■ 雨の日の脱穀作業   17.10.15

まるで梅雨に戻ったように、よく雨が降り続きます。

今日は、コメ作りの最終段階の「脱穀」の日。雨でも強行せざるをえないので、「水屋」の軒先にブルーシートを敷いて、脱穀機、唐箕、篩、などを使って籾の状態にまでもっていきます。今年の収量は、すこし田んぼが狭くなったのですが、44kgで若干の減収になった模様です。


作業場   17.10.15   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/60,F3.2
e0339873_20391732.jpg
        こんなに狭い所で子供たちも参加しての作業です。
 

足踏み式脱穀機
e0339873_20391637.jpg
        稲穂から稲粒を分離する工程を「脱穀」といいます。

篩い
e0339873_20391787.jpg
        十分に分離していない稲粒を籾摺りをした後、篩にかけて藁屑と分けます。

唐箕
e0339873_20391728.jpg
        風車の原理を使って、重い籾と軽い藁屑を分ける働きをした道具です。

44kg
e0339873_20391635.jpg
        今年の汗の結晶です。

室内作業も
e0339873_20391683.jpg
        別のグループは室内で作業をしていました。


by higirinikki2 | 2017-10-15 21:02 | コメ作り | Comments(0)
<< ■ キタキチョウ(夏型)の求愛... ■ ジョロウグモが捕獲した虫た... >>