人気ブログランキング |

■ 尾瀬の花(1)   16.7.2

毎月の第1土曜日は「悠々会」の月例ウォーキングの日。炎天下の「柿生の峰をめぐる散歩道」を歩いてきました。


尾瀬2日目の28日は、夜半の大雨が明け方には小降りに、7時半に探鳥会のお仲間に加えてもらって原を西に向かいました。「山の鼻ビジターセンター」でお別れして、また東に向かう頃には雨が上がってきました。
尾瀬ヶ原紀行第3回は、その途中に出会った「雨に濡れる花」です。


雨の中を出発   16.6.28   FUJIFILM X-G2 6.4-25.6mm ISO400 1/800,F5
e0339873_20434576.jpg
        視界の先には中腹だけを見せた至仏山が。小雨降る中を出発しました。


ミズバショウ   〃   〃   ISO100 1/110,F4.9
e0339873_20474918.jpg
        とっくに花の時期のおわったミズバショウですが、3日間でこの株だけが白い苞をつけていました。
       葉は「お化け」状態でしたが、水の流れの中で傾いていました。


カキツバタ   〃   〃   ISO100 1/850,F2.2
e0339873_2052535.jpg
        これは、アヤメではなくカキツバタです。木道の脇で咲く姿をよく見ることができます。


ニッコウキスゲ   〃   〃   ISO100 1/800,F2.5
e0339873_20543325.jpg
        梅雨が過ぎた頃、原の全体を黄色い花で埋める「ニッコウキスゲ」ですが、
        今はところどころで先駆けて咲いているだけでした。


サワラン   〃   〃   ISO100 1/600,F1.8
e0339873_20563380.jpg
        濃いピンク色の花、なかなか開いた状態の姿を撮影できませんでした。


ウラジロヨウラク   〃   〃   ISO100 1/800,F2.5
e0339873_20583871.jpg
        初めて見る花、名前も知らずに撮影していました。
        花の様子が仏像が身につけている装身具(瓔珞・ようらく)に似ていること、葉の裏が白いことから付けられた。


トキソウ   〃   〃   ISO100 1/800,F2.8
e0339873_211323.jpg
        「朱鷺」色の小さなランです。
        ところどころでしかありませんが、今、満開といったところでした。


ヒツジグサ   〃   〃   ISO100 1/180,F4.9
e0339873_2135311.jpg
        池塘の中で根を張り、水面に葉を浮かべています。
        「未(ひつじ)」の刻を中心に白い花が開きます。


.
by higirinikki2 | 2016-07-02 21:06 | おでかけ | Comments(0)
<< ■ 尾瀬の花(2)   16.7.3 ■ 尾瀬のトンボ   16.7.1 >>