人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ フユシャク出現   17.12.21   (クロオビフユナミシャク、チャバネフユエダシャク、ウスバフユシャク)

今日も強い北風が吹いて寒い一日。鳥撮りポイントでは、多種の鳥が賑やかに姿を見せた、と大勢のカメラマンが嬉しそうにしていた。出足が遅かった私は、その最終段階に来合わせたようで「おこぼれ頂戴」で終わったようだった。

昨年暮れから今年初めにかけての「フユシャク」シーズンは貧果におわったが、今年も出足は悪いのかなと思っていた。いつもシーズン当初に見る「クロスジフユエダシャク」が飛んでいるところは、まだ3回目撃しただけで撮影機会がない。

ただ、この2~3日、「さくら休憩所」のトイレでは、夜間照明に誘導されたのかフユシャク3種に出会うことができた。この限りでは、平年並みの出現と言ってよいのだろうか?。


クロオビフユナミシャク   17.12.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/30,F8
e0339873_17224809.jpg
        男子トイレの白壁の上の方にいた。
        昨日も、今日もとまっていいる。死んでいるのかも。

   12.21   〃 ISO800 1/160,F8
e0339873_17224916.jpg
        男子トイレのガラス窓の外側にとまっていた。


チャバネフユエダシャク   〃   〃 ISO800 1/160,F8
e0339873_17224991.jpg
        上のクロオビフユナミシャクのすぐ傍の木桟にとまっていた。


ウスバフユシャク   12.19   〃 ISO800 1/80,F8
e0339873_17224810.jpg
        同じトイレの入り口正面の高い位置にとまっていた。
        黒い点が見え、外横線が真っ直ぐなのは「ウスバフユシャク」です。
by higirinikki2 | 2017-12-21 17:34 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ ヤマシギ見参   17.12.20

本格的寒さの冬になった。久しぶりに散髪に行った。散策は着帽して出かけるが襟元が寒い。

2時過ぎの谷戸にはシジュウカラとメジロの混群が賑やかに飛んでいた。帰りがけ「ヤマシギがいたが、動かなくなったので帰る」とカメラマン諸氏が声をかけてくれた。いつものヤマシギ・ポイントに行ってみると、残ったカメラマン氏がひとり「水浴びしてくれないか待っているのですよ」と教えてくれた。

どこにいるのかわからないでいると、「あっ、丸太を乗り越える!」と教えてくれた。


ヤマシギ   17.12.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/250,F5.6
e0339873_18000159.jpg
        乗り越えシーンは撮れなかったが、2列の丸太のあいだの流れの所で静止していた。
        リスの声に驚いたのか首を伸ばして固まっている。
e0339873_18000134.jpg
        もう1本の丸太を乗り越えてこちら方向に進んでくる。

e0339873_18000120.jpg
        地面に長い嘴を突っ込んで餌探し。後頭部のバーコードマークがよく見える。

e0339873_18000250.jpg
e0339873_18000260.jpg
        どんどん進んできて、餌探し。
e0339873_18000369.jpg
        一部拡大してみると、どうやらミミズにいきあたったようです。

e0339873_18000373.jpg
        低い位置に倒れている長い枝をくぐってきた。最も近くまで近づいてきた所です。
        ノートリミングで最上段の画像と、その大きさを比較してみてください。

e0339873_18000016.jpg
        あまりに近づきすぎたのに気づいたのか、慌ててUターンして丸太を乗り越えていった。

by higirinikki2 | 2017-12-20 18:25 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ マユミと小鳥   17.12.19   (コゲラ、メジロ)

快晴の青空できびしい寒さの1日。年賀状の印刷と、旅行メンバーに配る写真のプリントなどに精を出して、散策はお休み。

園内の田んぼの周辺には、植栽したのか自生なのかマユミの木が多い。皮がはじけて真っ赤な実が寒風に晒されて甘味でも増えるのか、いろいろの鳥が啄んでいる。「マユゲラ」「マユジロ」と勝手に約して呼んでいるシーンです。


