人気ブログランキング |

■ ヒメクロオトシブミ   18.4.27

ちょっと湿気を感じさせる薄曇りの1日。

午前の散策で、クヌギの若葉などにぶら下がるオトシブミ(落とし文)が目についた。この製作者はヒメクロオトシブミです。とくにペアを見かけたり、製作途上のシーンだったりした。


ヒメクロオトシブミ ペア1   18.4.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F4.5
e0339873_19512562.jpg
        クヌギの若葉の表と裏にいるヒメクロオトシブミ。
        たぶん、♂と♀だと思いますが、何をしているのでしょうね。
        お見合い? オトシブミをつくる位置決めを相談している? 


〃 ペア2
e0339873_19512503.jpg
        同じ葉裏に重なって見えたのですが、カメラを構えているうちに離れた位置にいました。


〃 ペア3? 
e0339873_19512520.jpg
        同じ葉にいるように見えたのですが、手前と向こう側の別の葉にいました。
        手前のピントが合っている個体は、葉を完全に切り離したように見えます。
        向こう側のピントが合っていない個体は、次の写真で見ましょう。
e0339873_20060831.jpg
        左半分はすこし上部を生噛みしています。
        葉の軸の左右ですこしずらして、葉をまっすぐに噛み切っています。
        1頭で制作開始したばかりだったのでしょうか?観察を続ければよかったですね。


オトシブミ(落とし文)   〃   〃 1/160,F8
e0339873_19512561.jpg
        この中に、すでに卵一つを産んでいるのでしょう。孵化した幼虫は、この中の葉を餌として成長します。


by higirinikki2 | 2018-04-27 20:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ 藤と桐の花   18.4.28 ■ オニグルミの花   18.... >>