人気ブログランキング |

■ 餅つき・谷戸鍋で締めくくり   18.12.9

今にも雨が落ちてきそうな雲行きの、真冬の寒さがやってきた、

今日は、私の所属する田んぼグループ「やとぽっぽ」の今年最後の行事「餅つき・谷戸鍋」の日でした。今年の作業では「田起こし」と「田植え」しか参加できなかったので、年3回ある「炊き出し」「餅つき」に今回のみ参加できたのも嬉しいことでした。餅の搗き手や野菜カットなどの作業はちょっとしんどいので、専属の火の番として参加しました。なんとか糯米蒸かしと野菜鍋の湯沸かしの役目を全うすることができました。


竈門番    18.12.9   CANON PowerShot G7X ISO400 1/25,F8
e0339873_16474830.jpg
        かまどに着いた時には既に火起こしは済んでいたので、その後を引き継いで火勢を強め、
        維持する作業を続けました。


餅つき
e0339873_16474849.jpg
        右側の蒸篭で炊きあがった糯米は広場の臼に運ばれて、餅に搗かれます。
        ベテランと子どもたちで4.5㎏の米が2臼で着きあがりました。


谷戸鍋
e0339873_16474845.jpg
        左側の鍋には「野菜つくりボランティア」が丹精込めて育てた
        大根、人参、里芋、葱などが、これも大豆から作った手前味噌も加えて
        具沢山の「谷戸鍋」になります。


いただきます
e0339873_16474833.jpg
        参加者25人が広場に敷かれた茣蓙の上で、出来上がったお餅と谷戸汁に舌鼓をうちました。
        冷たい風が吹きつける場所でしたが、温かい食事を楽しみました。


by higirinikki2 | 2018-12-09 17:01 | コメ作り | Comments(0)
<< ■ マダラニジュウシトリバ  ... ■ 蜘蛛が誘引?   18.12.8 >>