マユミにコゲラ   17.12.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_18290193.jpg
        きのう紹介したヤマガラを撮影している近くから、賑やかにシャッター音が聞こえてきた。
        残り少なくなったマユミの実を啄むコゲラの姿が。
        軽く見える小鳥でも、ぶらさがるとこんな格好になるのですね。


マユミにメジロ   12.17   〃 ISO3200 1/1000,F8
e0339873_18290254.jpg
        ヤマシギ出現ポイントで。先着カメラマンが向いている方向を目を凝らして見ても、
        背景に溶け込んでいるのか、全く識別できない。
        動き出すまで待てない私、浮気して目の前の「マユジロ」を撮影してみた。


by higirinikki2 | 2017-12-19 18:39 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマガラ   17.12.18

今朝の冷え込みはきつく、早朝歩きで園内某所の温度計がマイナス2.5度を示していた。

おととい、水車小屋の前で、ヤマガラが「ミューミュー」と鳴き交わしながら、地面と木の枝を行ったり来たりしていた。よく見ると、地面に落ちた傍のエゴノキの実を見つけては、カリカリと割ったり、遠くの隠し所に運んでいるのでした。


ヤマガラ   17.12.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400640 1/60,F6.4
e0339873_18563118.jpg
e0339873_18563169.jpg
        カメラの目の前で構図よく撮らせてくれた。

e0339873_18563072.jpg
        小屋の敷居の傍の地面でエゴノキの実をみつけた。

e0339873_18563051.jpg
        込み入った枝の中でこちらを見ている。

e0339873_18563082.jpg
        ちょっとイタズラをして、実を集めて石の上に乗せてやった。

e0339873_18563095.jpg
        すぐには降りてこずに、高い枝から見下ろしていた。


by higirinikki2 | 2017-12-18 19:02 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ タシギ登場   17.12.17

快晴の青空の下、寒風が吹き募り寒い。鳥撮りサイトには、カメラマンが集中していろいろの鳥の出現を待っている。

毎年タシギが居続ける「情報館」横の湿地に、今年も姿を見せた。私の初見のきのうは1羽、きょうは2羽です。ライバルのいない処女地、狙い目のミミズはいるかな?じっくり観察すれば、ミミズを引っ張り出すシーンに出会えるのでしょうが、根気のない私には無理ですね。


タシギ   17.12.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/60,F8
e0339873_18074660.jpg
        水溜まりの中に横たわる材木を跨いで、手前に進んできた。
e0339873_18074633.jpg
        しばらくジッと佇んでいる。
e0339873_18074710.jpg
        また動き始めた。


〃 水浴び   12.17   〃  1/200,F8
e0339873_18074735.jpg
        湿地の真ん中を流れる細流に入って水浴びを始めた。
        タシギの水浴びシーンは初めて見たかな?

e0339873_18074701.jpg
        ちょっと乾燥して草が生えている左側の湿地で、2羽が地面をつついていた。

        タシギの水浴びシーンがありました。
        ■ タシギの水浴び  14.2.8

by higirinikki2 | 2017-12-17 18:22 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (6)   17.12.16

寒風は収まってうららかな陽気に。散策目的は鳥撮りになってきた。成果はその内に。

ベトナム旅行のまとめに入りましょう。今日はバスの車窓からの景色です。



バイクが多い   17.12.9   CanonPowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO250 1/1000,F1.8
e0339873_17495040.jpg
        土曜日の9時半頃の光景です。
        学校や職場の開始時間は7時半からというので、通勤通学時間帯を外れているはずですが、
        いつもこんなにバイクがいっぱい先を争って走っている印象が残っています。

