カテゴリ:舞岡公園・その他( 26 )

■ 冠雪した富士山   18.11.2

今日も乾燥した秋晴れ。澄んだ空に冠雪した富士山が綺麗に見えるかな?と尾根道に出かけてみた。10時頃では靄っていてクッキリ・スッキリとはいかない風景でした。


富士山   18.11.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/1600,F6.4
e0339873_17561670.jpg
e0339873_17561677.jpg
e0339873_17561698.jpg
        真冬の早朝にまた挑戦してみます。

        明日は小谷戸の里の古民家前庭を会場に「作品展」が開催されます。 
        私は今春に開いた「二人展」に出した「擬態する虫たち」を、妻は絵手紙「舞岡公園の植物」を出展する予定です。
        「晴れ」の予報が出ています。お近くの方、どうぞお出かけください。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-11-02 18:00 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 舞岡公園開園25周年記念誌 発行   18.8.11

今日も暑い日でした。

昨日付けで「舞岡公園開園25周年記念誌」が発行されました。


舞岡公園開園25周年記念誌
e0339873_19230312.jpg
     正式表題は「人と人、人と自然をつないで ~生物多様性あふれる地域コミュニティーを未来へ~ 」。

        各章の標題を下記に載せます。 

        第1章 25年間の取り組み
        第2章 谷戸で子育ち、人育ち
         <1>青少年育成事業への取り組みの概要と意義
         <2>幼稚園・保育園の活動
         <3>小学生の田んぼ体験・自然観察会
         <4>高校生の活動
         <5>「人材育成と人財発見」谷戸学校の取り組み
        第3章 舞岡公園の市民活動
        第4章 今後の展望


        お気づきのように、この記念誌のテーマは「谷戸での実体験による青少年育成に関する内容に特化」しています。

        この記念誌を読んでみたい、手にしたい、と思う方、販価1000円です。
        「特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来」事務局へお問い合わせください TEL 045-824-0107


[PR]
by higirinikki2 | 2018-08-11 19:51 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 新刊図書紹介   18.5.7

きのう今日と、いつもの高校仲間と一緒に「南房総・冨浦とマザー牧場の旅」に出かけてきました。連休最終日の晴れのきのうは、前日まで満員だったというホテルがこの日は客数も少なく、ゆったりとバイキング夕食を味わったこと、朝から雨の今日は私にとっては40年振りくらいの「マザー牧場」で羊とたわむれ、ジンギスカン料理を堪能したこと、で記憶に残る楽しい・美味しい旅となりました。

格別、写真で報告するようなシーンはありませんでした。ので、往復のフェリー船上で読んだ新刊書を紹介することにしましょう。


「目からウロコの自然観察」    18.5.7   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO 200 1/50,F2.5
e0339873_20233468.jpg
        4月25日に発行されたばかりの、中公新書「目からウロコの自然観察」です。
        著者の唐沢孝一さんは私が卒業した高校で生物科の教師として長らく勤務していた先生で、
        現在は都市鳥研究会顧問、NPO法人自然観察大学学長をしておられます。
        この本には、私のこのブログが狙っている目的・内容に多大な示唆を与えてくれる内容を含んでいます。
        今までは漠然と歩いて出会ったことを記事にしてきたこのブログですが、
        この本に出合った今は、この本を参考に少しは意図した取材・散策をしていきたいと思ったことでした。

        そうそう、去年4月29日の記事 「都立小宮公園」 の自然観察会で 、K先生として登場しているのが
        唐沢先生その人です。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-05-07 20:35 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 「二人展」から   18.2.20

