人気ブログランキング |

2019年 05月 07日 ( 1 )

■ 羽化したてのアカボシゴマダラ(春型)   19.5.7

連休が明けて世の中が動き始めた。といっても、当方は「365日休み」だから、とりたてて新しい気分になるものではない。

昼12時をはさんで2時間ほど散策。すこし涼しい風がふいて気持ち良い。最後の場所で羽化したてのアカボシゴマダラ(春型)を見つけた。厳しい冬を幼虫で越冬して、春の美味しいエノキの葉を食して太った芋虫になり、エノキの若緑色の葉に擬態した蛹になり、羽化直前には白い蛹姿に変化してきた。


羽化したてのアカボシゴマダラ(春型)   19.5.7   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO1600 1/250,F8
e0339873_18015503.jpg
        本土在来ではないアカボシゴマダラは鎌倉周辺で放蝶されたと思う生い立ちを持っている。
        在来の近似種のゴマダラチョウと生息環境を争いながら関東北部まで生息域を拡げているらしい。

        越冬幼虫が羽化した春型は、この白い姿でふらふらと飛ぶ。
        いずれ園内どこでも見ることができるようになる。


蛹の抜け殻と一緒に
e0339873_18015529.jpg
        見つけたのは蛹の抜け殻の方が先だった。

        以下、時期をさかのぼって幼虫時代からの変化をたどります。


終齢まじかの幼虫   4.28   〃 ISO800 1/2500,F5
e0339873_18015564.jpg
        エノキの若葉をいっぱい食べて丸々と太った幼虫。
        体の縞はエノキの葉脈に似せている


葉に擬態している蛹   5.3   〃 ISO800 1/160,F5
e0339873_18015549.jpg
        蛹が2つ並んでいた。エノキの葉の葉脈に似せた体は遠めには葉に見えて蛹とは気づかない。


羽化まじかの蛹   5.4   〃 ISO800 1/125,F8
e0339873_18015541.jpg
        羽化まじかになると、真っ白な蛹の姿はよく目立っている

by higirinikki2 | 2019-05-07 18:21 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)