人気ブログランキング |

2019年 07月 07日 ( 1 )

■ 梅雨の草花 3種 (3)   19.7.7   (マヤラン、オトギリソウ、ネジバナ)

今日も1日、雨降り。田んぼの「草取り」の日だったが、腰を屈めての作業は辛いので前回に続き休ませてもらった。

雨の季節に咲いている花たちです。


マヤラン(摩耶蘭)   19.7.5   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/160,F8
e0339873_17090206.jpg
        園内某所で、例年にない群生ぶりで満開になっている。

        和名はこの種が初めて発見された神戸市の摩耶山にちなむ。


オトギリソウ(弟切草)   〃   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_17092370.jpg
        オカトラノオの群生している傍で黄色の花が目立っている。 

        名前の由来は、鷹匠兄弟の弟が秘密にしていた秘伝の鷹の傷薬である 薬草(弟切草のこと)の存在を、
        他人にばらしてしまい、怒った兄によって斬り殺されたという平安時代の伝説から来ている。
        このとき飛び散った血痕が葉や花びらにある黒い斑点になったとも言われていて、
        花言葉の 「秘密」や「恨み」もこの伝説が元となっているようだ 。


ネジバナ(捩花)   〃   〃 ISO800 1/250,F8
e0339873_17091428.jpg
        「捻じれた花」という直な命名の一方、「偲ぶ文字摺り」モジズリという優雅な名前もある。
e0339873_17092344.jpg
        一本、直な花もあった。


by higirinikki2 | 2019-07-07 17:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)