り返って戸塚駅を見ると、NEX(成田エクスプレス)が停車しているところでした.


大岡川右岸堤防のさくら   3.30   〃  ISO125 1/1250,F3.2
e0339873_16101255.jpg
        横浜市営地下鉄「弘明寺」駅近くの大岡川、下流方向。
e0339873_16101217.jpg
        右岸の川に降りることができる。
e0339873_16101348.jpg
        大きな花筏ができていた。
e0339873_16101350.jpg
        左岸から2枚上の写真の河原を見る。

        今夜から、春休みを利用して新潟の娘と孫娘3人が4泊5日で遊びに来る。
        長女が新潟随一の進学高校に合格したお祝いをせねば。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-30 16:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 気になる黄色い花 ヒメリュウキンカ   18.3.29

今日も気温が上がって初夏のような陽気。ご近所の桜の木はどこに行っても満開で、ようやく花が散り始めた川沿いの桜並木では「花筏」もみられそうだ。
今日は戸塚図書館に行きがてら「柏尾川」の土手上の桜並木を歩いてきました。近くの「大岡川の桜」も見頃でしょう。 

サクラを離れて、気になる黄色い花の話題です。
厳密には「舞岡公園」ではないのですが、その途中の「小川アメニティ」沿いの道端に黄色い花が群生していました。一見遠目にはキンポウゲやリュウキンカかと見紛うのですが、近寄って見ると違います。
ネット検索で、ようやく元は外来の園芸種である「ヒメリュウキンカ」ではないかと見当をつけました。
もしそうだとすると、誰かがここにタネを播いた結果、繁殖しているものと思えます。
「綺麗な花だ」と舞岡公園内に播種する心得違いの人が現れないといいのですが。


ヒメリュウキンカ   18.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F5
e0339873_18012653.jpg
e0339873_18012531.jpg
        こんなふうに群生しています。
        半日蔭の道沿いでは黄色い花が目立ちます。
e0339873_18012681.jpg
e0339873_18012680.jpg
        キンポウゲやリュウキンカとは違いますね。
        いかにも繁殖力が強そうな植物にみえます。

        ヒメリュウキンカ
        開花時期   2月、3月、4月
        花の色    黄
        分布     原産地はヨーロッパ及びシベリア
               日本へは園芸用として渡来したものが野生化
        生育地    山地の林の中や林の縁
        植物のタイプ 多年草
        大きさ・高さ 5~20センチ


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-29 18:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ サクラサク (5)   18.3.28   (枝垂れ桜、大島桜、山桜)

また気温が上がって、散策していても汗ばんでくる。さしもの染井吉野の花がすこし散り始めてきた。そして、その他のさくらの花も満開に近くなってきた。


枝垂れ桜   18.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8
e0339873_18034480.jpg
        小谷戸の里の大戸門を入って右手、見上げるとコブシの白い花を背景に柔らかなピンク色が綺麗だ。


大島桜   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_18034408.jpg
        「上の上屋」に降りる階段の左手にオオシマザクラの老木がある。
        花付きがすこし悪くなったが、里山斜面の山桜のピンクを背景に白さが目立つ。


山桜   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_18034315.jpg
        駐輪場の染井吉野の花が散り始めていた。
        その隣りの山桜が、赤い葉の中で花をいっぱい咲かせ始めていました。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-28 18:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ サクラサク (4)   18.3.27   皇居乾通りで花見

晴れの日が続いて気温がさらに上がって20℃を超え、本格的な春に。今日は、高校の仲間と銀座で食事をし、24日から始まっている「春季皇居乾通り一般公開」に行ってきました。実は、食事前にもひとりで「下見」にも行ってきたのです。その画像を掲載します。

4年前には 「秋季皇居乾通り一般公開」 に行って、紅葉を見ています。


坂下門前の行列   18.3.27   Canon PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/1250,F5.6
e0339873_20302388.jpg
        午前10時前、まだ大行列にはなっていなかった。


皇居内「乾通り」で桜見物
e0339873_20302337.jpg
e0339873_20302378.jpg
e0339873_20302309.jpg
e0339873_20302376.jpg
e0339873_20302454.jpg



道灌濠
e0339873_20302497.jpg
e0339873_20302473.jpg



北桔橋門へ向かう人たち
e0339873_20302471.jpg



乾門を出る
e0339873_20302406.jpg



北桔橋門から乾通りを見る
e0339873_20395625.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-27 20:42 | おでかけ | Comments(0)

■ ヤマエンゴサクとヤマネコノメソウ   18.3.26

春がいちだんと進んで桜の開花・満開情報が目白押し状態のようです。早朝歩きでお疲れモードながら、今日も妻と花見、お弁当を楽しむ。

園内某所で「ヤマ」のつく希少植物が花をつけていました。解説をつけると長くなるので、花のみにて失礼します。


ヤマエンゴサク   18.3.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/30,F8
e0339873_20193592.jpg
e0339873_20193684.jpg



