人気ブログランキング |

カテゴリ:舞岡公園の鳥( 215 )

■ ヤマガラの雛   19.5.3

今日は「五月晴れ」。でも本当の「サツキ晴れ」は、6月(皐月、陰暦の5月)の梅雨時に見られる晴れ間のこと、なんです。

瓜久保、かっぱ池のほとりにカメラマンが集まっていた。ヤマガラの雛2羽が巣から落ちて戻れなく、枝の途中まで登ったものの動けなくなっていた。見守る親2羽が餌を咥えてきて与えていた。
夕方5時頃までは無事にしていたらしいが、その後の消息はわかりません。


ヤマガラの雛   19.5.3   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/100,F7.1
e0339873_20364429.jpg
e0339873_20364337.jpg
        目の前の枝にとまっているのだが、背景が明るく2絞り開けて撮影。 

ヤマガラの親
e0339873_20364344.jpg
        餌を咥えた親鳥が杭の上にとまって、こちらをうかがっている。 

ヤマガラの親子
e0339873_20364329.jpg
        子のいる枝に親がやってきた。

大きな餌 呑みこめるかな?
e0339873_20364350.jpg
e0339873_20364315.jpg
e0339873_20364304.jpg
e0339873_20364404.jpg


親が飛んだ
e0339873_20531591.jpg
        この後、口移しができたのか確認できぬまま親鳥が飛び立ってしまいました。

もう一組の親子
e0339873_21215026.jpg
        もう1羽は、幹の向こう側にいて親から餌を貰っていた。
        確認できたのは、このシーンだけでその後は見ていません。


by higirinikki2 | 2019-05-03 20:43 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カワウの漁   19.4.17

曇り空ながら春である。

虫探しの散策終えて帰りがけ、「さくらなみ池」にカワウがやってきていた。潜ったなと思ったら何かをくわえて浮き上がった。


カワウ   19.4.17   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/160,F16
e0339873_18125012.jpg
        くわえているのが何か、等倍に切り出してみた。
e0339873_18125000.jpg
        大きな鮒のようです。すでにカワウによって根こそぎ大きな魚は漁られていなくなっていた
        と思っていたが、まだいたのだ。
        以下、等倍切り出し画像で動きを追ってみます。
e0339873_18125087.jpg
e0339873_18125071.jpg
e0339873_18125066.jpg
e0339873_18125185.jpg
e0339873_18125109.jpg
        完全に呑みこんだ後は、喉首を膨らませながら木柵や浮島で休んでいた。
        あんなに大きな獲物を呑みこんで「満足」といった表情?と動きを見せていた。
e0339873_18124983.jpg
e0339873_18125089.jpg
e0339873_18125062.jpg



by higirinikki2 | 2019-04-17 18:21 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 蛙を呑んだアオサギ   19.4.12

また寒さが戻ってしまった。霧雨らしきものも降っていて、散策には出られない。でも、日課の散歩に出るという妻に同行。念のためコンデジを持っていった。

谷戸に着いた「おおはらおき池」の奥に「サギがいる」と見つけた妻、双眼鏡で見て「蛙をくわえているよ」と教えてくれた。


アオサギ   19.4.12   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/500,F4
e0339873_17533693.jpg
        これが原画です。何かを咥えているのも見えない。
e0339873_17533695.jpg
        拡大してみて「ウシガエルだ」とわかった。
        真っ黒な手足、縞々の腹が見える。
e0339873_17533660.jpg
        40秒後、蛙を頭から呑みおわったところです。(まだ、足が見える)
        外来種で繁殖力旺盛のウシガエルです。せいぜい食料として退治してくださいね。アオサギさん!


ダイサギ   〃   〃  ISO400 1/200,F4
e0339873_17533539.jpg
        50分後、「宮田池」にダイサギが飛んできた。「もう、この池には鮒や鯉などの大物はいないと思うよ」
e0339873_17533597.jpg
        飛んだ!カメラが追いつかない。隣りの「さくらなみ池」に降りた。
e0339873_17533520.jpg
        そこへ、大きなアオサギも飛んできた。
e0339873_17533625.jpg
        さっき蛙を呑んだ個体には肩の黒い羽がなかったので、別個体かもしれない。


by higirinikki2 | 2019-04-12 18:04 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ダイサギか?   19.4.10

