人気ブログランキング | 話題のタグを見る

■ 微小な蛾 3種   22.5.18   (ギンボシキヒメハマキ、ベニモンマイコドキ、?)

やっと5月らしい暑い日に。しばらく高気圧が蔽っているらしい。

コゲラの悲劇から立ち直るべく、綺麗な微小蛾をご覧いただきましょう。いずれも1㎝に満たないが、よく見ると綺麗な造形をしています。


ギンボシキヒメハマキ   22.5.17   OLYMPUS TG-6 4.5-18mm f=10.4mm ISO320 1/280,F3.5
■ 微小な蛾 3種   22.5.18   (ギンボシキヒメハマキ、ベニモンマイコドキ、?)_e0339873_17291652.jpg



ベニモンマイコドキ   5.10   〃  f=13.7mm ISO320 1/320,F4.1
■ 微小な蛾 3種   22.5.18   (ギンボシキヒメハマキ、ベニモンマイコドキ、?)_e0339873_17322107.jpg



   5.2   〃  f=14.6mm ISO800 1/250,F4.3
■ 微小な蛾 3種   22.5.18   (ギンボシキヒメハマキ、ベニモンマイコドキ、?)_e0339873_17342188.jpg
        絵合わせする限りでは、同定らしきことができませんでした。


# by higirinikki2 | 2022-05-18 17:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ コゲラの巣が破壊された   22.5.17

朝から小雨が降ったりやんだりという天気。孫娘の代掻き作業光景を見てから、コゲラを見に行く。

「そろそろ巣立ちが見られるかも」の期待を胸に現地へ。なんと、枝が抉り取られている。なんて大胆な盗難よ。
丘を下りると、小谷戸の里のスタッフに会って真相がわかった。
リスか何者かに、巣が破壊されていたということだった。巣穴のあった枝を 標本にすべく切り取ったところだったという。
この破壊の具合は、憎っくき「タイワンリス(クリハラリス)」の仕業に違いないと思う。日中は大勢のカメラマンがいるが、たぶん明け方に巣を襲ったのでしょう。巣立ち目前の雛が遭難したのだろう。


コゲラの巣が破壊された   22.5.17   FUJIFILM X-T30 TAMRON18-300mm f=86mm ISO1000 1/60,F8
■ コゲラの巣が破壊された   22.5.17_e0339873_15250469.jpg
■ コゲラの巣が破壊された   22.5.17_e0339873_15250443.jpg
■ コゲラの巣が破壊された   22.5.17_e0339873_15250545.jpg



# by higirinikki2 | 2022-05-17 17:12 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ コゲラの雛   22.5.16

また雨の一日に。

きのうの画像の整理がおわってみると、思いがけぬ駒が見つかった。雛に給餌するシーンが写っていた。


コゲラが雛に給餌   22.5.15   FUJIFILM X-T30 TAMRON18-300mm f=300mm(trimming) ISO4000 1/640,F6.3
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14084504.jpg
        巣穴に頭を突っ込んでいるシーンの後、こんなシーンがよく写っていた。
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14101994.jpg
        拡大し画像操作してみた。なんとこの駒の前後数枚に雛らしき姿が写っていた。嘴を大きく開いているようです。
        餌で釣って、巣穴の壁をよじ登らせて外の世界を見せるのでしょうか。


雛が覗いている
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14155077.jpg
        5分後、親がいない隙に雛が顔を覗かせていた。好奇心のなせる業か? 事故がなければよいが。


糞嚢捨て 1
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14192837.jpg
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14192887.jpg
        この頃は、親が餌を箱んでくる頻度が高くなっている。
        巣の中に雛が何羽いるかわからないが、排泄物も多いのだろう。こんなシーンが何度も目撃できる。


〃 2
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14224099.jpg
■ コゲラの雛   22.5.16_e0339873_14224078.jpg



# by higirinikki2 | 2022-05-16 17:03 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ トガリバアカネトラカミキリ   22.5.15

不順な天気のいっときの晴れ間。コゲラの雛育てがすすんでいる。画像の整理に手間がかかって、今日の記事に上げられない。

写友の Td さん夫妻に教えられたカミキリです。


トガリバアカネトラカミキリ   22.5.15   OLYMPUS TG-6 4.5-18mm f=18mm ISO800 1/200,F4.9
■ トガリバアカネトラカミキリ   22.5.15_e0339873_20143671.jpg
■ トガリバアカネトラカミキリ   22.5.15_e0339873_20143623.jpg
■ トガリバアカネトラカミキリ   22.5.15_e0339873_20143626.jpg
        1cm足らずの小さなカミキリ、複雑な紋様を眺めるのもおもしろい。

        和 名   トガリバアカネトラカミキリ
        体 長   7~11.5mm
        分 布   北海道,本州,伊豆諸島(大島,新島),粟島,佐渡,隠岐,四国,九州
        出現期   4~6月
        餌     コゴメウツギやカエデ類などの花の蜜
              幼虫はブナ科(シラカシ,スダジイ),ニレ科(ケヤキ),マツ科(モミ),ミカン科(ミカン類)など。
        解 説   トラカミキリの一種。
              赤褐色の斑紋がある上翅が特徴的。上翅先端付近に鋭い棘状の突起がある。

■ トガリバアカネトラカミキリ   22.5.15_e0339873_21501619.jpg
        名前の由来となったトゲ状の突起です。


# by higirinikki2 | 2022-05-15 20:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ キビタキ、コゲラ、ムクドリ   22.5.14

夜半の強風雨がおさまって、昼からは曇り空に。夏蜜柑がまだ残っているので、再度マーマレード作りに挑戦した。

おとといの散策で、3種の鳥に出会った。


キビタキ   22.5.12   FUJIFILM X-T30 TAMRON18-300mm f=300mm(trimming) ISO1600 1/800,F9
■ キビタキ、コゲラ、ムクドリ   22.5.14_e0339873_18302304.jpg
        よく通る鳴き声で居場所を教えてくれる。


コゲラ   〃   〃 f=300mm ISO3200 1/320,F8
■ キビタキ、コゲラ、ムクドリ   22.5.14_e0339873_18302210.jpg
        2羽の親の交代シーンを撮ることができました。雛の巣立ちも間近と思われる。


ムクドリ   〃   〃 f=300mm ISO1600 1/800,F9
■ キビタキ、コゲラ、ムクドリ   22.5.14_e0339873_18302395.jpg
        草刈りの終わった原っぱにムクドリの群れがやってきた。
■ キビタキ、コゲラ、ムクドリ   22.5.14_e0339873_18302350.jpg
        子育て中なのだろう、嘴にいっぱいの獲物を咥えている。


# by higirinikki2 | 2022-05-14 18:41 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)