人気ブログランキング |

■ キタマゴタケ   17.10.3

また昨夜半に雨が降ったが夜明け頃にはやんだようだった。

きのうの早朝歩きで、半開段階の大きなキタマゴタケを見つけた。1日経った姿はどうかを確認に行ったら全開していたが、ほかにも卵の殻を割って頭を出した幼菌がいくつもあった。雨が降ったので「湧きだした」みたいでおもしろかった。


キタマゴタケ   17.10.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/20,F8
e0339873_17504779.jpg
        直径が7㎝ほどの大きさで、キノコのおうちみたいだ。
e0339873_17504221.jpg
        下の方に、こちらは小ぶりな成菌が3本、傘を広げていた。


翌日のキタマゴタケ   10.3   〃 1/30,F8
e0339873_18014047.jpg
e0339873_17400572.jpg
        雨を浴びたせいもあるのか、傘が全開して少し割れ目も入っている。


キタマゴタケの幼菌   〃   〃 1/20,F8
e0339873_17395799.jpg
e0339873_17400598.jpg
        「タマゴタケ」の名の由来が一目瞭然ですね。
        よくぞ、こんな姿を見せてくれるものと感心してしまいます。

        キタマゴタケ
        夏~秋、林内の地上に発生。中~大型。
        タマゴタケと形態的に似ているが、色が異なる。
        傘は橙黄色~黄土黄色で周辺部は黄色。
        柄は黄色の地に橙色のだんだら模様があるが、タマゴタケより橙色が少ない。食。 
        【山渓フィールドブックス・きのこ】

        可食。タマゴタケモドキ(猛毒)に似ている。注意。
        タマゴタケモドキ(猛毒)のカサは地色より濃色の繊維状片鱗に覆われ、カサの周囲に条線が無い。
        対してキタマゴタケのカサは鮮黄色、表面平滑で周囲には明瞭な条線がある。
        またタマゴタケモドキ(猛毒)のツバは白色。キタマゴタケでは濃い黄色。
        同定に自信の無い時は食べるべきではない。【きのこ図鑑・撮れたてドットコム】


by higirinikki2 | 2017-10-03 17:48 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)
<< ■ 野草 3種   17.10... ■ ビロードハマキ   17.... >>