■ 切り株に群れるチョウ   18.7.15

連日の猛暑、体調を考えて散策は控える。今日は東京の「お盆の中日」だが、墓参に浅草に出かけるのも控える。許してください。

2日の散策で出会ったシーンです。「きざはしの谷戸」は茂ったヨシの葉で覆われているが、アカメガシワの木のすぐ傍の切り株にチョウが3頭、樹液を吸っているのだろうか。
強烈な陽光が当たっているので、撮影が難しい。


切り株に群れるチョウ   18.7.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8
e0339873_17302337.jpg
        赤い斑点が目立つチョウは、言わずと知れた「アカボシゴマダラ」です。
        あとの2頭は?この画像ではわかりにくいです。


e0339873_17302291.jpg
        この画面で「キタテハ」だとわかります。

        ところで、この切り株は何でしょうね。

        ネットの「樹木図鑑」で探してみると、縦に細くひび割れした樹肌は隣りのアカメガシワと同じ
        ではないかと思います。この樹皮は、漢方で生薬として利用されるようです。
        樹皮に含まれるベルゲニンには、胃潰瘍や胃酸過多、胃炎などに効果的であるといわれています。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-07-15 17:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ 紋様がきれいな蛾 3種  ... ■ 交尾するスジグロシロチョウ... >>