タグ:チリイソウロウグモ ( 3 ) タグの人気記事

■ クモの卵嚢   17.9.30   (ナガコガネグモ、クサグモ、チリイソウロウグモ)

本格的な秋の気候になったようで、ゆっくり歩く散策であれば汗をかくこともない。

きのうの散策、瓜久保の家の脇の垣根に見たこともない不思議な形のものを見つけた。詳しい人が「これはクモの卵嚢だ」と教えてくれた。


クモの卵嚢 1   17.9.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/25,F8
e0339873_17400835.jpg


〃 2   〃   〃 ISO800 1/25,F9
e0339873_17400931.jpg


〃 3   〃   〃 ISO800 1/60,F9
e0339873_17400945.jpg



卵嚢 1 の主=ナガコガネグモ   9.30   〃 ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17424559.jpg



卵嚢 2 の主=クサグモ   9.29   〃 ISO400 1/250,F8
e0339873_17424411.jpg



卵嚢 3 の主=チリイソウロウグモ   〃   〃 ISO800 1/200,F5.6
e0339873_17400951.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-09-30 17:59 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ 卵嚢を守る蜘蛛 2種   17.8.19   (オオトリノフンダマシ、チリイソウロウグモ)

大気が不安定とあって急の竜巻や雷雨がやってくるとか。朝方は青空が出て、小谷戸の里の古民家の庭では、明日の藁草履作り講習会用に青田狩りした稲藁を乾燥していた。
月一のボランティア作業を終えて、散策を続けようと思ったがなんとない疲れを感じてそのまま帰宅した。
夜には、予報通りに雷雨がやってきた。

きのうの散策で「蜘蛛の卵嚢」ふたつに出会った。


オオトリノフンダマシ 卵嚢   17.8.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) IS800 1/500,F5.6
e0339873_19510476.jpg
        なかなかの格好をしています。なにグモの卵嚢だか思い出せなかったが、周囲の状況も撮っておこうと思った。
e0339873_19510459.jpg
        目の前に道を塞ぐようにぶら下がっていたのです。
        その時には気づかなかったのですが、画面の上方に卵嚢を守る親がいたのです。
e0339873_19510452.jpg
        よく見れば「オオトリノフンダマシ」でした。


        過去記事を転載します。親の姿をご覧ください。

オオトリノフンダマシ   14.9.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/90,F6.4
e0070891_18321790.jpg
        実に8年ぶりの再会です。意識して捜しても見つからないのに、何げない視線の先にいました。



チリイソウロウグモ 卵嚢   〃   〃 ISO3200 1/250,F5.6
e0339873_19510533.jpg
        こちらも親の名をおもいだせなかったが、念のために周囲の状況を撮った画像に親がいた。
e0339873_19510574.jpg
e0339873_19510505.jpg
        その名は「チリイソウロウグモ」でした。


        過去記事を転載します。親の姿をご覧ください。

チリイソウロウグモ   14.10.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/75,F5.6
e0070891_16513641.jpg
        先日はヒイラギと紹介した葉ですが、ヒイラギモクセイだったようで香りの強い白い花が咲き始めていた。
        あの卵嚢を守っている♂が、手入れ(?)をしているようでした。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-19 20:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クモ 3種   15.8.23   (キザハシオニグモ、団居、チリイソウロウグモ)

台風16号のさきがけの雲か、今にも雷雨がきそうな1日。

おとといの散策で出会った蜘蛛3種です。


キザハシオニグモ   15.8.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/160,F8
e0339873_22353332.jpg
        昼間、山道の目の前にぶら下がっていたオニグモ、滅多に見られないシーンでしょう。
        種名は、「キザハシオニグモ」としました。キザハシ=階段の紋様が見てとれるでしょうか?


団居(まどい)   〃   〃  ISO800 1/50,F8
e0339873_22384264.jpg
        この頃、よく見かけるシーンです。
        丸く固まっているくもの幼体たち。息をふきかけると、あわてて団子が崩れます。
e0339873_22385169.jpg
        ジョロウグモのこどもたちでしょうか?


チリイソウロウグモ   〃   〃   1/80,F8
e0339873_22433493.jpg
        ヒイラギの葉の中に、チリイソウロウグモの卵嚢が糸に下げられていました。
        親蜘蛛を探しましたが見つかりませんでした。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-23 22:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)