        ベトナムの一人当たりGDP(購買力平価換算)は、凡そ40万円。
        市内鉄道はなく公共交通機関はバスですが、街にはバイクが溢れています。
        自動車普及は先のことで、現在はホンダのバイクに乗るのが市民の夢のようです。

e0339873_18162438.jpg
        関連して、道路には人間用の横断歩道がないのには驚かされました。
        ビュンビュン通る車やバイクの隙間を縫って渡る人を見てビックリ。
        ホテルの前の商業ビルを往復するのは命がけの思いをしました。


古いアパートと大型マンション   〃   〃 ISO125 1/125,F2.5
e0339873_17495444.jpg
        高速道路沿いで見ました。屋根の上には水道水を溜めるタンクが各戸ごとに乗っています。
        さすがに都心では市街地開発で少なくなっていました。
e0339873_17495931.jpg
        こんな大型マンションに入居できるのは金持ちのようですが。


墓地   9.8   〃 ISO125 1/800,F4
e0339873_17494366.jpg
        道路脇に見えたのは墓地でした。
        ベトナムの葬制は、いったん土葬した後3年くらいで洗骨して埋葬しなおす「洗骨葬」のようで
        そうした大小の墓が田んぼの真ん中にあったりしました
by higirinikki2 | 2017-12-16 18:20 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (5)   17.12.15

朝早く(と言っても、7時)目が醒めて、2度寝したら9時になっていた。散策はお休み。

ベトナム旅行の4日目は、陶器の里「バチャン」往復後、午後はハノイ市内の観光ポイントを巡った。詳しく紹介するには写真がたりません。


陶器の里「バチャン」   17.12.9   CanonPoweshot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/200,F4
e0339873_18573251.jpg
        家庭用日常食器から棺桶まで、陶器や漆器のお店が並んでいます。
e0339873_18573191.jpg
        室内で染付作業などしているところを見学できました。


文廟
e0339873_18573263.jpg



タンロン城址・フラッグタワー
e0339873_18573202.jpg



ホーチミン廟
e0339873_18573225.jpg



一柱寺
e0339873_18573302.jpg



水上人形劇
e0339873_18573331.jpg





昨夜は、渋谷でウォーキンググループ「悠々会」の忘年会があった。6時開会だが、少し早めに行ける時間がとれたので、NHK前の通りでも見えるイルミネーション「青の洞窟」を見物してきた。

青の洞窟   17.12.14   CanonPowershot G7X 8.8.-36.8mm ISO320 1/30,F1.8
e0339873_18573398.jpg

by higirinikki2 | 2017-12-15 19:15 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (4)   17.12.14

半月ぶりに「古民家説明」をした。小学3年生、4学級・123人の大人数。大きな声を出しての説明は自分ながら気持ちがよい。その後、古民家見学・昔の遊び組と水車見学組に分かれて、前者を担当。水車は米の粉引きだが、狭い所で大勢への見学説明もたいへんだと思う。

3日目の後半は、旧都「ホアルー」の2つの祠の見学だった。

「ホアルー」は968年に首都が置かれた古都。1010年にハノイ(タンロン)に遷都するまでのわずかな期間だったが、ハノイよりも歴史はあります。ホアルーに残る2つの祠とは、丁朝初代皇帝丁部領を祀ったディン・ティエン・ホアン(丁先皇)祠と、前黎朝初代皇帝黎桓を祀ったレ・ダイ・ハン(黎大行)祠だが、現存するのは17世紀に再建されたものだという。


ディン・ティエン・ホアン祠   17.12.8   CanonPowershot G7X 8.8.-36.8mm ISO125 1/80,F4
e0339873_15084119.jpg
        手漕ぎボートから降りて、すぐの所にある祠です。
        ちょうど旅仲間の全員が写っていました。
        我がグループ9人の他はご夫婦ふたりの総勢11人を、ガイドの「ズン」さんが引っ張る形になっていました。
e0339873_15084162.jpg
        
