タグ:高校同期生 ( 11 ) タグの人気記事

■ 銀座でランチ   17.12.23

今日は「天皇誕生日」でクリスマスイブイブ。午前11時の銀座はそれなりの混雑が見られた。

ベトナム旅行をしたばかりの高校同期生6人プラス行かなかった2人、うまいラム肉を食おうと東急プラザ銀座に集まった。「あれは旨かった」というTu君の薦めで「THE APOLLO 」レストランでランチです。旅の思い出話と次はどこへ行く?残り少ない(?)時間を楽しく過ごしたいものです。


東急プラザ銀座   17.12.23   CanonPowershot G7X 8.8-36.8mm ISO800 1/400,F4.5
e0339873_17371072.jpg
        昔、東急ビルがあった所に建て直されたばかりの今風のビルです。


THE APOLLO
e0339873_17371082.jpg
e0339873_17371117.jpg
        昼間の少しのワインでいい気持ち。


元ソニービル
e0339873_17371190.jpg
        昭和40年代の情報発信基地だったソニービルも建て替えでしょうか?


天賞堂で
e0339873_17371127.jpg
e0339873_17371161.jpg
        子供時代も会社員時代も憧れた鉄道模型、愛好者のKa君と見物に行った。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-23 17:44 | 交友記 | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (6)   17.12.16

寒風は収まってうららかな陽気に。散策目的は鳥撮りになってきた。成果はその内に。

ベトナム旅行のまとめに入りましょう。今日はバスの車窓からの景色です。



バイクが多い   17.12.9   CanonPowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO250 1/1000,F1.8
e0339873_17495040.jpg
        土曜日の9時半頃の光景です。
        学校や職場の開始時間は7時半からというので、通勤通学時間帯を外れているはずですが、
        いつもこんなにバイクがいっぱい先を争って走っている印象が残っています。

        ベトナムの一人当たりGDP(購買力平価換算)は、凡そ40万円。
        市内鉄道はなく公共交通機関はバスですが、街にはバイクが溢れています。
        自動車普及は先のことで、現在はホンダのバイクに乗るのが市民の夢のようです。

e0339873_18162438.jpg
        関連して、道路には人間用の横断歩道がないのには驚かされました。
        ビュンビュン通る車やバイクの隙間を縫って渡る人を見てビックリ。
        ホテルの前の商業ビルを往復するのは命がけの思いをしました。


古いアパートと大型マンション   〃   〃 ISO125 1/125,F2.5
e0339873_17495444.jpg
        高速道路沿いで見ました。屋根の上には水道水を溜めるタンクが各戸ごとに乗っています。
        さすがに都心では市街地開発で少なくなっていました。
e0339873_17495931.jpg
        こんな大型マンションに入居できるのは金持ちのようですが。


墓地   9.8   〃 ISO125 1/800,F4
e0339873_17494366.jpg
        道路脇に見えたのは墓地でした。
        ベトナムの葬制は、いったん土葬した後3年くらいで洗骨して埋葬しなおす「洗骨葬」のようで
        そうした大小の墓が田んぼの真ん中にあったりしました
[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-16 18:20 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (5)   17.12.15

朝早く(と言っても、7時)目が醒めて、2度寝したら9時になっていた。散策はお休み。

ベトナム旅行の4日目は、陶器の里「バチャン」往復後、午後はハノイ市内の観光ポイントを巡った。詳しく紹介するには写真がたりません。


陶器の里「バチャン」   17.12.9   CanonPoweshot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/200,F4
e0339873_18573251.jpg
        家庭用日常食器から棺桶まで、陶器や漆器のお店が並んでいます。
e0339873_18573191.jpg
        室内で染付作業などしているところを見学できました。


文廟
e0339873_18573263.jpg



タンロン城址・フラッグタワー
e0339873_18573202.jpg



ホーチミン廟
e0339873_18573225.jpg



一柱寺
e0339873_18573302.jpg



水上人形劇
e0339873_18573331.jpg





昨夜は、渋谷でウォーキンググループ「悠々会」の忘年会があった。6時開会だが、少し早めに行ける時間がとれたので、NHK前の通りでも見えるイルミネーション「青の洞窟」を見物してきた。

