カテゴリ:交友記( 49 )

■ 東大に行ってきました   18.10.20

秋らしい涼しく青空の日。今日は米作りグループの「脱穀作業」の日だったのですが、屈んで作業する姿勢が辛く欠席に。

一方、この日は東大本郷では「ホームカミングデー」、毎年、高校同期生で東大に行ったM君の落語を聴きにいっている。この数年行っている内に、「勝手知ったる」とばかりに諸行事にも顔を出す古強者に。今年も、いろいろ顔を出してきました。まるで「卒業生」気分ですが、本当に卒業生か否かについては「ノーコメントにしておきます。」


「鰻の幇間」を演じるM君    18.10.20   CANON PowerShot G7-X 8.8-36.8mm ISO125 1/30,F4
e0339873_21402667.jpg
e0339873_21402621.jpg
        花街に属さない幇間は「野太鼓」と呼ばれました。
        この呼称は漱石の「坊ちゃん」にも出てきます。
        ある野太鼓が、昼飯をご馳走になろうと、「浴衣がけの大将」と鰻屋に行ったのですが、
        相手の方が一枚上で、予期せぬ出費を余儀なくされてしまいます。


        前半ちょっと間があったりしたが、後半はトントンと話が進みオチまですっきり仕上がった話になりました。
        「喜寿までは頑張る」との意気込み、来年も聴きに行かなくちゃ。


学生食堂
e0339873_21402631.jpg
        安田講堂の下、新装なった学食で「ひれ肉カレー小盛」をいただいてきました。 


「珠玉の昆虫標本」展を見る
e0339873_21402615.jpg
        構内の一郭にある「東京大学総合研究博物館」で今日まで開催されている、
        「珠玉の昆虫標本」展を見てきました。先日「科学博物館」で行なわれた「昆虫展」で見た、
        昆虫標本はここから持って行ったのかと思うほど、充実したものでした。


講演会「巨大な山崩れを知ろう」を聴く
e0339873_21402557.jpg
        「東大ワンゲル部OB会」主宰の「千木良雅弘 京都大学防災研究所教授」による講演を聴きました。
        先日の北海道の大規模山崩れの事例のほか、紀伊山地、台湾、中国、ネパール、スイス各国の事例を挙げて
        スライド画像を見せての講演は、わかりやすく時宜を得たものでした。


赤門を横目に見て
e0339873_21402503.jpg
        朝11時から夕5時近くまでの「一日卒業生」気分を堪能してきました。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-10-20 22:19 | 交友記 | Comments(0)

■ 暑気払いの酒   18.8.30

「秋雨前線」が北上したのか、また猛暑の日に戻ってしまったようだ。

昨夜はウォーキンググループ「悠々会」の暑気払いの集まりがあって渋谷に行ってきました。ほぼ全員の10人が集まりました。

「呑み放題つき」なのに「酒持ち込みOK」とあって、有志持参の酒が写真の5本。
日本酒、ウィスキー、焼酎に加えて、Hiさんの台湾土産のウィスキーと高粱酒。いずれ劣らぬ逸品です。
最近は缶ビール1本がやっとになってしまった私には「猫に小判」? ちょびっと舐めて、その強さに即降参してしまいました。


名酒5本   18.8.29
e0339873_17174255.jpg
   
写真左から、ニッカウィスキー 「宮城峡」
      三島焼酎チットラッツ
      清酒「手取川」吉田蔵 大吟醸
      台湾ウィスキー "Kavalan Solist ex-Bourbon Single Cask Strength"
      台湾高粱酒 「金門 特級高粱酒」



[PR]
by higirinikki2 | 2018-08-30 18:18 | 交友記 | Comments(0)

■ 横浜自然観察の森を歩く   18.7.7

ウォーキンググループ「悠々会」の7月例会は、JR根岸線「港南台」駅から歩き始めて、円海山~横浜自然観察の森~天園~永福寺跡~鎌倉駅のコース。全国的に大雨の降る”梅雨”末期?、終日曇り空で木立の中を歩くコースなので、熱中症の心配はさほどなく、ただ雨でぬかるんだ所もあって歩き疲れました。
コース途中で出会った「花、虫、キノコ」をお見せしましょう。


木立の中を出発   18.7.7   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/30,F2.8
e0339873_19242522.jpg


