■ 紋様がきれいな蛾 3種   18.7.16   (オオマエキトビエダシャク、ツマジロエダシャク、フタテンオエダシャク)

今日も猛暑の日。寝てからの「適切な冷房の使用」がうまくいかず睡眠不足も加わって体調がよくない。

そろそろ最近の在庫写真が少なくなってきたので、紹介しきれなかった以前の画像からの落穂拾いです。


オオマエキトビエダシャク   18.6.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_17492795.jpg
        テイカカズラの花にとまっているのは「蝶」といわれてもいい姿をしている。
       前翅の縁の黄色い紋様が綺麗です。


ツマジロエダシャク   〃   〃 ISO400 1/2000,F8
e0339873_17492884.jpg
        「奴凧」を思わせる姿・形をした蛾。
        前翅の先「褄」に白い紋様があって、名前の由来となっている。
        黒い直線の筋がいさぎよい。


フタテンオエダシャク   〃   〃 ISO400 1/200,F8
e0339873_17492843.jpg
        後ろ翅の先端付近に2つずつの黒点が見えるのが名前の由来?
        よく見れば、こちらも「ツマジロ」です。
        直線で組み合わせた三角形の紋様を読むのがおもしろい。

 

[PR]
# by higirinikki2 | 2018-07-16 18:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 切り株に群れるチョウ   18.7.15

連日の猛暑、体調を考えて散策は控える。今日は東京の「お盆の中日」だが、墓参に浅草に出かけるのも控える。許してください。

2日の散策で出会ったシーンです。「きざはしの谷戸」は茂ったヨシの葉で覆われているが、アカメガシワの木のすぐ傍の切り株にチョウが3頭、樹液を吸っているのだろうか。
強烈な陽光が当たっているので、撮影が難しい。


切り株に群れるチョウ   18.7.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8
e0339873_17302337.jpg
        赤い斑点が目立つチョウは、言わずと知れた「アカボシゴマダラ」です。
        あとの2頭は?この画像ではわかりにくいです。


e0339873_17302291.jpg
        この画面で「キタテハ」だとわかります。

        ところで、この切り株は何でしょうね。

        ネットの「樹木図鑑」で探してみると、縦に細くひび割れした樹肌は隣りのアカメガシワと同じ
        ではないかと思います。この樹皮は、漢方で生薬として利用されるようです。
        樹皮に含まれるベルゲニンには、胃潰瘍や胃酸過多、胃炎などに効果的であるといわれています。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-07-15 17:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 交尾するスジグロシロチョウ   18.7.14

気温35℃を超える「猛暑日」が全国各地で記録されている。ここ横浜も35.2℃だったらしい。体調を考えて冷房を効かせた部屋から出ない1日だった。

9日の散策で、白いチョウが黄色いチョウをぶら下げるように飛んでいるシーンにぶつかった。悲しいかな、そのシーンを撮影できず、辛うじて静止シーンが撮れました。
一見、モンシロチョウと見紛うスジグロシロチョウが交尾しているところでした。


交尾するスジグロシロチョウ   18.7.9   FUJIFILM X-S1 24-264mm(相当) ISO1600 1/160,F8
e0339873_18122082.jpg
        上の白っぽい方が♂、下の黄色っぽい方が♀です。


以下の写真は、4月に出会った「交尾拒否」のシーンです。

交尾拒否する♀(左)と執拗に迫る♂(右)   4.17   〃 ISO400 1/1600,F6.4
e0339873_18171781.jpg
        腹部を直角に立てて交尾拒否姿勢をとる♀の周囲を飛んで、執拗に交尾を迫る♂です。
e0339873_18171267.jpg
e0339873_18170796.jpg
e0339873_18170208.jpg
e0339873_18165705.jpg
e0339873_18165035.jpg
        根気よく待てば交尾に至るかなと、”執拗に”追いかけたのですが、至らない内に根気負けしました。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-07-14 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 産卵するヒカゲチョウ   18.7.13

暑さにやられたのか体調が悪いので、散策はしばらく控えていこうと思うところです。

9日の散策でボロボロのチョウが飛んでいるところに出会った。笹の葉を探して尻を押し付けている。
どこかで、笹の葉が食草なのはヒカゲチョウである記事を見たばかりだったので、このボロボロのチョウはヒカゲチョウである、と同定しました。

「子孫を残そう」とする執念を感じさせるシーンです。(画像はひどいものですが)


産卵するヒカゲチョウ   18.7.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/20,F8
e0339873_16492396.jpg
        ご覧のように薄暗い下草の陰の笹の葉にとまりました。
e0339873_16492378.jpg
        誰に襲われたのか、翅の半分くらいは食い千切られています。
        ヒカゲチョウの特徴である目玉模様がかすかに読み取れます。
        産み付けられた卵は、残念ながら見えませんが「産卵シーン」でしょうね。


ヒカゲチョウ   6.26   〃 ISO1600 1/40,F8
e0339873_16492251.jpg
        ヒカゲチョウは名前の通り、日蔭の中の葉から葉へ素早く飛んでじっととまってくれません。
        静止画像があってよかったです。雄か雌かわかりませんが。


[PR]
# by higirinikki2 | 2018-07-13 16:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チャモンナガカメムシ   18.7.12

朝から雨、外へ出なかった。ウィンブルドンテニスの錦織が負ける、ワールドカップサッカーのクロアチアが勝つ、どちらも深夜の放送を録画して見た。夕方の大相撲中継と合わせて、一日中スポーツ番組を見ていたことになる。平和というか怠惰というか。

8日の散策途中、ヤブマオ(だったかな?)の葉の上を歩く5ミリほどの小さな虫が目に入った。カメムシの仲間らしいが、その先は思いつかない。帰宅後、画像検索してみて初見の虫だとわかった。
「虫の目」は、まだまだ捨てたものではないと思った。


チャモンナガカメムシ   18.7.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0339873_18255891.jpg
e0339873_18255807.jpg
        三角形と丸の組み合わせデザインが見事です。
        誰かに見せようとしているとしか思えません。誰かな?

e0339873_18255875.jpg



[PR]
# by higirinikki2 | 2018-07-12 18:29 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)