人気ブログランキング |

■ 尾瀬の花(2)   16.7.3

尾瀬で重いザックを背負って歩き、きのうは炎天下を歩き、背筋の痛みと疲労できょうは休養日に。世間は猛暑の夏に入った。

尾瀬ヶ原で馴染みの花を探したが端境期のようで、きょうの「尾瀬の花」はちょっとさみしいかも。


オゼコウホネ   16.6.28   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm  ISO100 1/200,F4.9
e0339873_2224436.jpg
        まだ盛りは先なのだろうか、11時ころでは全開とはいかないようだった。


ワタスゲ   6.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,f8
e0339873_21204100.jpg
        「あやめ平」ではワタスゲの白い綿帽子でいっぱい、という情報をもらった。
        尾瀬ヶ原では、これからだろうか(それとも盛りが過ぎたのか)、こんな姿がやっとだった。



ミツガシワ   〃   〃   ISO400 1/250,f7.1
e0339873_2142432.jpg
        池塘や木道の脇に、ミツガシワの葉がどこにもいっぱい見られるのに花がない。
        とっくに花期が過ぎたのだろうか。やっと見つけた株なのですが、白い花弁が飛んでしまう。


コバイケイソウ   〃   〃   ISO40 1/450,F8
e0339873_21271073.jpg
        この花も盛りはとうに過ぎていたのか、原で見つけたのはこの株1株だけでした。


タテヤマリンドウ   〃   〃   ISO40 1/950,F8
e0339873_21294377.jpg
        今を盛りに花を咲かせていたのが、このタテヤマリンドウでした。
       小さな花なので撮影には苦労しました。白い花もありましたが、撮影はとても困難でした。


ハクサンチドリ   〃   〃   ISO40 1/550,F8
e0339873_21323834.jpg
        今が開花時期なのだろうが、花を探すのには苦労しました。
       千鳥に似た小さな花が集まった姿は綺麗です。


ナガバノモウセンゴケ   6.28   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO100 1/160,F4.9
e0339873_21491746.jpg
        湿地に固まって見つかるのが食虫植物「ナガバノモウセンゴケ」。こんなに沢山あって、餌食になる虫はもっといるのでしょう。


マルバノモウセンゴケ   〃   〃   ISO100 1/160,F4.9
e0339873_2153541.jpg
        もっとありそうなものでしたが、見つけたのはこの群れだけでした。

.
by higirinikki2 | 2016-07-03 20:56 | おでかけ | Comments(0)
<< ■ 尾瀬の花(3)   16.7.4 ■ 尾瀬の花(1)   16.7.2 >>