人気ブログランキング |

■ キスジクチキヒメバチ ? サッポロオナガバチ ?   21.4.12

今日も爽やかな空気の春の日。今夜から天気が崩れる予兆も感じさせる雲行きだった。

この4日間、セイボウ観察の場所にいたクチキヒメバチの一種。寄生先を探して滞在していたらしいが、今日は産卵管を刺したままじっとしていた。
シロスジクチキヒメバチとも似ているのだが、触覚に白い斑紋がないこと、肢が黄褐色であることから、キスジクチキヒメバチとしました。


キスジクチキヒメバチ ♀   21.4.9   FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO500 1/400,F8
■ キスジクチキヒメバチ ? サッポロオナガバチ ?   21.4.12_e0339873_18223822.jpg
       誰かが産卵して泥で塞がれている既存坑の周辺で、触覚で探査している。
        まさか超音波診断しているのではあるまいが。


   4.10   〃 ISO5000 1/160,F8
■ キスジクチキヒメバチ ? サッポロオナガバチ ?   21.4.12_e0339873_18223750.jpg
        この日も既存坑の周辺にいました。


   4.11   〃 ISO800 1/400,F8
■ キスジクチキヒメバチ ? サッポロオナガバチ ?   21.4.12_e0339873_18223798.jpg
        産卵先の見込みがついたのでしょうか、産卵管を鞘でくるんで木に突き立てています。
        見た限りでは、行き当たったかどうかはわかりません。


   4.12   〃 ISO5000 1/1600,F8
■ キスジクチキヒメバチ ? サッポロオナガバチ ?   21.4.12_e0339873_18223835.jpg
        今日の画像では鞘が外れて、産卵管が深く突き立てられています。
        鞘を外したということは、見事に目的の幼虫(?) あるいは場所に行き当たったということかな?

        きのうの個体と同じだとすれば、この鞘が先に外れることからすると、「サッポロオナガバチ」という可能性もあります。
        素人の悲しさ、判定のポイントを観察していないので結論が出ません。

                
# by higirinikki2 | 2021-04-12 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ネコハエトリに接近   21.4.11

今日も気温低めの青空、気持ち良い。

手摺り1本1本にネコハエトリがいる。「手当たり次第」、許される限りにレンズを近づけての接写を試みた。
いつもなら警戒して長い前肢を振り上げて威嚇をするのに、なぜか大人しく動かないでいてくれたのが不思議でした。


ネコハエトリ 雄   21.4.11   FUJIFILM X-T30 80mm/macro(trimming) ISO500 1/750,F8
■ ネコハエトリに接近   21.4.11_e0339873_17520063.jpg


■ ネコハエトリに接近   21.4.11_e0339873_17542063.jpg


■ ネコハエトリに接近   21.4.11_e0339873_17520093.jpg


■ ネコハエトリに接近   21.4.11_e0339873_17520026.jpg


ネコハエトリ 雌   〃   〃 ISO640 1/160,F8
■ ネコハエトリに接近   21.4.11_e0339873_17520092.jpg


        焦点深度を深くとりにくいので、目にピントを合わさないと「撮った!という感覚が起きないですね。


# by higirinikki2 | 2021-04-11 18:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初見のハバチとハナバチ 3種   21.4.10   (ホシアシブトハバチ、ダイミョウキマダラハナバチ、コシマハバチ)

今日が平年並みの気温なのだろうか、朝は冷たい北風が吹いて寒く、日中は爽やかな春の日に。寒く感じるので「虫とくに蝶の姿が見えない」とは写友の言葉。

この数日、初めて出会うハバチやハナバチが続けて出現、同定に追われた。


ホシアシブトハバチ   21.4.4   FUJIFILM X-T30 80mm/macro(trimming) ISO1000 1/2000,F8
■ 初見のハバチとハナバチ 3種   21.4.10   (ホシアシブトハバチ、ダイミョウキマダラハナバチ、コシマハバチ)_e0339873_18504429.jpg
        幼虫の食草であるエノキの葉の上に乗っていた。羽化したてだろうか?
        黄色い腹に黒い点列、派手な姿が目立ちました。

