人気ブログランキング |

■ アオモンイトトンボ Ⅱ   19.7.24

「梅雨明け宣言」が出てもおかしくないと思える日に。夏の散策が始まりそうだ。

「出穂」も始まった早生稲「黄金餅」種の田んぼでは、ネット掛けも始まっている。まだネットの掛かっていない田んぼでは、アオモンイトトンボが群がるように飛んでいた。


狩りするアオモンイトトンボ   19.7.24   FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO640 1/200,F8
e0339873_18422728.jpg
        小さな蛾だろうか、飛んでいるところを捕まえられた。肢で葉にしがみついている。
e0339873_18422746.jpg
        もう逃れられないだろう。


アオモンイトトンボ 未成熟の雌
e0339873_18422700.jpg


アオモンイトトンボ 雄?雌?

        真横または下から撮影して副性器の有無を見ないと、雌雄の識別は無理のようです。

e0339873_18422848.jpg
e0339873_18422852.jpg
e0339873_18422752.jpg
e0339873_18422870.jpg
e0339873_18422887.jpg


by higirinikki2 | 2019-07-24 18:49 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)
Commented by かえで☆ at 2019-07-24 23:47 x
ひろしさん コメントがご無沙汰で申し訳ありません。m(_ _"m)
今日は、私のblogにコメントを頂き、有難うございました。
アオモンイトトンボの記事に、内容と違うコメントで済みません。

ひろしさんも、既に撮影済みであった「アカスジキンカメムシの黒化型」
早速記事を見せていただきました~有難うございました☆
改めて貴重な個体なのだと知って、納得致しました。
ひろしさんの「2019.05.18」のアカスジキンカメムシを拝見していて
あの美しい体色に落ち着く途中の個体との素敵な出逢いが~とても
羨ましかったのです。 アカスジキンカメムシは、そうそう頻繁に
出逢いがある訳でもないので…これは私にもチャンス到来か?と
一瞬頭をよぎりました。きっと時間がかかるだろうからと連れ帰った
のですが…「黒化型」では体色の変化はなしなんですね。

中々出逢えないアカスジキンカメムシ、その上珍しい「黒化型」に
遇えただけで良しと致します。ご教示有難うございました。('∇^d)
Commented by ひろし at 2019-07-25 22:07 x
かえで☆ さん
長文のコメントをいただきありがとうございます。
たしかにアカスジキンカメムシの成虫に会う機会が減っているように思います。
黒化型に出会えたことはラッキーと思いますよ。
<< ■ ヤマユリが咲きだした   ... ■ ムラサキシャチホコ   1... >>