■ 蛾 3種   18.5.22

ちょっと前に知り合いから貰った夏ミカンが傷み始めたので、マーマレード作りをすることにした。妻から手ほどきを受け、助けを借りて、昨夜から合計5時間ほどかけて今日3時頃ようやく完成した。瓶に詰めて、これから暫くは食卓をにぎわせるだろう。

4時頃から、ミドリシジミを求めて散策、影も形もありませんでした。

きのう今日の散策で出会った蛾3種です。


モンホソバスズメ   18.5.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/125,F8
e0339873_18221731.jpg
e0339873_18221736.jpg
        カメラお仲間から手招きされて教えられた大型の蛾です。
        なんとなく人面に見えユーモラスな形をしていますね。


ヨツボシホソバ ♀   〃   〃 ISO400 1/160,F5.6
e0339873_18221735.jpg
e0339873_18221788.jpg
        ときどき見かける特徴ある形をした蛾です。
         は全く違う色合いをしていて、同じ種とは思えません。


キアシドクガ   5.22   〃 ISO400 1/160,F5.6
e0339873_18221875.jpg
e0339873_18221896.jpg
        先日来大量羽化 が見られる白い蛾です。
        名前の「黄肢」が、前肢だということがわかりました。腹も太いですね。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-05-22 18:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゼフ第5弾は ウラゴマダラシジミ   18.5.21

今日も青空、爽やかな風の吹く日。今日こそウラゴマダラシジミに出会いたいものと勇んで散策に。太陽が高く上がった時間帯では、チョウの活性度が上がって下草にいることは期待できない、と承知の上での出発です。

ウラゴマダラシジミの出現情報をよく聞く園内某所に急ぐ。先着カメラマンに「あそこにいましたよ」と教えられたのは、葉の陰。なんとか「ゼフ第5弾」の証拠写真を撮った後は、ゼフを求めて3千歩です。
残るオオミドリシジミは見つからなかったが、すでにご対面済みの3種に会えました。


ウラゴマダラシジミ   18.5.21   FUJIFILM X-S1 21-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_21333614.jpg
        付近にイボタノキがあるので、姿をよく見せる場所です。
        初見にふさわしく、葉の隙間からしか見えない位置にいました。
e0339873_21333758.jpg
e0339873_21333745.jpg
        他の場所を歩いてもう一度やってきたら、目の前を飛んでとまった。
        裏翅を撮る間もなく、すぐに全開翅した。綺麗な姿でした。

         これから後は、他の場所で出会ったゼフ3種です。


アカシジミ   〃   〃  ISO400 1/100,F8
e0339873_21333796.jpg
e0339873_21333630.jpg



ウラナミアカシジミ   〃   〃  ISO400 1/125,F8
e0339873_21333676.jpg
e0339873_21333708.jpg



ミズイロオナガシジミ   〃   〃  ISO400 1/640,F5.6
e0339873_21333647.jpg
e0339873_21333775.jpg



[PR]
# by higirinikki2 | 2018-05-21 21:43 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 赤い実 3種   18.5.20   (ニワトコ、オニシバリ、ナツグミ)

今朝は窓を開けてビックリ。まるで夏を飛ばして秋が来たかのような青空と冷たい乾いた空気に。季節の変動が目まぐるしくてついていけない。今日はお休みに。

この2~3日で出会った赤い実です。


ニワトコ   18.5.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/60,F8
e0339873_19283857.jpg
        別の株ではまだ緑色のみだったので、この実を見つけてビックリ。
        うっかりしていると鳥に啄まれて、すぐに実無し状態になってしまいます。


オニシバリ   5.19   〃 ISO400 1/30,F8
e0339873_19275447.jpg
        以前、口に含んでみたことがあります。あまり美味しいとの印象は残っていません。


ナツグミ   5.17   〃 ISO200 1/400,F5.6
e0339873_19275499.jpg
        陽光が透けて綺麗に光っていました。ジャムにするのか、稔りの時期になると獲っていってしまう人がいます。

   
[PR]
# by higirinikki2 | 2018-05-20 19:37 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ゼフ第4弾は、ウラナミアカシジミ   18.5.19

北と南の空気が入れ替わる前の午前中は、まだ暑さが残っていた。

きのう撮り損なったウラナミアカシジミだが、「今日こそは撮るぞ」との意気込みに応えてくれて、例のクリの木で「ウラナミ撮り放題」となった。


ウラナミアカシジミ   18.5.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F6.4
e0339873_18554822.jpg
e0339873_18554865.jpg
e0339873_18554894.jpg
e0339873_18554899.jpg
e0339873_18554809.jpg



[PR]
# by higirinikki2 | 2018-05-19 19:01 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 次のゼフは、ミズイロオナガシジミ と ミドリシジミ   18.5.18

今日も暑かったです。強く吹く風は涼しかったのですが。

散策を始めて出会ったカメラお仲間、チョウを探す目の鋭いこと。「ここに」「こちらに」と次々に見つけては教えてくれました。もう一種、「あそこにいた」と教えてくれた個体は飛んでしまったのか見つからなかった。


ミズイロオナガシジミ 1   18.5.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/640,F6.4
e0339873_18162722.jpg
        高くて風に大揺れするクサギの葉の上で、こちら向きにとまっているところを「よくぞ見つけた」ものです。

〃 2   〃   〃  ISO400 1/1250,F8
e0339873_18162719.jpg
        次に教えられたのは梅の葉の陰。陽が当たったり陰になったりの位置でした。


ミドリシジミ   〃   〃  ISO800 1/1000,F8
e0339873_18162734.jpg
e0339873_18162799.jpg
        そろそろ羽化が始まる頃かと探しているミドリシジミです。
        「ちょっと擦れた個体なので、もしや誰かが飼育個体を放ったものかも」とのことだった。
        よく見ると両方の後翅が伸び切っていない。羽化不全なのかもしれない。

e0339873_18162769.jpg
        この葉に飛んで来た時に、鮮やかなブルーが見えたので雄です。
        この正面画像でも端っこにブルーがチラッと見えますね。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-05-18 18:29 | ・ゼフィルス | Comments(0)