人気ブログランキング |

■ 尾瀬の花(3)   16.7.4

きょうも真夏日、月2回ある早朝歩きの疲れもあって休養日に。

尾瀬ヶ原で出会った花、未紹介の花たちです。


ギョウジャニンニク   16.6.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/125,F8
e0339873_2056595.jpg
        強壮剤として利用されてきたこともあって、
        尾瀬内では採取が禁止なため維持されているが、全国的には減少傾向。だそうだ。


クロバナロウゲ   〃   〃   ISO400 1/500,F8
e0339873_20585165.jpg
        名は、花の色が紫黒で、花全体の姿がミナモトソウ(漢名は狼牙)に似ていることから。


ヒメシャクナゲ   6.28   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO100 1/160,F4.9
e0339873_211352.jpg
        日本の高山のほか、寒地の湿原に広く分布しているツツジ科の常緑小低木。


ヤマオダマキ   6.29   〃   ISO100 1/800,F5
e0339873_2121956.jpg
        苧環とは紡いだ麻糸を丸く巻いたもので、和名は花の形がそれに似ているから。


オゼヌマタイゲキ   6.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/550,F8
e0339873_21604.jpg
        尾瀬ヶ原に生える。 花は茎先につくが、苞葉が花のように黄色くなる。花は杯状花序、中の子房に毛がある。


ナツトウダイ   6.29   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO100 1/800,F4.5
e0339873_21113886.jpg
        オゼタイゲキに似ているが、オゼタイゲキの葉は黄色っぽくノウルシの色に似ていて、
        赤っぽいナツトウダイとは色でも見分けが付きますが、
        花の直ぐ下にある苞葉が3枚なのがオゼタイゲキ、2枚なのがナツトウダイ。


ワレモコウ   〃   〃 ISO100 1/900,F2.2
e0339873_21131156.jpg
        尾瀬にもワレモコウは多く、標高の低い尾瀬ヶ原でも、標高の高い富士見田代でも生えていて、
        7月中旬~9月下旬までの長期にわたって咲いている、とのこと。

.
by higirinikki2 | 2016-07-04 21:13 | おでかけ | Comments(0)
<< ■ 尾瀬の花(4)   16.7.5 ■ 尾瀬の花(2)   16.7.3 >>