人気ブログランキング |

■ 小さな蜂 3種   19.6.15   (ヒメコンボウヤセバチ ♂、シロスジトゲヒメバチ、キオビチビドロバチ)

終日雨の1日。

在庫写真から小さな蜂たちです。怪しい同定です。間違いならばご指摘ください。


ヒメコンボウヤセバチ ♂   19.6.4   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/200,F8
e0339873_17173485.jpg



シロスジトゲヒメバチ ♀   6.9   〃 ISO12800 1/70,F8
e0339873_17173548.jpg



キオビチビドロバチ   6.11   〃 ISO400 1/200,F8
e0339873_17173529.jpg



# by higirinikki2 | 2019-06-15 17:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ シリアゲコバチ   19.6.14

夕方から天気が崩れる予報。午前中、散策に。相変わらず、お目当ての蝶は姿が見えず。

こういう時は、お気に入りのポイントで小さなハチの観察。あまり小さすぎて、何を撮っているのかわからずに、とにかく数多く撮影。
帰宅後、pcで確認したところ「シリアゲコバチが、切り株に産めこまれたハキリバチの幼虫を触覚で探り当てて、産卵管を突き刺して幼虫の体内に産卵している」シーンだったことがわかった。


シリアゲコバチ   19.6.14   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO6400 1/250,F8
e0339873_18203660.jpg
        切り株状のベンチにした丸太に孔がいっぱい開いている。
e0339873_18203662.jpg
        その孔の近くを触覚を当てて歩いているのがシリアゲコバチの♀。

産卵管が鞘から外れた!
e0339873_18203704.jpg
        よく見えないハチが、肢を伸ばして尻を持ち上げた。と、みえたのでシャッターを押した。
        ちょうど鞘から外れた産卵管が斜めに見えていた。
e0339873_18203717.jpg
        次のシーンでは、もう産卵管が突き立てられていた。
e0339873_18203791.jpg
e0339873_18203790.jpg
        少しづつ腰を沈めて、産卵管を埋め込んでいって幼虫を探っている、らしい。


腰が沈んで産卵管が深く入った
e0339873_18203646.jpg
        こうして深く入った産卵管で幼虫を探り当てて産卵をする、らしい。
        その間、数分から十数分におよぶらしいです。


いたずらはやめなさい!
e0339873_18203638.jpg
        腰を屈めて低い位置で撮影するのは疲れます。
        本当は何をしているのかわからないので、動きの止まったハチにちょっかいをかけてみました。
        なぜか、それでも動かないので撮影をやめてしまいました。

        この時は、まさか産卵管が突き刺さっていたとは思いもかけなかったのです。
        これでは動けませんよね。ごめんなさい!


# by higirinikki2 | 2019-06-14 18:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(1)

■ 小谷戸の里の”小さな花”   19.6.13   (ママコノシリヌグイ、オオカモメヅル、ゼニゴケ)

本当の「梅雨晴れ」。夏日とはいえ蒸し暑くないのはありがたい。

「小谷戸の里」で見つけた「小さな花」3種です。・・・「小さな花」と言えば? そう、双子姉妹「ザピーナツ」の歌った「Petite Fleur」を思い出す。え?「そんな歌知らない」人も多いでしょうね。


ママコノシリヌグイ   19.6.13   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/125,F8
e0339873_17575479.jpg
        古民家前庭の花壇、叢の中で蕾を見つけた。
e0339873_17575425.jpg
        半ば開いた花に蟻がやって来ていた。


オオカモメヅル   〃   〃 ISO3200 1/100,F8
e0339873_17575308.jpg
        毎年、蔓を伸ばす株に小さな花が開いています。


ゼニゴケ(破れ傘)   〃   〃 ISO10000 1/200,F8
e0339873_17575436.jpg
        観察を続けてきた株(?)に花開いていた。
e0339873_17575343.jpg
        実際の眺めはジャングルのようです。と言っても、どれも1㎝mに満たない高さの「破れ傘」です。

        詳しくは ■ ゼニゴケ 破れ傘に花が咲いた?   18.6.23 をご覧ください。


# by higirinikki2 | 2019-06-13 18:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ベニシジミ   19.6.12

また「梅雨の晴れ間」? 昼過ぎに散策に。目指すミドリシジミは1頭見かけたものの飛び去られた。

歩き始めて綺麗な姿をしたベニシジミが目についた。1頭には鮮やかな青紋が。
「春型」か「夏型」か、♂か♀か。判別できないが、大画面でご覧ください。


ベニシジミ 1   19.6.12   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/320,F8
e0339873_19201978.jpg
e0339873_19201944.jpg
        青い紋が3つ半?


〃 2
e0339873_19201931.jpg
e0339873_19201906.jpg
        小さい青い点が連なって見えます。


# by higirinikki2 | 2019-06-12 19:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 「夏虎」参上   19.6.11   (トラフシジミ、ウラナミアカシジミ)

早くも「梅雨の晴れ間」を朝から見せてくれたので、朝食抜きで8時前にミドリシジミを求めて400mmレンズを持ってフィールドへ。全くの気配なしにションボリ。

念のために持参したコンデジが役立ちました。


トラフシジミ 夏型   19.6.11   CANON G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/800,F8
e0339873_18323998.jpg
e0339873_18324078.jpg
        今シーズン初見の夏型、リョウブでもネムノキでもない、見栄えしない草の上。
        でも贅沢言ってはいけませんね。


ウラナミアカシジミ   〃   〃 ISO400 1/800,F8
e0339873_18324040.jpg
        先月30日に高い位置のを撮ったきり再会できずにいた、ウラナミアカシジミが強風に抗って葉にしがみついていた。
        事務所スタッフの Ya さんと悪戦苦闘の撮影会になった。
e0339873_18324009.jpg
        通りかかった O さんが枝を引き寄せてくれて、撮影できました。
      

# by higirinikki2 | 2019-06-11 18:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)