■ 小谷戸の里の目立たぬ花 3種   18.6.22   (オオカモメヅル、ジャノヒゲ、ウマノスズクサ)

梅雨の晴れ間、蒸し暑い。家事手伝いで散策はお休みに。

小谷戸の里の内で、指摘されなければ見つけにくい花が咲いている。


オオカモメヅル   18.6.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/100,F8
e0339873_18352316.jpg
        似た名前のコバノカモメヅルとの見分けが難しい花だ。
        「多年草」だろうか、毎年同じ場所に生えてくるので、知っていれば見つけられる。


ジャノヒゲ   6.19   〃  ISO400 1/60,F8
e0339873_18352302.jpg
        こちらは葉を掻き分けて開花しているかどうか確認しないと見つからない。


ウマノスズクサ   6.21   〃  ISO1600 1/40,F7.1
e0339873_18352314.jpg
        一昨年はジャコウアゲハの幼虫が群がっていたウマノスズクサですが、
        今年は、なぜか幼虫の姿が見えない。
        無事に、この花に果実がつくだろうか?


[PR]
by higirinikki2 | 2018-06-22 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)
Commented by at 2018-06-23 06:43 x
オオカモメヅルが残っていましたか。
昔古民家裏の橋のたもとで見たけれど、最近見ないので消えたと思っていました。
Commented by ひろし at 2018-06-23 18:11 x
楽 さん 古民家裏にあったのは”昔”になりましたね。
この株は某所で、ここ数年見られる株です。
所在はここでは書けないので、いつかお会いした折にお教えします。
うまく実がついているといいですね。
<< ■ ゼニゴケ 破れ傘に花が咲い... ■ クモタケ   18.6.21 >>