4月10日にして、突然「真冬」の寒さに。冷たい大粒の雨も降って、外に出る気にならない。

きのうの散策で、「宮田池」に臨む藪の上に大きい白鷺がつくねんととまっていた。散策の後半、水車小屋付近から飛んだ姿はかなりの大柄なサギに見えた。明らかにコサギではないようだった。

確信はありませんが、夏羽姿のダイサギとします。


ダイサギ   19.4.9   FUJIFILM X-T2 100-400mm ISO400 1/1600 F13
e0339873_17473071.jpg
        隣りに比較対象になるチュウサギがいれば違いがわかる筈なのですが。

チュウサギとの違い
e0339873_17473010.jpg
        1.両方ともクチバシは繁殖期の春から初夏にかけて黒くなるが、
          目元が黒く、チュウサギでは黄色い。
        2.ダイサギは口角が眼の後端を超えているのに対し、。
          チュウサギでは、口角が眼の後端とほぼ同じ位置にある。
        3.嘴もチュウサギよりも長い。

夏羽
e0339873_17473029.jpg
        繁殖期には胸や背中に白い飾り羽が生える。

肢の指が黒い
e0339873_17473016.jpg
        肢の指が黄色いコサギとの明らかな違いです。



by higirinikki2 | 2019-04-10 17:57 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ オオルリを撮っていた   19.4.4   (オオルリ、ウグイス、コゲラ)

ようやく寒気団が遠ざかって、暖かな春が戻ってきそうだ。

1日、ツマキチョウを撮った後、ウグイスの声を追って藪を眺めていると、紺色の大柄な鳥が目についた。80mmレンズでは撮れたのか撮れなかったのかわからない。その場にいたチョウチョウ(鳥、蝶)仲間のWkさんも追っていたが、撮れなかった。
翌2日、トラフシジミを撮った後、Wkさんが来て「今朝、きのうの鳥のリベンジができた。オオルリだった」と画像を見せてくれた。「あの時、もっと長い玉をもっていればなあ」と悔しい思いをした。
きのう、未練たらしく1日の画面を詳しく覗いてみると、なんとオオルリの姿を捉えていたことを発見、顔が見えない後ろ姿だったのが残念ですが「撮っていたんだ」と小躍りしました。


オオルリ   19.4.1   FUJIFILM XT2 80mm/macro(trimming) ISO200 1/400,F8
e0339873_21493276.jpg
        オオルリが公園で見られるとは全然知らなかったので、「へえ、こんな綺麗な鳥がいたんだ」と嬉しくなりました。

        因みに元の画像だと、どこにいるのか判らないのは無理ないでしょう。
e0339873_22193479.jpg



ウグイス   〃   〃  ISO200 1/500,F8
e0339873_21493285.jpg
        その後、別の藪で鳴くウグイスを追っていって、なんとか鳴いている姿を撮ることができました。


コゲラ   4.2   〃 100-400mm ISO200 1/500,F8
e0339873_21493229.jpg
        頭の上から「コツコツ」と木を叩く音が聞こえた。見上げる後頭部には赤い羽が見えないので、これは雌でした。


by higirinikki2 | 2019-04-04 17:08 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ウグイス   19.3.18   (ウグイス、ヤマガラ、シメ)

朝から快晴の空。まだ風が冷たい。

木々の葉が茂る前には、ウグイスに出会わないと「声はすれども姿は見えず」状態になる。でも、枝先で囀るのはまだ先。藪の中の声を頼りに、なんとか「それらしい姿」を撮った。
ひさしぶりの「鳥さん」たちだが、80mm/macro レンズでは小さくしか撮れない。解像力が頼りの画像、拡大画像もご覧ください。


ウグイス   19.3.18   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/400,F8
e0339873_18215758.jpg
e0339873_18215763.jpg
 


ヤマガラ   〃   〃(trimming) ISO200 1/500,F8
e0339873_18215615.jpg
        カマキリの卵鞘を見つけて一心不乱につついていた。


シメ   3.14   〃(trimming) ISO400 1/640,F8
e0339873_18215659.jpg
        ムクノキの実でしょうか? 身体を伸ばしては、枝先の実を摘まんでいました。


by higirinikki2 | 2019-03-18 18:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ コジュケイ   19.2.28