ヤマユリ
e0339873_19234952.jpg


ヒョウモンチョウ
e0339873_19242571.jpg


オオツノカメムシ
e0339873_19242614.jpg


シマヘビ幼生
e0339873_19242627.jpg


白いキノコ
e0339873_19242655.jpg


鶴ヶ岡八幡宮にて
e0339873_19242561.jpg




[PR]
by higirinikki2 | 2018-07-07 19:33 | 交友記 | Comments(2)

■ 吹割の滝   18.7.4

きのう、今日と広報勉強会「六三四の会」のお仲間と群馬県の「老神(おいがみ)温泉」に行ってきました。けっして「ろうじん」と読まないこと。
そして、今日は近くの「吹割の滝」を見物してきました。
「老神温泉」は「尾瀬」の近くにあって、20年ほど前に妻と尾瀬に行った帰途「吹割の滝」を見物したことがありました。今日は、仲間と電動自転車を駆って往復してきました。見物路を滝の下流側から遡るかたちで歩いてきた、その画像です。


見物路を下る   18.7.4   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/30,F3.5
e0339873_21374118.jpg
        散策路のある河原までは急な坂を下りて行きます。お仲間は3人です。


滝の末端
e0339873_21374128.jpg
        今年は「空梅雨」気味で水量が少なく、滝らしい迫力には欠けていました。


吹割の滝
e0339873_21374256.jpg
e0339873_21374231.jpg
e0339873_21374287.jpg
e0339873_21374123.jpg
e0339873_21374141.jpg
        同じ水準で見る滝は、水量が少ないこともあって若干迫力に欠けますね。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-07-04 21:45 | 交友記 | Comments(0)

■ 二ケ領用水久地円筒分水を見る   18.6.2

ウォーキンググループ「悠々会」の6月例会は、向ヶ丘遊園駅から歩き始めて生田緑地、妙楽寺のアジサイを賞でて、二ケ領用水「久地円筒分水」を見て溝の口に到るコースを歩きました。私の万歩計で14,000歩、膝の痛みも出ず打ち上げまでを楽しんできました。

「二ケ領用水久地円筒分水」という聞きなれない名前でしょうが、この施設を設計製作した平賀栄治さんのお孫さんが悠々会メンバーという奇縁で、この施設の持つ意義やおじいさんの晩年のお人柄などを聞く機会を得ました。


二ケ領用水「久地円筒分水」とは
e0339873_18462449.jpg


久地円筒分水
e0339873_18462419.jpg
e0339873_18462425.jpg
e0339873_18462498.jpg


平賀さんから聞く
e0339873_18462337.jpg
        平賀栄治さんは、90歳近くまで矍鑠として、図面を引きタイガー計算機を回しておられたそうです。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-06-02 19:06 | 交友記 | Comments(0)

■ サクラサク (7)   18.4.3   新宿御苑で花見

初夏のような陽気はまだ続いている。今日は会社時代の仲間7人で「新宿御苑で花見、加賀料理を味わう」会に行ってきました。この仲間は53年前の新入社員の時、初任配置の工場・研究所で独身寮を共にした13人の会、幹事を名乗り出て実質はNa君に仕切ってもらったもの。

新宿御苑は思い出す限り、来た憶えがない所。加賀料理も昼のコスパの良い内容で結構なものでした。


新宿御苑の桜   18.4.3   CanonPowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/800,F1.8
e0339873_20365983.jpg
e0339873_20365954.jpg
e0339873_20383084.jpg
e0339873_20370059.jpg
e0339873_21475064.jpg
e0339873_20370036.jpg


[PR]
by higirinikki2 | 2018-04-03 20:43 | 交友記 | Comments(0)

■ 写真展「生き物たち」はじまる   18.3.10

「春は名のみ」と冷たい風吹く薄曇りの空。4日ぶりに散策に出た。

その足で、舞岡ふるさと村「虹の家」で開催される「舞岡探蝶団主催写真展・生き物たち」に行ってきた。この団体は、舞岡公園でよくお会いするカメラマンの皆さん10人の集まり。
展示作業がほぼ終わった頃で、皆さんにご挨拶することができました。今回で6回目の開催だとのこと。初めて観覧しましたが、力作揃いで堪能しました。今日から18日(日)までです。お近くの方にはお勧めします。


