カテゴリ:舞岡公園の鳥( 147 )

■ シジュウカラの好物は?   17.12.27

カラッと晴れ上がった青空。出遅れた鳥撮りポイントでは、アリスイやクイナを撮り損なったようだ。

ありふれた鳥と見過ごしがちなシジュウカラだが、好物の餌を食しているところを見ると「食物連鎖」を目の当たりにしていることを実感する。
また、この冬のカマキリの卵鞘は高い位置についているように見えるので、この冬は大雪が降るのかな?


シジュウカラの好物は?   17.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F5.6
e0339873_18534912.jpg


   12.25   〃  ISO800 1/1000,F5.6
e0339873_18534943.jpg
e0339873_18535074.jpg
e0339873_18535023.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-27 18:58 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 冬鳥 参上   17.12.24   (シロハラ、ツグミ、ハクセキレイ)

12月に入って雨が降ったのは1日だけで空気は乾燥しきっているらしい。今夜遅くに久しぶりの雨が降るらしい。

曇り空の下、まだ出会っていない鳥との出会いを求めて散策。帰宅して、年賀状に「一言」を書く作業に精出して完成、やっと投函できることになった。

最近、出会った鳥さんたちです。


ハクセキレイ   17.12.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F5.6
e0339873_20174660.jpg
        いつもは田んぼや道端で忙しく尾をふりながら歩いている。
        この日は、「さくらなみ池」の中の杭の上にとまっていた。


シロハラ   12.21   〃 ISO800 1/160,F5.6
e0339873_20174714.jpg
        南門へ登っていく園路を歩いていると、目の前の枯れ葉の中に動く物が。
        今季の初見の冬鳥「シロハラ」だった。じっとして動かずにいると、餌探しを始めた。


ツグミ   12.22   〃 ISO400 1/80,F6.4
e0339873_20174749.jpg
        タシギ田んぼでアリスイなどの出現を待っていると、今季初見のツグミが出てきた。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-24 20:27 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ アリスイ出たぞ!   17.12.22

風がないので、陽が陰ると寒く陽がでて日溜りにいれば暖かい。

そんな鳥撮りポイントでカメラを構えていると、「アリスイが出た!」との声が。それから、なんと30分ばかり、藪のあちこちに姿を見せては移動するアリスイを追いかけました。

最初の1枚がオリジナル画像で、以下は同じ比率でトリミングした画像です。大小があるのは、カメラとの距離の変化によるものです。殆んどが「証拠写真」にすぎないので、いつかしっかりと撮影したいものです。


アリスイ   17.12.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F6.4
e0339873_18575390.jpg
e0339873_18575300.jpg
        最初に、どこからか飛んで来たお気に入りの「アリスイの木」。
        手前の細い枝の陰で全身は見えない。

        以下、あちこちに移動して姿を見せてくれたシーンです。
        同じ比率でトリミングしています。


e0339873_18575446.jpg
e0339873_18575290.jpg
e0339873_18575292.jpg
e0339873_18575299.jpg
e0339873_18575347.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-22 19:06 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマシギ見参   17.12.20

本格的寒さの冬になった。久しぶりに散髪に行った。散策は着帽して出かけるが襟元が寒い。

2時過ぎの谷戸にはシジュウカラとメジロの混群が賑やかに飛んでいた。帰りがけ「ヤマシギがいたが、動かなくなったので帰る」とカメラマン諸氏が声をかけてくれた。いつものヤマシギ・ポイントに行ってみると、残ったカメラマン氏がひとり「水浴びしてくれないか待っているのですよ」と教えてくれた。

どこにいるのかわからないでいると、「あっ、丸太を乗り越える!」と教えてくれた。


ヤマシギ   17.12.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/250,F5.6
e0339873_18000159.jpg
        乗り越えシーンは撮れなかったが、2列の丸太のあいだの流れの所で静止していた。
        リスの声に驚いたのか首を伸ばして固まっている。
e0339873_18000134.jpg
        もう1本の丸太を乗り越えてこちら方向に進んでくる。

e0339873_18000120.jpg
        地面に長い嘴を突っ込んで餌探し。後頭部のバーコードマークがよく見える。

e0339873_18000250.jpg
e0339873_18000260.jpg
        どんどん進んできて、餌探し。
e0339873_18000369.jpg
        一部拡大してみると、どうやらミミズにいきあたったようです。

e0339873_18000373.jpg
        低い位置に倒れている長い枝をくぐってきた。最も近くまで近づいてきた所です。
        ノートリミングで最上段の画像と、その大きさを比較してみてください。

e0339873_18000016.jpg
        あまりに近づきすぎたのに気づいたのか、慌ててUターンして丸太を乗り越えていった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-20 18:25 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ マユミと小鳥   17.12.19   (コゲラ、メジロ)

快晴の青空できびしい寒さの1日。年賀状の印刷と、旅行メンバーに配る写真のプリントなどに精を出して、散策はお休み。

園内の田んぼの周辺には、植栽したのか自生なのかマユミの木が多い。皮がはじけて真っ赤な実が寒風に晒されて甘味でも増えるのか、いろいろの鳥が啄んでいる。「マユゲラ」「マユジロ」と勝手に約して呼んでいるシーンです。


