■ シロフフユエダシャク   16.2.14

予報通りに、夜半から昼ごろまで「春一番」が雨とともに吹き荒れた。午後には、20℃近くまで気温が上がった。

きのうの散策で「シロフフユエダシャク」4頭に出会った。色合いの変異が多いということで、これら全部を「シロフフユエダシャク」としたが間違いもあるでしょうか?


シロフフユエダシャク   16.2.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/300,F5.6
e0339873_2057199.jpg
e0339873_20575677.jpg
e0339873_2058346.jpg
e0339873_20581021.jpg
        「今日もフユシャクがいなかったなー」と思いながら、諦めずに擬似電柱を見つめていた。
        すると、井戸付近の電柱やヤマグワ、クスノキなどで次々とフユシャクを見つけた。

        まるで違う蛾に見えるが、色の変異があるものの特徴は一致している。
        最後の黒い個体は違う?かなとは思うが、これも変異の範囲内と思えば。


        過去記事  シロフフユエダシャク
[PR]
by higirinikki2 | 2016-02-14 21:13 | ・フユシャク | Comments(0)
<< ■ ヤマアカガエルの卵塊   ... ■ キタテハ舞う春の日   1... >>