青の洞窟   17.12.14   CanonPowershot G7X 8.8.-36.8mm ISO320 1/30,F1.8
e0339873_18573398.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-15 19:15 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (4)   17.12.14

半月ぶりに「古民家説明」をした。小学3年生、4学級・123人の大人数。大きな声を出しての説明は自分ながら気持ちがよい。その後、古民家見学・昔の遊び組と水車見学組に分かれて、前者を担当。水車は米の粉引きだが、狭い所で大勢への見学説明もたいへんだと思う。

3日目の後半は、旧都「ホアルー」の2つの祠の見学だった。

「ホアルー」は968年に首都が置かれた古都。1010年にハノイ(タンロン)に遷都するまでのわずかな期間だったが、ハノイよりも歴史はあります。ホアルーに残る2つの祠とは、丁朝初代皇帝丁部領を祀ったディン・ティエン・ホアン(丁先皇)祠と、前黎朝初代皇帝黎桓を祀ったレ・ダイ・ハン(黎大行)祠だが、現存するのは17世紀に再建されたものだという。


ディン・ティエン・ホアン祠   17.12.8   CanonPowershot G7X 8.8.-36.8mm ISO125 1/80,F4
e0339873_15084119.jpg
        手漕ぎボートから降りて、すぐの所にある祠です。
        ちょうど旅仲間の全員が写っていました。
        我がグループ9人の他はご夫婦ふたりの総勢11人を、ガイドの「ズン」さんが引っ張る形になっていました。
e0339873_15084162.jpg
        
        この後、祠堂内部に入って見学したのだが、なぜか写真を撮っていませんでした。


レ・ダイ・ハン祠
e0339873_15084103.jpg
e0339873_15084142.jpg
        ベトナムの王朝の変遷、フランス統治、独立、ベトナム戦争、民主化、最近の発展、など
        ガイドの「ズン」さんから聞いたのだが、写真説明できるほど憶えていないのも困ったものです。


周辺で気にかかった風景
e0339873_15084016.jpg
        観光客を背に写真を撮らせる水牛。
e0339873_15084062.jpg
        王宮跡地?。


有料トイレ
e0339873_15084290.jpg
e0339873_15084200.jpg
        料金表示票が貼ってあった。大人1人 2,000ドン
        え?2千? 1円=200ドン、なので「10円」です


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-14 15:33 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (3)   17.12.13

真冬らしい青空と寒気の日だが、午後はすこし和らいだ感じがする。9日ぶりに散策に出たが、エナガを中心にした混群の撮影に苦労した。

3日目は、ハノイ南方110㎞ほどにある紅河デルタ地帯に位置するニンビンの、世界遺産「チャンアンの景観複合体」(2014年登録)に向かいました。


チャンアンで手漕ぎボートクルーズ   17.12.8   CanonPowershot G7X 8.8-36.8mm ISO250 1/1000,F1.8
e0339873_18012514.jpg
        4人乗りの小型ボートを、前向きでオールを漕ぐ小母さん。
        観光客を待ち構えている船着き場から出発です。


「陸のハロン」を行く
e0339873_18012490.jpg
e0339873_18012488.jpg
        きのう行ったハロン湾が「海の桂林」と呼ばれるのに対して、
        ここチャンアンは「陸のハロン」と呼ばれるそうな。
        石灰岩台地に刻まれた岩や山を縫って流れる川を進みます。


洞窟くぐり
e0339873_18012381.jpg
e0339873_18012491.jpg
        鏡のように静かな水面すれすれに穿たれた洞窟が何か所もあって、
        時には垂れ下った岩を避けるように頭をすくめながら進みます。


お寺も
e0339873_18012302.jpg
e0339873_18012541.jpg
        流れの岸には数か所、お寺も散在している。
        奇岩(自然)のなかに寺院(文化)のあるこの風景こそが、複合遺産なのだろう。


結婚写真の前撮り?
e0339873_18012423.jpg
        川の真ん中に建つお堂ではウェディングドレス姿の女性を撮影していた。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-13 18:38 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (2)   17.12.12

今日は孫娘が通う幼稚園の「お誕生会」にジジババで行ってきました。今月生まれの園児が壇上に上がって、「水色ひよこ組の〇〇です、もう4歳になりました」と挨拶するもので、妹もつつがなく言えました。