「二人展」を終えて、1週間ぶりに散策に出ました。いろいろの鳥に会えましたが、その報告は後日にして、しばらく「二人展」の内容を掲載したいと思います。


擬態する虫たち

15年間、舞岡公園で撮り貯めた写真の中から「擬態する虫たち」を集めてみました。いろいろとビックリする姿をした虫がいるものですよ。お楽しみください。

「擬態」とは、動物が周囲にある物や,他の動植物に似た形や色彩または姿勢をもつことですが、その目的などで以下の分類ができます。

隠蔽型擬態  体の色や形を、背景や環境にそっくりな姿をすることで目立たなくし、
         捕食者、獲物から発見されないようにする。

標識的擬態  捕食者を警戒させるのが目的で、周囲から目立つ様にする。



隠蔽型擬態 1 別の植物の姿に似せて目立たなくする

     枯れ葉に似せる   ムラサキシャチホコ
e0339873_16523811.jpg
        まるで枯れ葉が丸まって緑の葉の上にのっているとしか見えませんね。
        これが蛾だとはとても思えませんが、翅の表面に描かれた模様が「だまし絵」になっているのです。
        幼虫がオニグルミの葉を食草にしているので、このあたりに出現するそうです。
        5年前の5月に撮影されて以来、毎年5月に探索していて見つからず
        昨年7月に見つかって、私にもその情報が廻ってきた次第です。


     小枝に似せる    シャクトリムシ
e0339873_16523905.jpg
        ぴんと伸びた姿は小枝そのものです。
        ただ木柵の上に小枝があるのが不自然で、私に見つかってしまいました。
        これが木の幹についていれば、絶対に虫とは見えません。


     若葉に似せる    アカボシゴマダラ幼虫
e0339873_16523915.jpg
        どこに蛹がいるかわかりますか?
        そう、「日の丸構図」写真ですから、真ん中の葉に見えるのが蛹です。
        幼虫の食草であるエノキの若葉にそっくりです。
        葉脈や鋸歯までそっくりに擬態していますね。
        ぼんやり見ていると見つけ出すことはできないでしょう。
        食われたエノキの葉が見つかれば幼虫が見つかります。
        その木を観察していれば後日、蛹が見つかりますよ。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-02-20 17:09 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 雪の舞岡谷戸   18.1.23

きのうの雪は真夜中にはやんだが、朝には自宅付近では10㎝ちかくに積もっていた。

11時半から小学3年生への「古民家説明」を予定しているので、急いで雪かきに精出してから、雪の上を20分ほど歩いて「小谷戸の里」に向かった。気温が急速に上がる予報で11時頃には園路は溶け出した水が溜まっていた。


おおはらおき池   18.1.23   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/1250 F2.8
e0339873_18282614.jpg


谷戸田
e0339873_18282646.jpg


ぐしゃぐしゃの園路
e0339873_18282698.jpg


カメラマン?
e0339873_18282605.jpg


小谷戸の里
e0339873_18282749.jpg


古民家
e0339873_18282709.jpg


2時間後 ここにもカメラマン
e0339873_18282752.jpg


さくらなみ池方向
e0339873_18282792.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-23 18:35 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 白いもの3つ   18.10.11   (白梅、クワコ、産毛)

きょうも、風が強い晴天の冬らしい日に。ヤマシギを求めてやってきたカメラマン多数、昼までは空振りだったようだ。

園路を歩いていて、「白いもの」3つを見つけました。


白梅   18.1.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/500,F8
e0339873_17303537.jpg
        例年、早めに開花する東門下の白梅が、やはり白い花をつけていた。


クワコの繭   〃   〃 1/500,F8
e0339873_17303636.jpg
        ヤマグワの枝先に白い綿のようなものが風に揺れている。
        絹糸をつくるために家畜化されたカイコの祖先とされる「クワコ」の繭だ。
        成虫の蛾は羽化した後かな?裂け目が見えないので、まだ蛹が中にいる?


和毛   〃   〃 1/320,F8
e0339873_17303594.jpg
        赤い実が食い尽くされたマユミの枝先に白い毛が。
        柔らかそうな和毛、どこかで猛禽に襲われた小鳥の毛でしょうか?


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-11 17:44 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 青空に富士山   18.1.9

「夜半の雨が上がると、強風が吹き気温が上がる」との予報通りに、抜けるような青空になった。3カ月ごとの病院回りで1日がつぶれた。

7日も同じような青空だった。ひさしぶりに「富士山が見えるかな」と尾根道に登ってみた。めっきり坂道を上下する脚力が落ちてきたので、手近に見える場所で妥協した。今年の富士山は雪が少なく登山道が見える、とのうわさ通りの富士山が見えた。


青空と白い雲   18.1.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/500,F8
e0339873_19000705.jpg
        富士山ビューポイントに向かう途中、谷戸から見た北の空です。 


富士山と丹沢の山並み   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_19000758.jpg
        手前の電線が邪魔なのだが、ビューポイントなのです。


