人気ブログランキング |

2019年 08月 07日 ( 1 )

■ 初見の虫 3種   19.8.7   (ハキナガミズアブ、テラニシシリアゲアリ、オビコシボソガガンボ)

今日も「猛暑日」を思わせる暑い日に。外出を控えて高校野球TV観戦、星稜高対旭川大高の投手戦に手に汗を握った。

在庫写真の中にあった「初見の虫」たちです。 


ハキナガミズアブ   19.7.24   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/1600,F8
e0339873_15502825.jpg
        黄色い縁取りが綺麗な虫を見つけた。
        ハチやハナアブの中に該当する姿がありません。
        散々苦労して「ハキナガミズアブ」に辿り着きました。ミズアブの仲間なんて。
 
        和名   ハキナガミズアブ
        体長   5~7mm
        分布   本州,四国
        出現期  6~8月
        餌    不明
        解説   黄色いラインが綺麗な小型ミズアブ。
             模様から一見、ヒラタアブ亜科の仲間に見えるが、ミズアブの仲間である。
             葉上を歩き回るところがよく観察されている。


ハリブトシリアゲアリ?   7.20   〃 ISO800 1/100,F8
e0339873_15502814.jpg
        ヤブガラシの蜜たっぷりの花に群がっている小さい蟻。
        アリを「分類」の目で見たことがなかったので同定に苦労。「?」つきですが。
        、この画像と、Wikipedia の「植物の花外蜜腺などからも蜜液を集め、餌とする。」の解説が符合するのが決め手?


オビコシボソガガンボ   7.11   〃 ISO3200 1/400,F7.1
e0339873_15502887.jpg
        ブーンと飛んできた時はハチかと思った。
        まさかガガンボとは思わず、こちらも同定に大苦労。
 
        ハエ目 コシボソガガンボ科 コシボソガガンボ亜科
            本州から屋久島にかけて分布する。
           低山地に見られ、翅の黒い模様と、腰が細くなってくびれるのが特徴である。


by higirinikki2 | 2019-08-07 16:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)