        この後、祠堂内部に入って見学したのだが、なぜか写真を撮っていませんでした。


レ・ダイ・ハン祠
e0339873_15084103.jpg
e0339873_15084142.jpg
        ベトナムの王朝の変遷、フランス統治、独立、ベトナム戦争、民主化、最近の発展、など
        ガイドの「ズン」さんから聞いたのだが、写真説明できるほど憶えていないのも困ったものです。


周辺で気にかかった風景
e0339873_15084016.jpg
        観光客を背に写真を撮らせる水牛。
e0339873_15084062.jpg
        王宮跡地?。


有料トイレ
e0339873_15084290.jpg
e0339873_15084200.jpg
        料金表示票が貼ってあった。大人1人 2,000ドン
        え?2千? 1円=200ドン、なので「10円」です


by higirinikki2 | 2017-12-14 15:33 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (3)   17.12.13

真冬らしい青空と寒気の日だが、午後はすこし和らいだ感じがする。9日ぶりに散策に出たが、エナガを中心にした混群の撮影に苦労した。

3日目は、ハノイ南方110㎞ほどにある紅河デルタ地帯に位置するニンビンの、世界遺産「チャンアンの景観複合体」(2014年登録)に向かいました。


チャンアンで手漕ぎボートクルーズ   17.12.8   CanonPowershot G7X 8.8-36.8mm ISO250 1/1000,F1.8
e0339873_18012514.jpg
        4人乗りの小型ボートを、前向きでオールを漕ぐ小母さん。
        観光客を待ち構えている船着き場から出発です。


「陸のハロン」を行く
e0339873_18012490.jpg
e0339873_18012488.jpg
        きのう行ったハロン湾が「海の桂林」と呼ばれるのに対して、
        ここチャンアンは「陸のハロン」と呼ばれるそうな。
        石灰岩台地に刻まれた岩や山を縫って流れる川を進みます。


洞窟くぐり
e0339873_18012381.jpg
e0339873_18012491.jpg
        鏡のように静かな水面すれすれに穿たれた洞窟が何か所もあって、
        時には垂れ下った岩を避けるように頭をすくめながら進みます。


お寺も
e0339873_18012302.jpg
e0339873_18012541.jpg
        流れの岸には数か所、お寺も散在している。
        奇岩(自然)のなかに寺院(文化)のあるこの風景こそが、複合遺産なのだろう。


結婚写真の前撮り?
e0339873_18012423.jpg
        川の真ん中に建つお堂ではウェディングドレス姿の女性を撮影していた。


by higirinikki2 | 2017-12-13 18:38 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (2)   17.12.12

今日は孫娘が通う幼稚園の「お誕生会」にジジババで行ってきました。今月生まれの園児が壇上に上がって、「水色ひよこ組の〇〇です、もう4歳になりました」と挨拶するもので、妹もつつがなく言えました。

さて、ベトナム行2日目の「ハロン湾クルーズ」の後半の鍾乳洞見物です。


ティエンクン鍾乳洞   17.12.7   CanonPowershot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/200,F4
e0339873_17475593.jpg
        観覧船で周航1時間ほどで、とある島に上陸。
        奥に見える展望テラスまで100段ほどの石段を登ると、洞窟入口へ。
e0339873_17475534.jpg
        洞の名称は「ティエンクン鍾乳洞」。案内図を見ても、よくわかりませんので「まず入洞しましょう」。
e0339873_17475494.jpg
        入口から下って行くと広いホールに出た。いろいろの色の照明が壁面に当たっている。
e0339873_17475489.jpg
        象や仏像、カーテンなどに見える鍾乳石が。
e0339873_17475476.jpg
        足元は鋪装されていて歩きやすい。季節が冬とあって、洞内の温度・湿度ともに快適でした。
e0339873_17475557.jpg
        もう水が流れこむこともない完成した鍾乳洞のようです。
        天井方向に外光が入る穴が見える。あそこから外へ出るようだ。
e0339873_17475581.jpg
        高い位置から見下ろした光景、おっぱい石もあった。

by higirinikki2 | 2017-12-12 18:03 | おでかけ | Comments(0)