タグ:六三四の会 ( 2 ) タグの人気記事

■ 伊豆の旅   17.3.15

おととい・きのうと、「六三四の会」の集まりで「伊豆長岡温泉・某ホテル」に行ってきました。
30年以上前、以前勤務していた会社で広報を担当していた時の工業新聞記者Y氏のもとに集まった各社の広報担当者の勉強会が「六三四の会」、昭和63年4月創立に因んでの名称です。
2年前に裏磐梯に行った1泊旅行の2回目です。参加メンバーは、ひとり増えて7人。幹事として設営したが「呑み放題・食べ放題」に負けて2日目はひさしぶりの宿酔、幹事の役を完全には果たすことなく帰宅。みなさんにはご心配をおかけしました。


長岡温泉郷   17.3.14   FUJIFILM XQ2 6.4-25.4mm ISO400 1/500,F4
e0339873_18273128.jpg
        夜半の雨があがった朝の5階からの眺めです。
        景気の低迷と社員旅行などが流行らない世の中とあって、この温泉郷のさびれようは尋常ではないようでした。


韮山反射炉
e0339873_18273171.jpg
        小雨のやむまでホテルの中で、ひさしぶりの「温泉卓球」に興じた。
        11時ころに長岡駅前でレンタサイクルを借りて韮山市内(ではなく)伊豆の国市内を走った。
        世界遺産に指定された「反射炉」を遠くから見物。


江川太郎左衛門邸
e0339873_18273165.jpg
        ちょっと走って、韮山代官・江川太郎左衛門の邸を外から見る。


猪狩り
e0339873_18273204.jpg
        自転車で城池公園脇を走っていると「猟友会」のひとに呼び込まれる。
        跳梁跋扈して農作物に甚大な被害を加える、イノシシども4頭を撃ち取ったので見ていけ、と。


いちご狩り
e0339873_18273277.jpg
        そろそろ時期はおわりの「いちご狩り」に。「紅ほっぺ」という品種とのこと。


堀越公方跡
e0339873_18273239.jpg
        北条氏ゆかりの寺や屋敷跡を巡って長岡駅前へたどりつく。ここは足利時代の「堀越公方」跡、とか。
        
        全員集合写真を撮り忘れたり、ちょっと元気のないカメラマンでした。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-15 18:51 | 交友記 | Comments(2)

■ 裏磐梯へ   15.6.3

梅雨入り目前?雨模様なので散策を控えて「休養日」に。

先週の27~28日、「六三四の会」の集まりで「星野リゾート裏磐梯ホテル」に行ってきました。
30年以上前、以前勤務していた会社で広報を担当していた時の工業新聞記者Y氏のもとに集まった各社の広報担当者の勉強会が「六三四の会」、昭和63年4月創立に因んでの名称です。

長い歴史のなかで初めての1泊旅行です。参加メンバーは6人。幹事として設営、「コストパフォーマンスが良い、特に料理が美味しかった」と好評だったのでホッとしました。


磐梯山   15.5.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/210,F9
e0339873_20422924.jpg
        旧名称「猫魔ホテル」が星野リゾートグループのもとで再建されたところです。
        明治時代の大爆発で山体が吹き飛んだ磐梯山の北側の姿です。
        吹き飛んだ山体の岩石が流れをせき止めてできたのが、裏磐梯の300あまりの湖沼群です。
        その中のホテルから近くの、神秘的な色を湛えるのが「五色沼」です。


五色沼 青沼
e0339873_20475986.jpg


〃 瑠璃沼
e0339873_20484011.jpg


〃 弁天沼
e0339873_20492021.jpg


〃 深泥沼
e0339873_2050617.jpg


〃 毘沙門沼
e0339873_20503656.jpg


バイキング
e0339873_20534630.jpg
        小食の私には十分な量で美味しい食材の料理。
        「飲み放題」といっても、元がとれたかな?というアルコールで十分でした。

送迎バス
e0339873_20573258.jpg
        東京駅近くの鍛冶橋のバスセンター発着の送迎バスで行けるのも手軽な旅でした。


        過去記事は、こちらで参照できます。  六三四の会
[PR]
by higirinikki2 | 2015-06-03 20:58 | 交友記 | Comments(4)