2018年 04月 25日 ( 1 )

■ 外来生物 2種   18..4.25   (ウシガエル、ミシシッピアカミミガメ)

昨夜から午前中にかけて低気圧と前線が通過して、かなりの量の雨が強く降っていた。午後には青空も見え、アサガオやキュウリの苗をプランターに植える作業をした。

21日、山道を降りて「さくらなみ池」に着くと、冬の間は姿が見えなかった外来種2種が陽の光を浴びていた。「食用ガエル」と「ミドリガメ」の末路の者どもだ。


ウシガエル   18.4.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_18445062.jpg
        東京都の東のはて、まだ田んぼや池が残っていた子供時代、
        「食用ガエル」と称されるカエルがいて、大人たちが獲っていたりしていた。
        家の中にいても「グオーグオー」という牛の声そっくりの鳴き声が聞こえてきたものだった。

        「特定外来生物」に指定されるほど、小さな池の生物相を変える被害を与えている。


ミシシッピアカミミガメ   〃   〃 1/640,F8
e0339873_18445054.jpg
        土の中での冬眠から醒めて出てきた個体だろうか。耳の位置の赤さが際立っている。

        何年前からだろうか、縁日などで「ミドリガメ」として売られた個体が、
        大きく成長して飼いきれなくなって公園や神社の池に放たれて繁殖して
        群れを成すようになった。

        この「さくらなみ池」でも大小多くの個体の姿を見ることができる。
        「特定外来生物」に指定はされていないので、公式に「駆除」することができないのだろう。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-04-25 18:59 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)