写真展「生き物たち」
e0339873_16571711.jpg


会場風景   18.3.10   CANON PowerShot 8.8-36.8mm ISO800 1/800,F1.8
e0339873_17101337.jpg
e0339873_16571706.jpg
e0339873_16571772.jpg
e0339873_16571785.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-10 17:04 | 交友記 | Comments(0)

■ 羽根木公園「せたがや梅まつり」   18.3.3

毎月第1土曜日はウオーキンググループ「悠々会」の例会日、今日は都内の観梅コース「蘆花恒春園、羽根木公園」を散策してきた。ここのところの気温が上がっている中で、開花が遅れていた梅も急に開花が進んでいるらしい。冬の服装を捨てて春の格好で出かけたおかげで、気持ちよく歩くことができた。

トータル2万歩、12~13㎞を速足で歩かねばならず疲れで写真撮影枚数が増えない。「梅まつり」が行われていた「世田谷羽根木公園」では、肝心の梅の写真が少ないですが報告です。


羽根木公園「せたがや梅まつり」
e0339873_21142757.jpg
e0339873_21151318.jpg
e0339873_21142741.jpg
e0339873_21142733.jpg
        梅まつりの雰囲気を捉えた写真がありませんね。
        「梅まつり」は明日4日日曜日までとか、満開の梅が見頃です。

[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-03 21:19 | 交友記 | Comments(0)

■ 水彩スケッチ画展に行く   18.1.27

「極寒」の日がつづいている。青空に冷たい空気に身が引き締まる1日。

東海道・横須賀線「戸塚」駅を利用してきた元・勤務していた会社の先輩・後輩7人が集まった「戸塚会」。今日は、そのメンバー Ko さんが所属する「水彩スケッチの会」の画展に、7人が集まって横浜「みなとみらい」に行ってきました。



みなとみらいHOPE水彩スケッチ画展   18.1.27   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/50,F4
e0339873_17494083.jpg
e0339873_17493558.jpg
        会社の先輩 五十嵐吉彦さんが指導している「水彩スケッチの会」の年1回の発表の場です。

e0339873_17493461.jpg
        Ko さんが出展した3点の絵です。
        「緑色の使い方が上手ですね」とは、これも水彩画を趣味とするKmさんの感想でした。

e0339873_17493562.jpg
        この後、中華料理店で会食をし、去年の花見以来の久闊を叙しました。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-27 17:57 | 交友記 | Comments(0)

■ 友人の話題   17.12.26

いよいよ年が押し詰まってきた。北日本の爆弾低気圧の余波か、午後になって冷たい強風が吹いてきた。昼前の温かさの中、「みなとの見える丘公園」を往復する横浜市営バス「あかいくつ号」で車中観光をしてきた。

ここ最近、友人にまつわる事柄で報告しておきたいことが重なった。


大磯の真壁豆腐店が閉店   17.12.22
e0339873_17451744.jpg
        22日の朝日新聞朝刊横浜版に掲載された記事です。
        この故吉田茂首相が愛した豆腐店は、ウオーキンググループ「悠々会」のメンバーMa氏の実家です。
        同会の14日の忘年会の席上で、この話を聞いていたのですが、新聞で紹介されるとはと驚きました。

e0339873_17450528.jpg
        このお店には、14.1.12 悠々会の月例ハイクの途上、立ち寄っていました。


エッセイスト 堀淳一氏の訃報記事   17.11.29 北海道新聞
e0339873_17445062.jpg
        きのう、元勤務していた会社の同期入社で今もハイキングなどを一緒にしているHoさんから
        「長兄の堀淳一が11月に永眠し、新年の挨拶を失礼します」との挨拶葉書をもらった。
        まさか、あのエッセイストの堀淳一氏では?、と確認メールを送ったところ「そうです」との返信だった。

e0339873_17452303.jpg
        右の本は、1972年「日本エッセイストクラブ賞」受賞の同氏の本。同じ年の第7版。左は続刊。
        この本をきっかけに、私は堀淳一ファンとなり、その後に発行される著作のほとんどを蔵書し、
        愛読してきたという因縁の本です。
        まさか、こんな身近に弟さん(17歳違いの長兄の末弟)がいたとは、思いも掛けぬことでした。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-26 18:05 | 交友記 | Comments(0)