人気ブログランキング |

カテゴリ:・ゼフィルス( 63 )

■ 開翅するミドリシジミ   19.7.8

梅雨の合間の曇り空、一時陽射しも出た。目的は例の虫とイトトンボ。前者は未だ、後者をやっと見つけた。もうひとつ、思わぬ出会いがあった。

それが、今日の画像。今季初の開翅するミドリシジミです。まだ見ぬシーンは、明日以降の宿題に。


開翅するミドリシジミ 1   19.7.8   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/320,F8
e0339873_20050324.jpg
        5日に産卵シーンを見たハンノキの若木に今日も、いた。
e0339873_20050380.jpg
        すぐに開翅してくれた。今季初の見ものだった。
        かすかにオレンジ色が見える。これをA型とみるか、O型とみるか、難しいところです。
e0339873_20050366.jpg
e0339873_20050337.jpg
        手乗りするか指を差し出すと嫌って飛んだ。
        そこでも、すぐに開翅した。


開翅するミドリシジミ 2   〃   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_20050320.jpg
        ミドリシジミはいないと思っていた場所の草原を飛ぶ蝶がとまった。
e0339873_20050358.jpg
        こちらも直ぐに開翅した。上の個体よりもオレンジ色が濃い。A型だろうか。
e0339873_20050449.jpg
        超接近撮影も許してくれた。

        まだ雄の開翅や、雌の別型に出会うチャンスはあるだろうか?


by higirinikki2 | 2019-07-08 20:18 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ まだいたゼフ 3種   19.7.5   (オオミドリシジミ、ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ)

梅雨前線が南下すれば雨がやんで涼しくなる?折りたたみ傘なしで散策。

今年は「ミドリシジミを撮り切った」という実感がないままにゼフのシーズンがおわるのかと思っていたが、そのシーズンはまだダラダラと続いている。今日も出会った。
1週間前に「見納め全6種」をやったのは早まったことでした。


オオミドリシジミ   19.7.3   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO3200 1/100,F8
e0339873_18000714.jpg
        見かけはそれほど傷んでみえないので、遅れてやってきた個体か?
        お相手となる雄を見かけないが、産卵シーンを見せてくれた。
e0339873_18000809.jpg
        おまけは、私のズボンにとまって開翅までした。


ミドリシジミ   7.5   〃  ISO800 1/160,F8
e0339873_18000823.jpg
        前回産卵シーンを見たハンノキの傍の幼木に産卵する姿をみつけた。
        まだまだ産卵シーズンは続きそうです。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃  ISO800 1/320,F8
e0339873_18000803.jpg
        上のミドリシジミのいたハンノキから白っぽい蝶が飛び出した。
        まさかのミズイロオナガシジミだった。
        さすがに、少し傷んではいたが元気に飛んで行った。


by higirinikki2 | 2019-07-05 18:14 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミの卵?   19.6.29

小雨が降り続き、気温25℃以下と思われる寒い1日。休養日に。

きのう、ハンノキを下るミドリシジミを撮影した。画像をよく見ると、ミドリシジミの卵と思われるシーンを見つけた。


ミドリシジミの卵? 1   19.6.28   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO1600 1/100,F8
e0339873_17245290.jpg
        見つけた時の画像、枝痕の隣りの窪みの中に2つの卵が見えます。
        この下っている個体が産んだものかわかりません。
e0339873_17245227.jpg



ミドリシジミの卵? 2   〃   〃 ISO2000 1/60,F8
e0339873_17245237.jpg
       真横の窪みに2つの卵が見えます。
        歩くコースを外れた位置にあるので、先着個体が産んだ卵と思われる。
e0339873_17423052.jpg


        機会があれば、これらの卵をきちんと撮影したいものです。


by higirinikki2 | 2019-06-29 17:39 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ全6種 今季最終目撃集   19.6.28

宵の内に台風が通過して気温30℃超え、曇り空で蒸し暑い。明日から梅雨らしく雨空が続くらしい。

散策もままならぬとなれば、今季のミドリシジミは貧果きわまりないことになりそうだ。今日も、産卵するらしい個体に出会えたものの、開翅シーンはなかった。
今日の出会いが今季最終のものとして、このフィールドで見られる「平地性ゼフ」全6種の、最終目撃画像集をご覧いただいきましょう。


ウラゴマダラシジミ   19.6.4   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimmng) ISO1600 1/640,F8
e0339873_18143684.jpg
        開翅する姿を撮ったものの紹介できず、これが最終の出会いだったのです。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃 ISO3200 1/400,F8
e0339873_18143641.jpg
        同じ日、遠い位置にとまっていました。


ウラナミアカシジミ   6.19   〃 ISO6400 1/640,F8
e0339873_18143511.jpg
        尾状突起を食い千切られた姿で、この時期まで生き延びていました。