さて、ベトナム行2日目の「ハロン湾クルーズ」の後半の鍾乳洞見物です。


ティエンクン鍾乳洞   17.12.7   CanonPowershot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/200,F4
e0339873_17475593.jpg
        観覧船で周航1時間ほどで、とある島に上陸。
        奥に見える展望テラスまで100段ほどの石段を登ると、洞窟入口へ。
e0339873_17475534.jpg
        洞の名称は「ティエンクン鍾乳洞」。案内図を見ても、よくわかりませんので「まず入洞しましょう」。
e0339873_17475494.jpg
        入口から下って行くと広いホールに出た。いろいろの色の照明が壁面に当たっている。
e0339873_17475489.jpg
        象や仏像、カーテンなどに見える鍾乳石が。
e0339873_17475476.jpg
        足元は鋪装されていて歩きやすい。季節が冬とあって、洞内の温度・湿度ともに快適でした。
e0339873_17475557.jpg
        もう水が流れこむこともない完成した鍾乳洞のようです。
        天井方向に外光が入る穴が見える。あそこから外へ出るようだ。
e0339873_17475581.jpg
        高い位置から見下ろした光景、おっぱい石もあった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-12 18:03 | おでかけ | Comments(0)

■ ベトナム旅行 (1)   17.12.11

6日から5日間、高校同期の仲間6人と奥方3人の9人でベトナム北部の旅行に行っていました。

初日は、自宅を朝5時半に出て羽田からハノイへ飛び、バスで4時間かけてハロン市のホテル着。翌日は「ハロン湾クルーズと鍾乳洞観光」を楽しみました。


ハロン湾クルーズ   17.12.7   CanonPowershot G7X 8.8-36.8mm ISO120 1/1250,F5
e0339873_20184717.jpg
        9時過ぎ、3時間クルーズ船が一斉に出航していきます。
        行手に見える島々は桂林の光景に似ています。

        実は、ハロン湾は地質学的には北は桂林(中国広西チワン族自治区)から
        南は明日行く予定のニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角にあり、
        石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となったそうです。

e0339873_20135630.jpg
        ここは、1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
e0339873_20135724.jpg
        水上生活者の漁船が集まっていました。
e0339873_20135703.jpg
        大小さまざまな3,000もの奇岩、島々の間を行きます。
e0339873_20135837.jpg
        大型クルーズ船に宿泊して見物することもできます。
e0339873_20135878.jpg
        左手の二つの島は、2羽の鶏が闘っているようにも見えるので「闘鶏岩」と呼ばれるそうです。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-12-11 20:37 | おでかけ | Comments(0)

■ 東大で落語を聞く   16.10.15

秋晴れの青空、絶好の行楽日和に恵まれた今日、今年も、「東京大学ホームカミングデー・東大落語会寄席」に行ってきました。東大に行った高校同級のM君の噺を聴く。今年の演題は「崇徳院」。


「崇徳院」を演じるM君   16.10.15   FUJIFILM X-Q2 6.4-25.6mm ISO400 1/42,F4.9
e0339873_21185831.jpg
        茶店で一瞬だけ出会った若旦那とお嬢さんが共に恋煩いに陥ったために、
        それぞれの出入りの者が相手方を探すという筋立て。その歌が題材になっているが、
        保元の乱で讃岐に流された崇徳上皇の史実に触れるものではない。(寄席案内ビラより)

        その歌とは、「 瀬を早み岩にせかるる滝川の割れても末に逢わむとぞ思ふ 」
       (文意)
        川の瀬の流れが速く、岩にせき止められた急流が2つに分かれる。しかしまた1つになるように、
        愛しいあの人と今は分かれても、いつかはきっと再会しようと思っている。

        M君と競った受験勉強時代を振り返れば、
        ・「~を+形容詞の語幹+み」と続くと、「~が・形容詞・なので」と理由を表す言葉になる。
         ここでは「川の瀬の流れが速いので」という意味。
        ・「せかる」は「堰き止められる」という意味の動詞「せく」の未然形で、
         後に受動態の助動詞「る」が付く。
        ・「われ」は動詞「わる」の連用形で、「水の流れが2つに分かれる」という意味と「男女が別れる」
         という意味を掛けている。
        ・「ても」は逆接の仮定で、「たとえ~したとしても」という意味で「2つに分かれてたとしても後々には」
         という意味になる。
        ・【逢はむとぞ思ふ】「水がまたひとつに合う」のと「別れた男女が再会する」の2つの意味を掛けていて、
         「きっと逢いたいと思っている」という意味。

