タグ:コガモ ( 5 ) タグの人気記事

■ 恋の季節   17.3.24   (カワセミ、コガモ、モズ)

また季節は冬に逆戻りして冷たい風が吹き募っている日に。染井吉野が、園内で1本だけ花が5輪咲いていた。しかし全体的には、予想通り来週末が見頃になりそうだ。
鳥の世界では「恋の季節」が進行中で、ペアを組む姿や鳴き交わす声が賑やかだ。


カワセミ ♂   17.3.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F8
e0339873_18274902.jpg


〃 ♀   3.22   〃 1/200,F8
e0339873_18275019.jpg
        宮田池では毎日、雌雄のカワセミの鳴き交わす声と飛び回る姿を見ることができる。
        しかし ♂ が餌獲りが下手なのか、そもそも餌が少ないのか、求愛のプレゼントをするシーンが見たことがない。


コガモ ♂   3.22   〃 1/60,F8
e0339873_18275035.jpg
        ひさしぶりにさくらなみ池でコガモの群れに出会った。
        ♂ は ♂ らしい綺麗な姿になっていて、それを誇示するかのように羽ばたいて ♀ の関心を引こうとしていた。
        でも、周囲にいる ♀ は無関心に泳ぎまわるだけのようだった。


モズのペア   3.24   〃 1/250,F8
e0339873_18275168.jpg
        小谷戸池の向こう側のネコヤナギとお茶の木に、モズのペアがとまっているところが園路から見えた。

モズ ♂   〃   〃 1/320,F8
e0339873_18434943.jpg

モズ ♀   〃   〃 1/250,F8
e0339873_18275077.jpg
        それぞれ、時折り草原に降りては採餌をして、元の位置に戻っていた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-24 18:51 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種   17.2.23   (モズ、コガモ、ヒヨドリ)

「三寒四温」とは、もともとは中国北東部や朝鮮半島におけることわざであって、シベリア高気圧の勢力がほぼ7日の周期で強まったり弱まったりするからと考えられている。日本では、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化、という意味合いで使用されることが多い。その伝で、ここ3週間ほどが該当するように見える。
今日も低気圧通過で、午前中は暖かな南風と雨で気温が上がったが、夕方からは冷たい北風が吹いて寒くなるらしい。

ノスリを撮影した18日、ほかに出会った鳥たちです。


モズ   17.2.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/250,F6.4
e0339873_18004758.jpg
        ツミを撮影した2時間後、その枝の下の木にいたモズです。
        顔つきからすると雄でしょうか。



コガモ   〃   〃 1/200,F6.4
e0339873_18004703.jpg
        「おおはらおき池」にコガモ艦隊がさざ波を切って進軍していた。



ツグミ   〃   〃 1/500,F6.4
e0339873_18004844.jpg
        「もみじ広場」の真ん中、ツグミが背を伸ばして佇んでいる。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-23 18:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥三昧   17.2.2   (コサギ、コガモ、カシラダカ)

今日も抜けるような青空、「古民家説明」に精を出す。昼過ぎに帰りがけ、ヤマシギがきのうよりも接近しているところを見て、カメラを持ってこなかったことに臍を噛む。

在庫写真から「鳥三昧としましたが、「何をほざいているのか」という声が聞こえてきそうです。


コサギ   17.1.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1250,F8
e0339873_23350303.jpg


コガモ   1.28   〃  ISO800 1/1200,F6.4
e0339873_23350444.jpg


カシラダカ   1.29   〃  ISO800 1/320,F5.6
e0339873_23350358.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-02 23:46 | Comments(0)

■ 水辺の鳥 3種   16.12.23   (マガモ、コガモ、ホシゴイ)

「天皇誕生日」の今日、日中は年賀状の宛名整理で外にでなかったので、暖かいのか寒いのか知らない内に夜になっていた。

「さくらなみ池」や「宮田池」で見られる水辺の鳥です。マガモやコガモの雄が「非繁殖期のエクリプス状態」から雄らしい顔つきに変わってきたのが印象的です。


マガモ   16.12.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0339873_18281698.jpg
        「エクリプス」状態の説明はこちら


コガモ   16.12.22   〃   1/40,F8
e0339873_18295421.jpg
        「エクリプス」状態の説明はこちら


ホシゴイ   12.20   〃   1/160,F6.4
e0339873_18321523.jpg
        しばらく前から姿を見せていたようです。
        成長して綺麗なゴイサギの姿になったところを見てみたいものです。

        過去記事  ゴイサギ(ホシゴイ)

.      
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-23 18:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ コガモ?   16.10.25

すこし冷え込んできた秋の日。連日の散策だが、毎日出歩いても出会えるのが鳥。そう、冬鳥の季節がやってきて、園内には多くのカメラマンがあちこちに散在している。しかし、にわか鳥撮りには、遠すぎて。小さすぎて撮れない鳥ばかりです。
そんな中では、大きい水鳥ならすこしぐらい遠くてもシャッターを切ってしまえる。

「おおはらおき池」には、マガモのペアのほかに数羽の小型のカモがいた。


コガモ?   16.10.25  FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/125,F5.6
e0339873_18165953.jpg
e0339873_18171342.jpg
e0339873_18172068.jpg
        「コガモ」のように思えるのですが、にわか水鳥カメラマンには断言できない。
        図鑑に載っている典型的な姿とは似ていないからです。

        そこで、きのうのマガモで勉強した「非繁殖期の♂の状態=エクリプス」を疑ってみたのですが。
        これも確信が持てないのです。 素人って悲しいですね。



1月のコガモ   13.1.10  FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO1600 1/1600,F8
e0339873_18252382.jpg




マガモ   〃   〃   1/105,F5.6
e0339873_18215167.jpg
        きのうとは違う個体です。すでに繁殖羽になっているペアのようです。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-10-25 18:25 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)