タグ:ヒゲナガハナノミ ( 3 ) タグの人気記事

■ 小さな甲虫 3種   17.5.16   (キイロクビナガハムシ、ヒゲナガハナノミ、ほか)

スカッとは晴れないが、ちょっと涼しめの爽やかな風の吹く1日。ひさしぶりの長時間散策に。

「虫の目の訓練」とばかり、目を凝らして小さい虫を見つけてマクロ撮影の限界に挑戦。倍率が小さいので、拡大しないと御覧いただけないが、甲虫3種です。


キイロクビナガハムシ   17.5.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/100,F8
e0339873_18150689.jpg
        顔がおもしろいですね。
        「黄色」と名がつくのに、現場では「赤い虫」の印象が強いです。


ヒゲナガハナノミ ♂   〃   〃 ISO400 1/50,F8
e0339873_18150698.jpg
        櫛髭が見事です。「きざはし谷戸」の向かい側の柴垣に大量発生して飛び交っていた。


イチゴハナゾウムシ   〃   〃 1/80,F8
e0339873_11000722.jpg
        体長2㎜あるかどうか、飛び回っているところを追っかけ撮影しましたが、
        ピントが合っていません。初見のゾウムシでしたので、掲載することにしました。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-16 19:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 甲虫 3種   16.5.16   (ベニボタル、ヒゲナガハナノミ、ヒメヒゲナガカミキリ)

また前線が近づいていて風が強く薄曇りの一日、庭のプランターでの野菜栽培の土つくりと苗植えで妻の手伝い。キウリ、トマト、ツルインゲンの収穫が楽しみだ。

おとといの散策で出会った甲虫3種です。


ベニボタル   16.5.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/150,F8
e0339873_20593592.jpg
        アカハネムシがいた、と思ったら、なんと初見のベニボタルだった。
        身体に毒をもっているので鳥などには食われない。
        この赤い姿を真似て「赤い虫には毒があるから喰ってはだめだ」と鳥に思わせる、アカハネムシや ベニカミキリ、
        セグロベニアシトゲガ がいる。
        以前から、この3種は取り上げていたが、本物のベニボタルに会うのは初めてだったのです。

          過去記事 ベニボタルに擬態する虫たち

        ベニボタル •大きさ 8.5-14.3mm
                •時 期 5-7月
                •分 布 北海道・本州・四国・九州

          上翅はくすんだ紅色で縦筋があり、その他の部分は黒褐色の甲虫。
          触角は長くやや櫛状になっている。口器は前方に突出している。
          林縁の植物上に、上翅を少し開き気味にしてとまっていることが多い。(昆虫エクスプローラより)


ヒゲナガハナノミ ♂   〃   〃   1/210,F9
e0339873_2174683.jpg
        この頃よく見かけるのは、出現開始時期だからか。

        ヒゲナガハナノミ •大きさ 9-10mm
                    •時 期 5-7月
                    •分 布 本州・四国・九州

          褐色で、オスの触角がくしの歯状になった甲虫。
          体表に淡褐色の細かい毛を密生させる。前胸は黒い。
          メスは、オスよりも黒っぽく、触角は鋸歯状。
          林縁のせせらぎの周辺の葉上などで見られる。
(同上)

ヒメヒゲナガカミキリ   〃   〃   1/210,F9
e0339873_2113936.jpg
        虫専門のカメラマンさんに所在を教えられたもの。

        ヒメヒゲナガカミキリ •大きさ 10-18mm
                     •時 期 5-8月
                     •分 布 北海道・本州・四国・九州

          黒褐色で灰黄色の微毛に覆われた触角の長いカミキリムシ。
          上翅中央に不明瞭な白帯を持つ。
          広葉樹の伐採木などに集まる。
(同上)
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-16 21:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初夏の甲虫 3種   15.5.11   (ジンガサハムシ、シモフリコメツキ、ヒゲナガハナノミ)

ひさしぶりの早朝歩き、ひんやりとした朝の空気が気持ち良かった。
日中も気温が上がらず、初夏の格好ですごしたのが悪く風邪気味で、散策に出るのはやめにした。

最近の散策で出会った甲虫3種です。


ジンガサハムシ   15.5.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/42,F7.1
e0339873_2142641.jpg
        藪際にヒルガオの葉を目にするようになって、食草にするジンガサハムシを探してみた。
        喰い跡のある葉があれば、なんとか見つけ出せる。まだ早かったのか一頭だけ見つかった。


シモフリコメツキ   〃   〃   1/240,F7.1
e0339873_2182322.jpg
        上の写真撮影中、隣りの葉に飛んできた。なんだか久しぶりで懐かしい姿に見えた。


ヒゲナガハナノミ   5.8   〃   1/1500,F8
e0339873_21111655.jpg
        アナバチがいないか竹の節を眺めていたら、この虫が飛んできた。触角が櫛状なので♂雄です。
e0339873_21122828.jpg
        拡大してみたら透明な何かを咥えている。  ハナグモの肢だろうか?
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-11 21:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)