富士山   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_19000824.jpg
        なるほど、山肌が見える所もありました。


飛行機雲   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_19000861.jpg
        七草粥をいただいた後の帰宅途中の南の空です。飛行機雲が流れていました。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-09 19:09 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ フユシャク出現   17.12.21   (クロオビフユナミシャク、チャバネフユエダシャク、ウスバフユシャク)

今日も強い北風が吹いて寒い一日。鳥撮りポイントでは、多種の鳥が賑やかに姿を見せた、と大勢のカメラマンが嬉しそうにしていた。出足が遅かった私は、その最終段階に来合わせたようで「おこぼれ頂戴」で終わったようだった。

昨年暮れから今年初めにかけての「フユシャク」シーズンは貧果におわったが、今年も出足は悪いのかなと思っていた。いつもシーズン当初に見る「クロスジフユエダシャク」が飛んでいるところは、まだ3回目撃しただけで撮影機会がない。

ただ、この2~3日、「さくら休憩所」のトイレでは、夜間照明に誘導されたのかフユシャク3種に出会うことができた。この限りでは、平年並みの出現と言ってよいのだろうか?。


クロオビフユナミシャク   17.12.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/30,F8
e0339873_17224809.jpg
        男子トイレの白壁の上の方にいた。
        昨日も、今日もとまっていいる。死んでいるのかも。

   12.21   〃 ISO800 1/160,F8
e0339873_17224916.jpg
        男子トイレのガラス窓の外側にとまっていた。


チャバネフユエダシャク   〃   〃 ISO800 1/160,F8
e0339873_17224991.jpg
        上のクロオビフユナミシャクのすぐ傍の木桟にとまっていた。


ウスバフユシャク   12.19   〃 ISO800 1/80,F8
e0339873_17224810.jpg
        同じトイレの入り口正面の高い位置にとまっていた。
        黒い点が見え、外横線が真っ直ぐなのは「ウスバフユシャク」です。
[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-21 17:34 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 柴垣の補修   17.12.6

今日から5日間、留守にします。その間は、予約投稿で「毎日更新」を続けたいと思います。

1日、北門を入った園路の両側の柴垣を更新する作業が行われていた。冬鳥が姿を現わす季節を前に、鳥撮りグループ「オールドボーイズ」の皆さん総出で毎年行われているものです。私?メンバーに入れるほどの写真の腕前がないので、入会していません。お手伝いできる腕もないもので。


柴垣の補修   17.12.1   CanonPowershot 8.8-36.8mm ISO125 1 /320,F4
e0339873_19441918.jpg
        左側の垣は更新前で傷んでいる様子が見えます。
e0339873_19441852.jpg
        反対側では、更新作業が。目の前の芦原から刈られた葦が使われます。


   12.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO409 1 /400,F8
e0339873_19441893.jpg
        2日間の予定が1日で完成してしまったそうです。お疲れ様でした。
        さて、今年はどんな珍鳥が姿をみせてくれるでしょうか。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-06 16:48 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 1年生が種まき   17.4.21

南岸低気圧が通過中、終日曇り空だった。

19日、体験畑の中で小学校1年生がひまわりの種を播いていた。
公園に隣接する南舞岡小学校は「舞岡公園付属小学校」を自称するほど、学校教育に公園の自然と活動を取り入れています。
この日は入学したばかりの1年生が、その活動の第1歩を踏み出したところでした。


ひまわりの種まき   17.4.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO400 1/320,F8
e0339873_18035014.jpg
e0339873_18035063.jpg
e0339873_18035176.jpg


      各学年ごとの公園との関わりは以下の通りです。

        1年生:ひまわりの種まきと観察、2年生との合同遠足
        2年生:古民家の見学や昔遊び・音読発表会、1年生との合同遠足、公園探検
        3年生:舞岡公園を含めたまち探検、古民家についての学習(道具や建物)
        4年生:自然観察会及び外来生物(セイタカアワダチソウ駆除)、収穫祭での発表
        5年生:田んぼ活動
        6年生:舞岡公園も含めた舞岡のまちのよさを伝え、守る活動
        全 校:全校遠足・吟行会

       学校の考え方が 南舞岡小だより平成29年2月号 に紹介されていました。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-04-21 18:12 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)