コシマハバチ   4.10   〃 ISO250 1/320,F8
■ 初見のハバチとハナバチ 3種   21.4.10   (ホシアシブトハバチ、ダイミョウキマダラハナバチ、コシマハバチ)_e0339873_18504439.jpg
        ロープの下に隠れようとするのを、回転させて撮影した。
        黒地に白紋のコントラストが綺麗なハバチです。


ダイミョウキマダラハナバチ   4.6   〃 ISO800 1/500,F8
■ 初見のハバチとハナバチ 3種   21.4.10   (ホシアシブトハバチ、ダイミョウキマダラハナバチ、コシマハバチ)_e0339873_18504438.jpg
        図鑑で見た記憶があって、すぐに同定できた。



# by higirinikki2 | 2021-04-10 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9

今日も乾いた北風が吹く気持ち良い春の日に。スギ花粉の飛散は少なくなったようで、花粉症の症状が収まってきた。

コナラの若木の葉が大きくなってきたので、被写体探しをしてみた。


コナラの葉の揺籃 1   21.4.7   FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO320 1/500,F8
■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9_e0339873_18335393.jpg
        コナラの葉の陰に揺籃が揺れていた。
■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9_e0339873_18335360.jpg
        作られたばかりのようで、新鮮な印象を与える。


製作者? ヒメクロオトシブミ   〃   〃 ISO320 1/500,F8
■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9_e0339873_18335330.jpg
        制作は雌雄の共同作業ですが、現場には姿が見えない
        近くの葉にいた個体。見た目では性別は判然とはしない。


揺籃 2   4.8   〃 ISO250 1/500,F8
■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9_e0339873_18335396.jpg
        これは製作途中だろうか、切り取り線の半分に繋がり箇所があって、ぶら下がってはいない。
        作業者の姿が見えないのが残念。


揺籃 3 と製作者?   4.9   〃 ISO640 1/1000,F8
■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9_e0339873_18335233.jpg
        完成した揺籃の向こうに、交尾中のペアがいる。
■ ヒメクロオトシブミと揺籃   21.4.9_e0339873_18335323.jpg



        和 名  ヒメクロオトシブミ      「虫ナビ」より借用・引用
        体 長  4.5~5.5mm
        分 布  本州,飛島,淡路島,隠岐,四国,小豆島,九州,対馬
        出現期  4~7月
        餌    クヌギ,コナラ,バラなどの葉
             幼虫は親がクヌギなどの葉を巻いて作った揺らんで育つ。
        解 説  もっともよく見られるオトシブミ。
             体色は黒色だが、脚や腹部の色は地域により赤~黒まで変異がある。
             ♀はクヌギやコナラなどの葉を巻物のようにして揺らんを作成し、その中に卵を1個産み付ける。
             孵化した幼虫は揺らんの内部で葉を食べて成虫にまで生育することができる。
             揺らんは葉の主脈でぶら下がっていることも多いが、切り落とされることもある 。


# by higirinikki2 | 2021-04-09 18:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)

すこし冷っと感じるものの気持ち良い春の日。

花の咲くスピードが速く、うっかかりしていると花の盛りを逃がしてしまう。「瓜久保休憩所」の周りで見られる白い花木です。今は。梨の花の盛りは過ぎていますが。


ウワミズザクラ   21.4.8   FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO500 1/200,F8
■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)_e0339873_18120644.jpg
■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)_e0339873_18120636.jpg



カラタチ   〃   〃 ISO500 1/1000,F8
■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)_e0339873_18120665.jpg
■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)_e0339873_18120578.jpg



   4.2   〃 ISO1000 1/2500,F9
■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)_e0339873_18120611.jpg
■ 瓜久保入口で見られる白い花   21.4.8   (ウワミズザクラ、カラタチ、梨)_e0339873_18120607.jpg



# by higirinikki2 | 2021-04-08 18:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)