オオミドリシジミ   〃   〃 ISO800 1/200,F8
e0339873_18143502.jpg
        同じ日の散策で出会った個体、接近を許しジックリ撮らせてくれました。


アカシジミ   6.20   〃 ISO1600 1/640,F8
e0339873_18143527.jpg
        ゼフの最初に出現して、ずいぶん長い間姿を見せてくれました。


ミドリシジミ   6.28   〃 ISO2000 1/60,F8
e0339873_18143644.jpg
        明日以降も出会いがあるかもしれないが、一応これが見納めとしておきます。


by higirinikki2 | 2019-06-28 18:29 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミが産卵?   19.6.24

朝から梅雨の雨がシトシト、ザーザーと降り続いていた。今日も散策できないかと諦めかけた午後4時過ぎから陽射しが。5時前には青空も見えたので、もしやミドリシジミに会えるかと散策に。

いました。ハンノキの幹を腹を押し付けながら降りてくるミドリシジミが2頭、撮影を続けました。その内の1頭の画像の中に、産卵シーンと思しき画面がありました。


ミドリシジミが産卵?   19.6.24   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/100,F8
e0339873_18521532.jpg
        ハンノキの幹に腹を当てている。
e0339873_18521503.jpg
        小さな窪みがあるらしく、腹先を押し付けているように見える。

ミドリシジミの卵?
e0339873_18521548.jpg
        同じ位置で腹先を持ち上げている。等倍で切り出してみると。
e0339873_18521588.jpg
        白い粒が見えませんか?卵でしょうかね?それなら嬉しいのですが。


by higirinikki2 | 2019-06-24 18:57 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ オオミドリシジミ ♀   19.6.18

晴れ時々曇り空、陽ざしが強く蒸し暑い日。

ようやくオオミドリシジミに出会った。開翅もしたが残念ながら雌だった。朝羽化したと思われるミドリシジミもいたが、開翅姿は見られなかった。これで、ゼフ6種の姿を撮り揃えることができた。


オオミドリシジミ   19.6.18   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/500,F8
e0339873_16483612.jpg
        ウワミズザクラの木の下草の中に見つけた。
        ぼんやりとした視野の中に違和感のある色彩があると気づくものだ。
e0339873_16483683.jpg
        じきに開翅した。雌だった。ちょっと擦れているが、まあ新鮮な方だろう。

        開翅した後、すぐ隣りのクヌギの若木の葉の中に潜り込んだ。
        覗き込むと、枝にお尻をこすりつけて産卵していた。
e0339873_16483684.jpg
        葉を揺らしてしまったら飛び出して、ウワミズザクラの葉にとまって開翅していた。


ミドリシジミ   〃   〃 ISO3200 1/340,F8
e0339873_16483604.jpg
e0339873_16483698.jpg
        いつも探すポイントの近くに、この朝羽化したと思われる輝く個体を見つけた。
        陽が当たる位置にいたので開翅を期待して30分ほど待ったが、開翅はしてくれなかった。残念!


by higirinikki2 | 2019-06-18 17:03 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第5,6弾は オオミドリシジミ、ミドリシジミ   19.6.4

梅雨入りの気配を感じさせる、ちょっと蒸し暑い日。ご一緒する写友が二人、四人、五人と増えて、ゼフ探しに。

「開翅するウラゴ」、「遠いミズイロ」と何とか2種に出会えた。その後、皆さんにお別れした後は、小谷戸の里、ミドリのポイントと単独探索。
なんとか「オオミドリの証拠写真」、「ミドリ集中撮影」と願いが叶って、当地にいる平地性ゼフ6種全部を撮影できた。


オオミドリシジミ   19.6.4   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/400,F8
e0339873_16090324.jpg
e0339873_16050276.jpg
        両脇に草木が迫る園路を進む目の前に飛んできた蝶。
         枝葉が邪魔して全身を撮れないが、間違いなくオオミドリシジミだ。
        裏へ廻ろうと動いたら、頭の上に飛んで後は行方不明。「証拠写真」ワンカットだけです。


ミドリシジミ   〃   〃 ISO1600 1/320,F8
e0339873_16050235.jpg
        ハンノキのポイントを見て回ると、下草の中にずーっと探し続けてきた薄茶色の翅が目に入った。
        1枚撮ったら飛ばれて行方不明に。懸命に捜したら、目の前のグッドポジションにいた。
e0339873_16050393.jpg
        幸い、今度はじっととまっていてくれたので、いろいろの角度から撮らせてもらった。
e0339873_16050253.jpg
e0339873_16050222.jpg
e0339873_16050295.jpg
        さすがに煩く感じたのか、高い位置の葉の上に飛んだ。
        もしや開翅するかと待ったが、それは叶わなかった。「後のお楽しみ」に残しておきましょう。

by higirinikki2 | 2019-06-04 16:26 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミズイロオナガシジミとウラゴマダラシジミ   19.6.3