ヤマネコノメソウ   〃   〃  1/800,F6.4
e0339873_20193604.jpg
e0339873_20193610.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-26 20:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ジャゴケ   18.3.25

気温が20℃近くまで上がり4月の気候だという。染井吉野の開花・満開情報が各地から伝えられる。ここ舞岡公園でも。サクラの開花が進んでいる。今日は、妻と孫娘ふたりで、きのう紹介した「こぶし広場」で花見・食事・遊びを楽しみました。

小谷戸の里の入り口「大掲示板」の下近くの湿った地面に”はびこって”いるジャゴケに異変が起こっていたことに気づきました。うまく説明できないのですが、雌雄異株のジャゴケの生殖方法を示す状態をご覧いただきます。


ジャゴケ   18.3.25   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/200,F4
e0339873_21183343.jpg
        湿った地面の表面をこのような苔が蔽って左右に広がっています。


        ジャゴケ
        ジャゴケ科の苔類。北半球の温帯に広く分布し,日本では低地から高地まで普通に産し,陰湿な土上や岩上に群生する。
        植物体は葉状で叉状(さじよう)に分岐し,長さ5~15cm,幅1~2cm,革質で緑色,つやがある。
        背面は気室の区画がよく目だち,ヘビのうろこのように見えるため,ジャゴケの名がある。
        雌雄異株。雌器托の柄は長く,5~8cm,頭部は円錐形,5~8個の胞子体を生じる。
        雄器托は無柄,楕円形でいぼ状,多数の造精器を内蔵する。[世界大百科事典 第2版の解説]


雌器托   3.24   FUJIFILM X-S1 42-624mm(相当) ISO400 ISO400 1/100,F6.4
e0339873_21183490.jpg
e0339873_21183312.jpg
        モヤシが伸びているように見えます。これが雌器托で、胞子体が生じかかっているのでしょう。


雄器托   3.25   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/100,F4
e0339873_21183356.jpg
        画面真ん中の2~3か所の黒い丸い部分、ちょっと古くなっている雄器托です。
        その他の小さな丸い黄緑色の部分は? わかりません。


        勉強不足で十分に説明理解できる情報を得ることができませんでした。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-25 21:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ サクラサク (3) こぶし広場   18.3.24

春がどんどん進んで、桜の花が5分咲きくらいになっている。

午前中に行った「こぶし広場」を囲む染井吉野の下で親子が遊んでいた。


「こぶし広場」のサクラ   18.3.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1600,F6.4
e0339873_18332257.jpg
e0339873_18332165.jpg
e0339873_18332205.jpg
e0339873_18332245.jpg


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-24 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ サクラサク (2) 上野公園   18.3.23

春のお彼岸はずっと天気が悪く、今日になってやっと浅草の菩提寺にお墓参りに行ってきた。雷門は人力車誘いの兄ちゃんでいっぱいだった。

せっかく都心に出たので、上野公園に行ってお花見としゃれこんでみた。 桜はすでに5分咲きくらい、この週末が見頃だろう。


雷門   18.3.23   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/640,F4.5
e0339873_18230820.jpg


西郷どん
e0339873_18230857.jpg


清水観音堂 月の松
e0339873_18230832.jpg


パトカーも
e0339873_18230805.jpg


「落ちない」上野大仏
e0339873_18230855.jpg
        もうこれ以上、大仏の顔が落ちないことから、受験生の合格祈願に、ご利益があると言われています。
        その謂われはこちらで詳しく説明されている。


お花見
e0339873_18230876.jpg
e0339873_18230706.jpg
e0339873_18230707.jpg
e0339873_18230747.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-23 18:33 | おでかけ | Comments(0)

■ サクラサク   18.3.22

とんでもない寒気が去って、昼過ぎから暖かい空気が入ってきて青空になった。19日に開花したさくら(染井吉野)は雪に震え上がっただろうが、午後の暖かな陽射しで開花が進んでいた。駐輪場のさくらは、2~3分咲きに見える。


桜咲く   18.3.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0339873_18324529.jpg
e0339873_18332044.jpg
e0339873_18324552.jpg
e0339873_18324574.jpg


「サクラサク」ってなんだ?と思う人はいるだろうか?
昔、昭和30~40年代の大学入試合格発表の際、発表会場に来られない地方からの受験者に対して「合格していますよ」と知らせる電報の文です。この電報は、学生サークルやグループが資金稼ぎに組織的に受付・活動したものだという。
今から57年も前、私も大学受験合格発表を経験しています。同じ東京都内に発表場所も自宅もあったのですが、我が家には電話はなかったので、家族は私が帰宅して初めて合格したことを知ることができました。今から思えば「サクラサク」の合格電報を使えば、もっと早く安心させることができたのだな、と思い返しています。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-22 18:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)