        話の出来は?安心してください。彼らしい大きな声でゆっくりと進行する話は、
        無事に「下げ」まで進むことができました。
        来年は、もしかすると最年長出演者になるかもしれませんが、「まだまだ5年はやりたい」と意気軒高でした。


        せっかく来た東大本郷キャンパスです。昼食をとって、合唱と講演を聴いてきました。

安田講堂
e0339873_21454812.jpg
        新装なった姿が秋空に聳えていました。


学食
e0339873_21465086.jpg
        税込み600円なり。学生向けの内容ですかね。


音楽部コールアカデミーOB 合唱
e0339873_21483981.jpg
        10代から80代までの男性合唱団。さすがでした。


講演 「南インド・ケララの祭り」を聴く
e0339873_2152882.jpg
        文化人類学は興味のある分野なので、「ワンゲルOB会」の集まりでもある講演を聞かせてもらいました。
        東海大学・川野美砂子教授の動画を見せながらの講演は興味深い内容でした。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-10-15 21:40 | 交友記 | Comments(0)

■ 高校同期仲間の新年会   16.1.30

夜半に予想された雪は降らなかったものの、きのうからの寒さが続いていた。休養日としてぐだぐだしていた。

先週の日曜日には、高校同期の仲間の新年会に参加した。私の出身地でもある東京・江戸川区小岩のHT君宅で、奥様と妹さんの山のような手作り料理で12時から5時頃までの宴会です。
妻も特別参加して、総勢17名(内、同級生男子12人、女子2人、夫人たち3人)。恒例のNa君のテーブルマジックもあって、盛り上がりました。
今年末には、住み慣れたこの地を離れて都内西郊に移るそうで、この家での宴会はこれが最後になりました。お世話になりました。


乾杯準備   16.1.24   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/15,F3.3
e0339873_20561089.jpg
        ご覧の料理が並びました。ここに、さらに毎年恒例のFu君宅に壱岐から送られてきたブリの刺身と、
        妻の手製のお赤飯、奥様の妹のTaちゃん手製のカツサンドが加わります。

乾杯
e0339873_20592044.jpg



Na君の手品
e0339873_2111436.jpg
        いつもの手品をふたつ、仕入れに時間がかかったそうです。


空中に浮くミカン
e0339873_213253.jpg
        「タネ」はすぐにわかります。


琴奨菊が優勝
e0339873_2141311.jpg
        相撲好きの世代です。日本出身力士として10年ぶりの優勝シーンは見逃しませんでした。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-01-30 21:05 | 交友記 | Comments(0)

■ 特技を持つ先輩と同級生   15.10.27

秋たけなわの暖かな日、特技を持ったふたりの先輩・同級生の発表会に妻と出かけてきました。

銀座の画廊で「五十嵐吉彦・水彩スケッチ画展」を見、日本橋高島屋で軽い夕食をとって、錦糸町の「すみだトリフォニーホール」で宮内真弓さんのリサイタル「歌とともに歩んでⅢ」を聴き、20人ほど集まった高校同級生と歓談して夜半に帰宅しました。


e0339873_10223030.jpg
e0339873_102242100.jpg
        五十嵐さんは、元勤務していた会社の2年先輩です。
        定年と同時にプロ画家として活動を開始して、今や「水彩スケッチ画」界の重鎮です。
        この日は、会場いっぱいの参観者で賑わっていました。(場内は撮影禁止です)

        過去の紹介記事を参照ください。


e0339873_1033498.jpg
        宮内さんは、東京下町の高校の同級生。同期会では、いつも最後の校歌斉唱の指揮をとってくれます。
        本格的に声楽を始めて40年、「市川女声」合唱団のお仲間とのジョイントコンサートを3回、
        リサイタル「歌とともに歩んでⅠ、Ⅱ」に出演しています。

        (こちらも場内撮影禁止でした)過去記事はこちらです。

        同じ日に、優れた特技を持つふたりの先輩・同級生に接し、私もまだまだがんばっていこうと思いました。

[PR]
by higirinikki2 | 2015-10-27 23:58 | 交友記 | Comments(0)