タグ:ミドリシジミ ( 17 ) タグの人気記事

■ 産卵するミドリシジミ   16.6.24

また更新が滞りました。「新PCへの切り替えはやめるように」というご忠告をいただいていましたが、物理的に壊れてしまったので、新規購入しました。息子の力を借りて、旧PCのデータを吸い出して移転に成功しました。

おとといの散策の一番の収穫、「産卵するミドリシジミ」です。


産卵するミドリシジミ   16.6.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/105,F8
e0339873_2143797.jpg
e0339873_214479.jpg
        撮影した画像を拡大して見ると、産卵したばかりの卵が見えました。
        来年の春、無事に孵化し幼虫になって羽化できるように祈りましょう。

        右側に白い卵らしきものが見えます。誰の卵でしょうね。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-06-24 21:06 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 最後(?)のミドリシジミ   16.6.20

PCの買い替えは慎重に!というお声をいただきました。ご心配ありがとうございます。

昨日は田の草取りの合間にカメラも向けていました。不調のミドリシジミの雌2頭に出会いました。


最後(?)のミドリシジミ   16.6.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F8
e0339873_1850487.jpg
e0339873_1851646.jpg
        強い風に揺られながら、すぐに開翅します。
        後翅の尾状突起が食いちぎられています。


〃 2
e0339873_1854224.jpg
        こちらは傷みはないのですが、擦れてはいます。
        どちらもO型でした。A,B,AB型に出会えないままにゼフのシーズンがおわりそうです。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-06-20 18:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ やっとミドリシジミに   16.6.13

夜半から朝方までかなりの雨が降っていた。なんとない疲れでたっぷりと昼寝をしてしまった。

今年はミドリシジミの出がわるい。雌の4つのタイプをきれいに撮りたいものと思っているのだが、もう無理のようだ。


ミドリシジミ   16.6.12   FJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/480,F8
e0339873_2174583.jpg
e0339873_218832.jpg
        上の個体には、撮影後すぐに飛ばれた。
        開翅した個体と同じとは厳密には言いにくいのだが、たぶn同じと思います。
        表翅の姿、ほんのりとしたオレンジ色が見えないこともなく、そうなら「A型」といえる。


   〃   〃   1/1600,F5.6
e0339873_21183392.jpg
e0339873_21184013.jpg
        ソシンロウバイの葉の上にとまった個体が開翅した。
        すこし翅が傷んでいる。これもうっすらとオレンジ色が。A型とみるのは無理かな?


   6.8   〃   1/150,F5.6
e0339873_212309.jpg
        ♂の卍飛びを撮影に行った。ソシンロウバイの高い葉の上でテリハリを繰り返していた。
        やっと撮影できても、正面からしかできない。
        顔や表翅のブルーがかすかに見える。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-06-13 21:25 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ミドリシジミに再会   16.6.6

梅雨入りしたが薄日も射しはじめたので11時頃にいつものフィールドへ。やっと雌が1頭、開翅した。
もうひとつのフィールドでは、たぶん初めての羽化したての個体(雄だった)を先着カメラマンが見つけていた。
じっくりと待った甲斐があって、開翅シーンをすぐ近くから撮影できた。


ミドリシジミ ♀   16.6.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F5.6
e0339873_17324960.jpg
e0339873_17325757.jpg
e0339873_1733587.jpg
        初めてミドリシジミを見にきたという女性が開翅姿を見つけた。
        斑紋なしO型の雌でした。


ミドリシジミ ♂   〃   〃   1/400,F5.6
e0339873_17354098.jpg
        羽化が遅れていたフィールド、先着カメラマンが
        「まだ翅が縮んでいる時から待っているのです。開きますかね?」 とのこと。

e0339873_17384351.jpg
        陽射しに当たって、開きました。
        カメラマン氏が、「初めて見ました、綺麗ですね~」 と歓声を挙げていました。

e0339873_17385281.jpg
e0339873_173981.jpg
e0339873_17391763.jpg
e0339873_17392441.jpg
        撮影角度によって色合いがどう変わるのか? 撮影位置を変えられる幸運にも恵まれました。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-06-06 17:40 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ6種が揃いました   16.5.28   (オオミドリシジミ、ミドリシジミ)

薄曇りの朝、疲れ気味で散策はやめるか、と思いながら「いや、蒸し暑く日が射せばゼフも飛び交うかも」と思い、11時頃出発。
いつもの逆コースを行ったら、途中でウラゴマダラシジミの開翅に出会った。その場で、カメラ仲間情報で「オオミドリシジミがいる」と知る。

急ぎ駆けつけた所で、「あの高い所で動かないのですよ」と教えられた。いっこうに動く気配がない。「仕方ない、証拠写真にもならないが、これで6種揃い踏みだ」と、完全写真は諦めました。


オオミドリシジミ   16.5.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/125,F6.4
e0339873_18344578.jpg
e0339873_18565822.jpg
        ゼフを追いかけて10年、こんな写真ばかり撮影すること4回。
        去年やっと念願の超接近写真を撮ることができていた。去年の記事

        過去記事 オオミドリシジミ


この後で向かったミドリシジミのフィールドには先着カメラマンが数人。多数出現ショーがおわった後らしい。
でも顔なじみの「むろさん」の笑顔で迎えられると、なんといきなりの開翅ショーが始まった。

ミドリシジミ 1   〃   〃   1/125,F6.4
e0339873_1841587.jpg
e0339873_18411221.jpg
        たまたま陣取った位置の目の前で開翅したのです。

あとは、開翅はしてくれなかったものの私が次々に見つけ出した個体群です。どうやら全部♂のようです。

ミドリシジミ 2
e0339873_18432868.jpg


ミドリシジミ 3
e0339873_1843371.jpg


ミドリシジミ 4
e0339873_18434375.jpg


ミドリシジミ 5
e0339873_18434936.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-28 18:48 | ・ゼフィルス | Comments(2)

