人気ブログランキング |

2019年 05月 03日 ( 1 )

■ ヤマガラの雛   19.5.3

今日は「五月晴れ」。でも本当の「サツキ晴れ」は、6月(皐月、陰暦の5月)の梅雨時に見られる晴れ間のこと、なんです。

瓜久保、かっぱ池のほとりにカメラマンが集まっていた。ヤマガラの雛2羽が巣から落ちて戻れなく、枝の途中まで登ったものの動けなくなっていた。見守る親2羽が餌を咥えてきて与えていた。
夕方5時頃までは無事にしていたらしいが、その後の消息はわかりません。


ヤマガラの雛   19.5.3   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/100,F7.1
e0339873_20364429.jpg
e0339873_20364337.jpg
        目の前の枝にとまっているのだが、背景が明るく2絞り開けて撮影。 

ヤマガラの親
e0339873_20364344.jpg
        餌を咥えた親鳥が杭の上にとまって、こちらをうかがっている。 

ヤマガラの親子
e0339873_20364329.jpg
        子のいる枝に親がやってきた。

大きな餌 呑みこめるかな?
e0339873_20364350.jpg
e0339873_20364315.jpg
e0339873_20364304.jpg
e0339873_20364404.jpg


親が飛んだ
e0339873_20531591.jpg
        この後、口移しができたのか確認できぬまま親鳥が飛び立ってしまいました。

もう一組の親子
e0339873_21215026.jpg
        もう1羽は、幹の向こう側にいて親から餌を貰っていた。
        確認できたのは、このシーンだけでその後は見ていません。


by higirinikki2 | 2019-05-03 20:43 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)