■ フッキソウ咲く   18.3.18

ようやくというか早くもというか、早朝歩きで見た駐輪場にあるサクラの木で花が咲いていた。公式にも横浜の桜の開花が今日だった。

きのうの散策で、フッキソウの花を2か所で見ました。「雌雄異花」の花の仕組みを過去記事から転載します。


フッキソウ   18.3.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_19010044.jpg
        この株は「さくら広場」のトイレ前にある。刈り込みがきつく株数が減ってきている。


    参考記事

フッキソウ   07.3.23 PENTAXistDS 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_21102694.jpg
        花には花弁がなく、太い雄しべの目立つ雄花を多数つけ、その下に雌花が数個つきます。
        茶色のツノがあるのが雄花、下の方の二本のツノがあるのが雌花です。
        果実はめったにつきませんが、たまに白い玉が生っているのを見かけます。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-03-19 19:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ ルリシジミ   18.3.20 ■ キブシ・雌雄異株の花   ... >>