人気ブログランキング |

■ ナラメリンゴフシ(虫こぶ)   19.4.18

今日はいちだんと爽やかな風が吹く春本番の日だ。

ハエトリグモを捜して歩いた。最後に見つけたのが、まるでリンゴに見える実をいっぱいつけたコナラの若木だった。


ナラメリンゴフシ   19.4.18   FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/6400,F2.8
e0339873_17434838.jpg
e0339873_17434881.jpg
e0339873_17434919.jpg
e0339873_17434812.jpg
e0339873_17434912.jpg
e0339873_17434823.jpg


        このリンゴの実のように言える物体は、ナラメリンゴタマバチが形成した「虫こぶ」で、
        内部の幼虫が5~6月には羽化して両性世代の蜂になり、その後コナラの根に産卵して単性世代の虫こぶ
        「ナラネタマフシ」を形成。 これから無翅の雌が12月に脱出。
        翌年、コナラの芽に産卵して「ナラメリンゴフシ」が形成される、ということだ。

        「虫こぶ」については、文一総合出版刊の「虫こぶハンドブック」が参考になる。

        また、私が舞岡公園での「作品展」2014.5.18に出展した「あなたは「虫こぶ」を見たことがありますか?」
        ご覧いただきたいと思います。


by higirinikki2 | 2019-04-18 17:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ ハエトリグモ 3種   1... ■ カワウの漁   19.4.17 >>