また予報が外れたのか。「午前中は曇り」の予報で散策を予定していたのに、朝からの雨がやまない。寒さも戻った。

おとといのフィールド、タシギが主役だったと思っていたが、画像を確かめるとコジュケイも準主役だった。


コジュケイ   19.2.26   FUJIFILM X-T2 100-400mm 1.4×TC ISO1000 1/100,F8
e0339873_20265164.jpg
        「トンネル」と通称している、アリスイがよく出現する場所。
        ゆったりとお出ましになったコジュケイ。
e0339873_20265175.jpg
        突然、羽ばたいた。
e0339873_20265118.jpg
        その後、何事もなかったように左側に消えていった。
e0339873_20265150.jpg
e0339873_20293378.jpg


        2時間ほど前に「クイナとタシギ」と標題をつけた記事を掲載しましたが、
        26日の記事とダブル箇所があったので削除しました。



by higirinikki2 | 2019-02-28 20:37 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カワセミ   19.2.27

今日も予報が外れたのか、陽ざしがない一日。

山道を下って着いた池の畔、ひさしぶりのカワセミに会った。アリスイだ、ヤマシギだ、タシギだ、クイナだ、賑やかな鳥撮りの対象からすっかり忘れられた格好のカワセミですが、ちょっとふっくらと綺麗になったように思える。


カワセミ   19.2.27   FUJIFILM X-T2 100-400mm 1.4×TC(trimming) ISO1600 1/800,F6.8
e0339873_18032460.jpg
        カメラを構えた途端に翅を動かす動きを見せた。
e0339873_18032481.jpg
        風に和毛がふくらみ、陽に透けて綺麗だ。
e0339873_18032450.jpg
        すこし向きを変えて、すぐに飛び去った。


by higirinikki2 | 2019-02-27 18:06 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ タシギが2羽   19.2.26

「朝から晴れ」の予報が外れて、予定を変えて戸塚の街に出て区役所、銀行の用を済ませる。

午後、陽が出てきたので散策に。もう、アリスイの季節はおわりか、なんとかタシギが2羽出てくれて先日のリベンジを果たせた。


タシギが2羽揃って   19.2.26   FUJIFILM X-T2 100-400mm 1.4×TC ISO2000 1/500,F8
e0339873_21355933.jpg
e0339873_21355914.jpg
e0339873_21355651.jpg
 


獲物は何かな?
e0339873_21355986.jpg
        静かな水面に深く嘴を突っ込んで餌探し中。
e0339873_21355921.jpg
        獲れた!嘴の先に巻き付いているのは?イモリかな?


何かに追われて
e0339873_21355643.jpg
        2羽のうちの右側のタシギが何かにおびえて羽ばたいた。
        もう1羽はじっとしている。
e0339873_21482001.jpg
        左側から現れたのはクイナでした。


by higirinikki2 | 2019-02-26 21:45 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 舌を出すアリスイ   19.2.23

気温は高めの予報だが強い北風が冷たい。

かっちりした写真を撮るには三脚は欠かせないものと、今日からは重いけれども担いでいくことにした。フィールドには鳥の出現頻度が低く、「アリスイが葉陰に入って出てこないんだよ」と教えられる。根気よく待つこと1時間半近く、木や草の隙間から見えるアリスイが長い舌を伸ばすのが見えた。シャッターを切ったところ、舌を引っ込めるシーンが撮れた。きのうの、同じシーンもご覧ください。


舌を出すアリスイ 1    19.2.23   FUJIFILM X-T2 100-400mm 1.4×TC ISO400 1/500,F8
e0339873_19274768.jpg
        ファインダーを見つめていると長い赤い舌が伸びるのが見えた。
        すぐに秒3駒の連写。これらの3駒を捉えていました。
e0339873_19274750.jpg
        いったん舌が引っ込んでいる。
e0339873_19274738.jpg
        また舌が短く出ているのを捉えていた。次の駒からは口は閉ざされていた。


舌を出すアリスイ 2    2.22   〃 ISO400 1/400,F8
e0339873_19274722.jpg
        きのうは、今日と違ってアリスイはあっちこっちと場所を変えてはいろいろのポーズを見せていた。
        その内の1コマ、枝先にとまって舌を伸ばしてみせた。


by higirinikki2 | 2019-02-23 19:37 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)