予報では最高気温22℃と涼しめの筈が、25℃を超えて蒸し暑くもなった。

31、2、3の3日間、新顔ゼフを求めてポイントを歩くも出会いはなく、アカシジミの盛りは過ぎてしまったようだ。この間に出会ったゼフは、2種だけだった。


ミズイロオナガシジミ 1   19.5.31   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/250,F8
e0339873_18081903.jpg
e0339873_18082016.jpg
        刈り残された下草の中にいた。実は、あと1時間早く来ていれば、
        羽化直後のウラナミアカシジミの大群がここにいたということだった。 

〃 2   6.3   〃 ISO800 1/400,F8
e0339873_18081944.jpg
        かっぱ池に新しく伸びた草の間に白い蝶の姿が。 

〃 3   〃   〃 ISO800 1/100,F8
e0339873_18081906.jpg
e0339873_18081908.jpg
        別の下草の間を下の方から登ってきた個体。羽化直後か、綺麗な姿です。 

〃 4   〃   〃 ISO1600 1/80,F8
e0339873_18082068.jpg
        思わぬ所にいたので、慌ててシャッターを切ったらすぐに飛ばれた。


ウラゴマダラシジミ 1   5.31   〃 ISO1600 1/320,F8
e0339873_18081934.jpg
        イボタの近くの高い位置にとまっていた。

〃 2   5.31   〃 ISO6400 1/800,F8
e0339873_18081928.jpg
        古民家の裏手で出会った新鮮個体。じっとして撮影につきあってくれた。

〃 3   6.3   〃 ISO800 1/400,F8
e0339873_18082060.jpg
        園路際でヨモギの虫こぶを捜していて、ふと視線を外した先にいてビックリ。
        近くにイボタがあったのだろう。
  

by higirinikki2 | 2019-06-03 18:31 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第4弾はウラナミアカシジミ   19.5.30

乾いた風が気持ちよく、気温も25℃前後で5月末らしい気候に。散策も気持ちよい。

新たなゼフを求めて歩くも「出会いがないな」と諦めかけたところで、双眼鏡を覗くご婦人から「ウラナミアカシジミがいますよ」と教えられた。自力でないのが残念だが、ミドリシジミの前に4種と出会う異例の年になった。
さらには、アカシジミに次いで、ウラゴマダラシジミがイボタの木を中心によく観察できる時期になった。


ウラナミアカシジミ   19.5.30   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO1600 1/200,F8
e0339873_18152550.jpg
        ずいぶんと高い位置のクヌギの葉に乗って見える。
        これ以上の画像は残念ながら撮れず。次の機会を待つことに。


        散策中に出会ったゼフはウラゴマダラシジミだった。


ウラゴマダラシジミ 1   〃   〃ISO1600 1/750,F8
e0339873_18152547.jpg


〃 2   〃   〃ISO1600 1/220,F8
e0339873_18152509.jpg


〃 3   〃   〃ISO1600 1/220,F8
e0339873_18152589.jpg
e0339873_18152656.jpg
e0339873_18152513.jpg
        かなり下からだったが、念願の「開翅」と「飛び出し」のシーンにも恵まれました。


by higirinikki2 | 2019-05-30 18:25 | ・ゼフィルス | Comments(2)

■ ゼフ第3弾はミズイロオナガシジミ   19.5.29

夜半の雨が上がって涼しい朝に。下草には雨露がついていて虫の出が悪い。

ゼフ第3弾は出現情報のあったウラナミアカシジミを期待していたが、「案山子」さんからの連絡があって予期せぬ「ミズイロオナガシジミ」となった。


ミズイロオナガシジミ   19.5.29   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/1400,F8
e0339873_18520061.jpg
        日蔭の下草に逆様に下がっていた。撮りにくいので、「案山子」さんが笹の葉をひっくり返してくれた。
e0339873_18520013.jpg
        それでも暗いので飛ばしたら、明るい草の上にとまった。
e0339873_18520038.jpg
        今度は直斜光ギラギラ、なかなかうまくいかないものです。


        以下、きのう、きょう出会ったゼフたちです。


ウラゴマダラシジミ   〃   〃 ISO800 1/750,F8
e0339873_18520182.jpg
        羽化して、ずいぶん離れた位置にいた。

   5.28   〃 ISO800 1/240,F8
e0339873_18520157.jpg
        羽化したすぐ傍の木の葉で。

アカシジミ   5.28   〃 ISO800 1/280,F8
e0339873_18520170.jpg
e0339873_18520148.jpg
        今日は出会わなかったが、きのうは園内のあちこちで出会った。その内の2枚です。


by higirinikki2 | 2019-05-29 19:05 | ・ゼフィルス | Comments(0)