マユミにコゲラ   17.12.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_18290193.jpg
        きのう紹介したヤマガラを撮影している近くから、賑やかにシャッター音が聞こえてきた。
        残り少なくなったマユミの実を啄むコゲラの姿が。
        軽く見える小鳥でも、ぶらさがるとこんな格好になるのですね。


マユミにメジロ   12.17   〃 ISO3200 1/1000,F8
e0339873_18290254.jpg
        ヤマシギ出現ポイントで。先着カメラマンが向いている方向を目を凝らして見ても、
        背景に溶け込んでいるのか、全く識別できない。
        動き出すまで待てない私、浮気して目の前の「マユジロ」を撮影してみた。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-19 18:39 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマガラ   17.12.18

今朝の冷え込みはきつく、早朝歩きで園内某所の温度計がマイナス2.5度を示していた。

おととい、水車小屋の前で、ヤマガラが「ミューミュー」と鳴き交わしながら、地面と木の枝を行ったり来たりしていた。よく見ると、地面に落ちた傍のエゴノキの実を見つけては、カリカリと割ったり、遠くの隠し所に運んでいるのでした。


ヤマガラ   17.12.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400640 1/60,F6.4
e0339873_18563118.jpg
e0339873_18563169.jpg
        カメラの目の前で構図よく撮らせてくれた。

e0339873_18563072.jpg
        小屋の敷居の傍の地面でエゴノキの実をみつけた。

e0339873_18563051.jpg
        込み入った枝の中でこちらを見ている。

e0339873_18563082.jpg
        ちょっとイタズラをして、実を集めて石の上に乗せてやった。

e0339873_18563095.jpg
        すぐには降りてこずに、高い枝から見下ろしていた。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-18 19:02 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ タシギ登場   17.12.17

快晴の青空の下、寒風が吹き募り寒い。鳥撮りサイトには、カメラマンが集中していろいろの鳥の出現を待っている。

毎年タシギが居続ける「情報館」横の湿地に、今年も姿を見せた。私の初見のきのうは1羽、きょうは2羽です。ライバルのいない処女地、狙い目のミミズはいるかな?じっくり観察すれば、ミミズを引っ張り出すシーンに出会えるのでしょうが、根気のない私には無理ですね。


タシギ   17.12.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/60,F8
e0339873_18074660.jpg
        水溜まりの中に横たわる材木を跨いで、手前に進んできた。
e0339873_18074633.jpg
        しばらくジッと佇んでいる。
e0339873_18074710.jpg
        また動き始めた。


〃 水浴び   12.17   〃  1/200,F8
e0339873_18074735.jpg
        湿地の真ん中を流れる細流に入って水浴びを始めた。
        タシギの水浴びシーンは初めて見たかな?

e0339873_18074701.jpg
        ちょっと乾燥して草が生えている左側の湿地で、2羽が地面をつついていた。

        タシギの水浴びシーンがありました。
        ■ タシギの水浴び  14.2.8

[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-17 18:22 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 水辺の鳥 3種 (2)   17.12.9   (オオバン、コガモ、カラス?)

アリスイ、ベニマシコなどの人気の高い鳥は疾うに姿を見せているのだが、なぜか出会えない(理由は、出るまで待つ忍耐力がない)。

普通に出会える鳥たちです。


オオバン   17.11.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO200 1/160,F8
e0339873_21054725.jpg
        顔面から嘴にかけて白い大柄なのが「オオバン」です。
        「さくらなみ池」でコバンの夫婦(?)と仲良く泳いでいるところが見られる。


コガモ   〃   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_21054182.jpg
        谷戸奥の「おおはらおき池」でカルガモと一緒に浮かんでいたが、
        コガモ船団を組んで泳ぎだしたところです。


カラス   〃   〃 ISO800 1/200,F8
e0339873_21053627.jpg
        水辺にいた鳥、です。田んぼの溜水でさかんに水浴びしていた。
        水から上がったところ。「濡れ羽色」が輝いていました。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-09 17:59 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種   17.12.1   (シジュウカラ、モズ、カワセミ)

早いもの今日は「師走」12月に。寒さは一入。

きのう出会った鳥から3種です。


シジュウカラ   17.11.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/80,F8
e0339873_18303182.jpg
e0339873_18303171.jpg



モズ   〃   〃(trimming) ISO1600 1/100,F8
e0339873_18303151.jpg



カワセミ   〃   〃 ISO1600 1/100,F8
e0339873_18303293.jpg


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-01 18:33 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ホオジロ   17.11.29

予報通りに「小春日和」になった。うっかりいつもの服装で散策に出てしまったので、すぐに「暑い暑い」という言葉を発してしまった。

あのカメラマン集団が見えずハイタカはどこかへ行ったらしい。ススキの彼方にホオジロが姿を見せた。


ホオジロ   17.11.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/160,F8
e0339873_17420790.jpg
e0339873_17420661.jpg
        ピントが甘く、手ぶれもあって「証拠写真」にすぎませんが。。


   参考
ミヤマホオジロ   17.11.7   〃 ISO800 1/160,F6.4
e0339873_17241910.jpg


        過去記事  ホオジロ

[PR]
by higirinikki2 | 2017-11-29 17:46 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)