■ ゼフ第3弾は、一挙3種   16.5.26   (ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、ほか)

薄曇りの空、すこし湿っぽい空気の日。正味6日ぶりの散策に。

ミドリシジミが羽化を始める頃と読んで、フィールドに。先着カメラマン数名がいた。数えること数頭を見つけた。全部が♂だったが、ちょっ遠めだったがよく開翅していた。


ミドリシジミ   16.5.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/90,F5.6
e0339873_19471926.jpg
        教えられて見たのが開翅する姿でした。撮影角度で、青黒く見えます。

e0339873_19485289.jpg
        下草の葉の上で翅を閉じている個体です。これが飛んで、高い葉の上に。

e0339873_1950862.jpg
        すぐに開翅した。

e0339873_19505374.jpg
        別の個体を下草に見つけた。葉の隙間ながら、真横から撮影できた。

e0339873_19515879.jpg
        また別の個体を葦の間に見つけた。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃   1/250,F5.6
e0339873_19535937.jpg
        ミドリシジミと離れて、別のゼフを捜しに。
        また、先着カメラマンに所在を教えられた。アキカラマツの葉の上で風に揺られていた。


ウラゴマダラシジミ   〃   〃   1/280,F5.6
e0339873_19561632.jpg
        ルリシジミかと思い込んで撮影した。
        画像チェックしたらウラゴマダラシジミだった。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-26 19:58 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミ幼虫   16.4.29

園内でhハンノキが多くみられる。この葉を食草とするミドリシジミが毎年多く発生して虫撮りカメラマンを呼び寄せている。

今まで若齢の幼虫を撮ったことがなかったので、目を凝らして探してみた。


ミドリシジミ幼虫   16.4.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F5.6
e0339873_9312071.jpg

e0339873_9314380.jpg
        細い枝先の葉を食いつくしたのか、隣りの枝に移ろうとしているようです。

   4.22   〃   1/200,F8
e0339873_933356.jpg
        3日後の同じハンノキです。

   4.25   〃   1/150,F6.4
e0339873_9421613.jpg
        別の場所のハンノキの葉にいました。上の幼虫より若いようです。

〃 ぎょうざ   〃   〃   1/240,F6.4
e0339873_9391634.jpg
        私が勝手に「ギョウザ」と呼んでいる、幼虫の寝場所です。
        ハンノキの葉を上手に丸めて、姿を隠す場所にします。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-04-29 17:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ミドリシジミ 手乗せ・開翅に成功   15.6.29

また梅雨の晴れ間、きのうより湿度が低く日陰では気持ち良い風を感じた。

小谷戸の里の打ち合わせに出た後の帰り道、ミドリシジミが飛んでいた。いちど試みてみたかた「手乗せ」に挑戦。
「はなのあぶらをちょっとつけ」た指を差し出すと、乗ってくれただけなく、すぐに開翅したのには驚いた。
ちょっと擦れてはいたが、A型の♀だった。


ミドリシジミ   15.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0339873_1934019.jpg
e0339873_1934614.jpg
e0339873_1935617.jpg
e0339873_194344.jpg
e0339873_194129.jpg
        じゅうぶん撮影できたので、飛んでもらった。葉にとまって、またすぐに開翅していた。
e0339873_1953570.jpg
        今年も、ミドリシジミには楽しませてもらった。
        来年に持ち越した課題は 「交尾シーン撮影」 と 「綺麗な♂の卍飛び撮影」 です。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-06-29 19:07 | ・ゼフィルス | Comments(2)

■ きょうもミドリシジミ ♀   15.6.17

きのうと同じような空模様の1日。昼頃、またミドリシジミを見てみたいという気持ちがざわざわと。
出かけてきました。まちがいなく、12時半頃が産卵タイムと確信。短時間で6頭の♀の開翅に遭遇、開いてくれない個体も数頭いた。
B型が1頭、のこりはみなO型でした。


ミドリシジミ ♀ B型   15.6.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/1300,F5
e0339873_18421897.jpg



〃 O型
e0339873_18432430.jpg
e0339873_18433166.jpg
e0339873_18434737.jpg
e0339873_18435457.jpg
e0339873_1844256.jpg
        なかなかA型に出会えません。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-06-17 18:44 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミ ♀   15.6.16

今にも雨が落ちてきそうで落ちてこない1日。傘は持たずに昼に出かけた。

12時頃といえばミドリシジミ ♀の産卵タイム。予想に違わず、合わせて10頭近くがあっちの小枝、こっちの幹で、尻を押し付けて産卵シーンを見せてくれた。(きのうの記事で「最後のミドリシジミ?としたのは間違いでした)

小雨が降り出した中で開翅してくれたのは合計6頭。
綺麗なAB型が1頭、残りは全部O型だった。綺麗なB型に会いたいな。


綺麗なAB型   15.6.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/600 F8
e0339873_2053383.jpg
        ハンノキに近づいて、すぐに目に入ったシーンです。心震える一瞬でした。


O型の勢揃い
e0339873_20555644.jpg
e0339873_2056840.jpg
e0339873_20562259.jpg
e0339873_20563971.jpg
        中には、かすかにオレンジ色が残っているように見える個体もある。


裏翅姿
e0339873_2058478.jpg
        このままでは、雌雄の判別は不可能のようです。
        飛んだ一瞬に見える色あいで、「雄だ」「いや、雌だ」と言い合うわけです。


透けた裏翅
e0339873_2104181.jpg
        こんな位置で開翅されても判断つきません。因みにA型かな?
[PR]
by higirinikki2 | 2015-06-16 21:01 | ・ゼフィルス | Comments(0)