人気ブログランキング |

2019年 07月 09日 ( 1 )

■ アジアイトトンボ   19.7.9

四国では記録的大雨が降っている。当地では梅雨寒の曇り空で雨は落ちてこなかった。

田んぼでは稲の分蕨がすすんで大きく伸び、張られた水が深くなると、イトトンボの姿が見られるようになった。きのう、今日の散策でアジアイトトンボのいろいろのシーンを見ることができた。 


アジアイトトンボ 雄   19.7.9   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO800 1/320,F8
e0339873_18123169.jpg
e0339873_18123132.jpg
        腹節8,9,10番目が青いので、アオモンイトトンボではない。 


アジアイトトンボ 雌   7.8   〃 ISO800 1/400,F8
e0339873_18123145.jpg
e0339873_18123108.jpg
e0339873_18123200.jpg
        雄と同系の色合いだが、腹先端の青色はなくくすんだ色になっている。 


アジアイトトンボ 未熟雌   〃   〃 ISO800 1/200,F8
e0339873_18123241.jpg
e0339873_18123262.jpg
        赤錆色が綺麗な未熟雌です。


交尾するアジアイトトンボ   7.9   〃 ISO800 1/500,F8
e0339873_18123271.jpg
        雌もすぐに成熟するのか、今日は交尾するペアを何組か見た。


クモの餌食に   〃   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_18123293.jpg
        うっかりオスクロハエトリが待っている所にとまってしまったのだろう。
        羽化したばかりだろう雄が捕まってしまっていた。


by higirinikki2 | 2019-07-09 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)